普段なにも考えてない人ほど話せるネタがない

頭が痛くなるほど、なにかを考えることを繰り返したいなとcloverは思っています。

深く深く掘り下げて、どんどん自分のなかで色々な考え方とぶつけて、客観視をしたり、自分の考え方をかえようとしたりしてます。
同じ種の関連の書籍を読んではいろいろな知識とかをつめるのも好きです。

そうやって自分に厚みを持たせていきたいも思っています。

中には「考えすぎることなんてよくない」

と、仰る方がいますが、それは考えると悩むを勘違いされています。

悩んでいるのは答えのない迷宮をさまよっているといることです。
それでは先には進みません。
答えを自分の中で出してから、次のステップに進む準備をするんです。

その過程で、知らないものをたくさん詰め込んだり、振り返ったりしていくのが必要なのです。

cloverはそれを日々繰り返していない人は、どんな会話にも厚みをもたせられない。自分の中で考えたものがないから、なにも語ることができないと思います。

確かに、考えているけど話すのが苦手という方もいます。

それでも、得意な分野については語れると思うんですよ。これはよく聞くことですね。

さらに、年齢相応に成長してない人は、周りの話についていけなくなります。
人間は、歳をとるにつれていろいろな壁にぶつかりますから、それらをこなしていく。超えていく中でいろいろなことを考えていくんですから、年齢相応に成長してない人は語れることがなくなる、人の言ってることがわからなくなる。

こうなってしまっては、本当に苦しいだけです。

自分はひとりぼっちになってしまった。
なんて、思うことは悲しいですね。

そうなるといままで遊んでた友達に対しても、自分からどんどん離れていくことになります。居心地が悪いですから当たり前ですね。

最後は孤独が待っています。

恋愛でもそうですが、多くの恋愛情報を目にしてほしいです。そこから自分独自の色を身に着けてほしいです。

それがあなたの魅力になりますしね。

スポンサーリンク

コメントを残す