男女の友情は成立するのかな?と考えてみました

男女の友情は成立すると思いますか?

 

結論から言うと私は成立すると思いました。

 

でも、ある不確定要素が男女関の友情を壊してしまうのではないかと思い、それを男女一個ずつ上げてみました。

 

ここに気をつければ、友情は成立すると思います!って答えを私なりに考えました。

 

・男性から壊す瞬間

 

男性は性欲を持って生きることを代々DNAに刻まれています。いくら相手が友達であっても、ふとした瞬間には相手を女性として強くい意識し、体を求めてしまうこともあるのではないかと感じました。これでは友情は大きく壊れてしまうのではないかと思います。

 

・女性から壊す瞬間

 

女性は感情の生き物です。

気持ちの浮き沈みが激しいのは仕方ないことだし、外部から受ける影響が男性よりはるかに大きい。

この感情の渦の中で、完璧に沈んだときに目の前に話を聞いてくれる人がいる。自分の気持ちを長年の友人関係で理解してくれる人がいる。

それはもう友情を超えた感情が沸き上がってきてしまうものではないでしょうか。

 

私は考えた、男女間の友情を壊すよう要素って、男性でも、女性でも生き物としての特有の要素だと思います。

 

この要素が男性であっても魅力につながるし、女性であっても魅力につながる。

 

友人ならだれかとお付き合いして幸せになってもらいたいし、結婚してもらいたいから否定することのできない要素だなと感じました。

 

 

さて、最後に状況別に一個考えてみました。

 

それは「別れた後」です。

 

別れてから友人関係に戻りたいって人が結構いらっしゃるとかんじ、私なりに考えてみました。

 

まず別れたあとに、「ひきずる」ってあるじゃないですか。

 

男性はなぜ引きずるかというと、女性別に思い出を記憶している箱があって、それが中途半端だと引きずってしまう。

 

反対に女性は上書き保存で、一番上に来ている人に強く惹かれてしまう。

だれかで上書きすれば女性は引きずらないですが、上書きしないなら引きずってしまう生き物ですね。

 

そこで、お互いに別の恋をしっかり進んで、関係に後腐れがなくなれば友情関係は成立すると思いました。

 

しかし、元は「恋人」関係、何かしらの魅力に惹かれあってお付き合いをしたので、そのスイッチがまた入らないとも限らない。

お互いにスイッチが入って復縁するならまだしも、一方だけが盛り上がってしまったら、それはもう友情関係だけでは済まないかと思います。

この「元恋人」関係というのは、本当に難しい要素で、私は友人関係が長年続いた二人より、気持ちが揺れやすく男女間の友情が壊れやすいのではないかと思いました。

 

 

結論としては、なにかしら一歩引いてみる瞬間は異性の友情で会っても、同性であっても共通であると思いました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す