LINEでモテる人 ~前編・考え方~

 

LINEでモテるといのが現実になるのならこれほどに一番早く、簡単な方法はない。

 

どのタイミングでも連絡ができるし、緊張感も少ないし、相手の顔を見なくて済むから傷つくことも少ない。

 

しかし多くの人が経験していると思うが、自分以外の人間も好きな人、気になっている人には連絡をしているだろうし、他の子には連絡しているのに自分には連絡がこないとか、きても素っ気ない返事ばかりで一向に進展がないというのはよくあること。

 

 

そこで、そんな状況の中でもなんとかLINEをもらって、少しでも関係を発展させたいという人に今日から前・中・後でBLOGを書きたいと思います。

 

それではいってみよう!

 

まず、前提としてのお話からですが、これは皆さんもわかっているのではないかというお話をします。

 

現段階でLINEが来ない。または返信が少ないという人は、相手の人がLINEを好きではないとかマメではない、またはもっと優先するべきことが他にある、別の好きな人がいる、恋人がいるという理由に該当しないのなら

 

「脈はない」

 

これは今更いわなくてもわかっていると思うかもしれないが、そもそもなぜ脈がなくなってしまうのか。

 

まず、LINEで好意を寄せてもらう可能性を秘めている前提的な条件は3つ。

 

1、もともと興味をもっていてもらった

2、LINEが好きで、返してもらえるのがうれしくだんだんと好意を寄せてもらっていた

3、友人として、返せるだけのLINEを送ることをしてもらっていた

 

 

この前提的な条件があって、LINEだけで関係を深めることができたという場合が多い。

 

1の場合はもともと恋愛感情が互いに沸いていた場合。

2はLINEが好きで、連絡をくれれば誰でも返してくれて、その中で好意を寄せた形。

3は友人としての関係からどこかをきっかけに関係が発展したタイプ。

 

これらは前提的に互いが発展しやすという点がよかったのだろう。

 

さてここからが本題。

 

 

相手になにも思われていない状態から関係を発展させるにはどうすればいいだろう。

 

パターンは3つ。

 

1、LINEはあまりやり取りがないが、定期的に会える距離にいて、アプローチするチャンスがある。

2、会える距離にいないので、LINEのテクニック、SNS、電話などで関係を持つ。

3、1と2をうまく併用。

 

 

1はLINEではやりとりがないけど、直にあうことができるので、その中で好印象を持っていただいてLINEを交換してやり取りを濃厚にする。

多くの直にあって話すことができない人は、逆をやります。

LINEから関係を発展させて、会うチャンスを…

ってやりがちなんですが、これってあんまり印象が残っていないし、相手をよく知らないし、よくしるのにすごく時間がかかるからあまりよろしくないです。

 

2は完全テクニックとタイミングと情報量ですから、これはまた次回に書きますね。

 

3は一番効果的なパターンですね。

会うことも、LINEでも相手の心をがっちりつかむ人です。

 

最後に、恋愛でのテクニックは相手との距離を大きく縮めて引き寄せてくれるものですが、そのテクニックで相手を引き寄せて、付き合ったとたんに相手を満たさないという行為はよくないです。

 

なんのためにテクニックを使うかは今後書きまーす。

 

 

では、また次回!

スポンサーリンク

コメントを残す