失恋してしまったあなたに贈る言葉。

愛っていうのは学ぶものである。

 

ただ勉強とは違って、教科書がない。

 

正しい答えがわからないまま、自分の気持ちと話し合って先に進めていく。

 

そしてどこかで間違っていく。

 

その間違いを正せる瞬間というのは、やっぱり傷ついたあとなのだろう。

 

どれほど悔やんでも悔やみきれず、やりきったといっても心は晴れず、もがいてあがいて苦しんでいるうちに涙を流す。

 

これを繰り返す。

 

流しても流しても止めどなく流れて、目に痛みを覚える。

 

痛んだ目で鏡を見て、今の自分と向き合う。

 

そして気が付く。

 

そこには苦しんでいる自分が一人で立っていることに。

 

そしてまた走りだす準備をする。

 

練習を繰り返し、自分の納得のいく形になるまで繰り返し、繰り返し練習して、そして気が付いたら本番を迎える。

 

そこにあるゴールというのは、果てしなく遠く感じるかもしれない。

 

見えないかもしれない。

 

迷ってしまうかもしれない。

 

でも、ゴールっていうのは必ず存在する。

 

諦めず走っていれば、必ずそこにはゴールがある。

 

そのゴールを超えた瞬間また涙する。

 

涙ってのは、どんなときも共に歩んでくれるもの。

 

ただゴールした瞬間の涙というのは、目が痛くなることはない。

 

今度は鏡で自分を確認することもない。

 

自分の前には立っている人がいる。

 

いつかきっとその違いを知れる。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す