「もう時効でしょ」はあなたの気持ちじゃない

相手に別れを告げた後、意味なく連絡したり友人に戻ろうとする人がいる。

cloverはこの考えには賛成できない。

仮に自分が別れを告げた側なら絶対に連絡はしないし、友人に戻ろうと思わない。

相手を傷つけたのだ。
そのあと、どれほどの辛さを味わっていたかなんてわからない。相手の気持ちなんて本当のところはわからない。
想像したり、自分が経験したことなら少しは理解できるけど、どのくらい傷ついて、立ち直るのにどれくらいの時間を要するかなんて本人にしかわからないのだ。

仮に別れ際に相手が笑いながら「これからは友達でいようね」と言ったって、一人で泣いてるかもしれない。食欲もなくなって、なにをするにも力が湧かなくて、他のこともおろそかになってしまっているかもしれない。

学校や会社では度々顔を会わせるけど、相手のために笑顔を作って微笑んでくれてるかもしれない。無理に無理を重ねて、擦りきれてるかもしれない。

それを、
「もう時効だよね」
「まだ引きずってるとかありえなくない」
「もういい加減立ち直ってないと情けなくない」

こんな言葉を使う人は無責任だ。

仮に、振られたあとあなたはすぐに立ち直れるとしても、相手もそうだとは限らない。

あなたの振り方、別れ方が上手くなかったから、余計に傷ついてるかもしれないのだ。諦めて次にいけばいいんだ。なんて、人の気持ちを理解しようとしている人の言葉ではない。

cloverは振った相手には一度も連絡したことはない。

期待させてしまう可能性をがある。

経験したことはあると思うけど、人は期待していたことと、現実に大きな落差が生じると傷ついてしまうのだ。それを一度でも大きく傷つけてしまった人に、さらなる追い打ちをかけるなんて、最低である。

本当に優しい人は、最低限の距離を保ってそっとしておくのである。

なにより、一度は心を許し、関係を築き、時間を過ごした人を勝手な判断、勝手な解釈で連絡したり、悪口をいう人はこれからできる恋人にも優しくするとは思えない。

相手の気持ちに、勝手に時効をつけることはできない。

スポンサーリンク

コメントを残す