青い卵|アローカナの卵をいただいてみた

珍しい卵、アローカナの青い卵

先日、千葉県を観光し、お土産コーナーでなんとも不思議なものを見つけました。

それがこちら。

アローカナという鳥さんが生む、青い卵です。

みたときは、何食べたらこんな青い卵になるの?と思って調べてみたのですが、これはアローカナという鳥さんがなにか青いものを食べて青くなるのではなく、卵の殻を作る際の色素で決まるそうです。なので、変なものを食べているわけではないとのこと。
そして調べてみると、さらに興味をひきさっそく購入。

市販の卵と比べてみて、どれくらい青いかというと。

マジで青いっす。大きさは市販のMサイズの卵より小ぶりなものが多かったです。

では、いただいてみようと思うのですが、割ってみて思ったのが、殻が厚くて、ちょっと堅いですね。

黄色いなーーーー!弾力あって、箸でつかめます。

で、栄養なんですが調べてみると

 

  1. レシチンが普通の鶏の卵の二倍
  2. ビタミンBが約10~20倍
  3. ビタミンEが約11倍

 

などなど、優れている面が本当に多い。素晴らしい。見ても楽しく、食べても素晴らしいとは最高の卵。

ごはんにダイブしていただきました。これがまた美しい…

濃厚…ごはんが進む…

 

次に、ゆでたまごでいただいてみました。

あんまりゆでると、黄身が硬くなりますね。ただ、ゆでても味は濃厚!!

 

このアローカナさんはメジャーな鳥さんと違って卵を産むペースもかなりゆっくりだから希少性も高いみたいだ。

海ほたるで販売しているのも見たのですが、私は道の駅ふれあいパーク・きみつで購入しました。
道の駅ふれあいパーク・きみつ

35.1981752,140.0689621

No Description

お見かけの際には是非、食べてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す