なんでディズニーランドで喧嘩になるの?|喧嘩の理由と対処法

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

ディズニーで喧嘩する理由は?

ディズニーランドでもディズニーシーでもカップルでいくと喧嘩になり、そして別れるという迷信がある。そして穴がち迷信でもない理由がある。「彼氏といくより、女友達と行く方が楽しい」という人もいるくらいだ。ちなみに俺はディズニーランドが嫌いだった。嫌いな理由も含め、喧嘩してしまう理由を今回はまとめるけど、どうしても彼氏といきたい女性はしばし我慢が必要だ。でも最初の一回だけで済む。その後は男性にも心境の変化が現れるから、まずは1回目だけ乗り切ろう。

なぜ男はディズニーランドが嫌いなのか

ディズニーランドで喧嘩する理由を説明する前に、その原因を生むものはなにか説明する。男性はディズニーランドが嫌いだったり、苦手だったりする。
その理由は以下の通りだ。

  1. ディズニーから夢を感じない
  2. 並ぶのがめんどくさい
  3. イルミネーションなどを見ても心躍らない
  4. キャラクターに心を踊らない
  5. 人混みが苦手

理由はだいたいこんな感じだね。俺も夢は感じなかったし、イルミネーションを見ても綺麗とは感じなかった。そして、並ぶのは本当にしんどい。でね、女の子の辛いのはここまで聞いてしまうと「そこまで嫌いなら誘えないよ…」と感じてしまうこと。嫌いなところに好きな人を連れて行くって罪悪感とか、申し訳なさって感じるし、楽しんでないとわかっている人に気持ちを共有とかできないしね。でも大丈夫。ここから一個一個解決策を説明するから。


  • ディズニーから夢を感じない」について

そもそも男性はゆめを見ない。男性は現実になにをやったかしか判断せず、なにかをみて想像を膨らませることはしない。ここはある種、男性が女性よりも劣っているところだ。だから男性に同じ感動を共有してもらおうと思うことはしなければいい。

ディズニー喧嘩の対象方⓵夢を共有しようとするのではなく、楽しさを共有する

男性は普段の生活から夢を感じたり、考えたりしない生き物だ。


  • 並ぶのがめんどくさい」について

男性はせっかちである。男女で買い物をしていても、奥さんのや彼女の買い物についていけるほどの辛抱強さはない。これは生物的な問題だ。男性がいけないわけではなく、遺伝子的に古来から受け継がれている。だがしかし、男性の中にもしっかり待てる人がいる。それは飽きないように工夫をしているか、ディズニーランドとはそういうものという経験値と考え方の差だ。
そんな男性にはできるだけ並ぶ時間の短いアトラクションを選んであげよう。ファストパスもしっかり狙って、並んでいるときにスマホをいじっていても気にしないことだ。つまらなくていじっているのではなく、辛抱するほどの忍耐力がないのだ。気を紛らわして気分転換したらまたこっちに戻ってくる。

ディズニー喧嘩の対象方⓶男性は辛抱強くない生き物。うまく組んで時間を短くアトラクションに乗ろう。


  • イルミネーションなどを見ても心躍らない」について

男がキラキラのでっかいダイヤモンドの指輪をしつけているのを見ると引かないか?あれと一緒だ。男はイルミネーションを見ても心が女性より踊らない生き物だ。そんな男性にパレードなどをみせたいなら、スケジュールを見て偶然をよそって立ち止まればいい。「ちょっとだけ」とか言えば男性は女性の気持ちには対応する。ディズニーランドなら最後のクライマックスでシンデレラ城に写すナイトタイムスペクタキュラー
なら絶対に驚きと感動を知ることができる。俺が見た時はその輝きに感動したものだ。

ディズニー喧嘩の対象方⓷イルミネーションを見ようとするのではなく、偶然的にぶつかる。


  • キャラクターに心を踊らない」について

男性はディズニー映画を見て幼少期などを過ごしてはない。そして青年になっても周りでディズニーに触れている同性がいないのだ。もちろんグッツや文房具なども使ったことがない。だからキャラクターを心が躍らないのだ。多くの男性からすると、ディズニーのキャラクターは知らない世界のキャラクタ。わかりやすくすると、見たことのないアニメや漫画なのだ。仮に男性と映画を見る機会があり、のってくれるなら普段からディズニーの映画を見ておくことをお勧めする。

ディズニー喧嘩の対象方⓸普段から少しずつディズニーキャラクターに触れてもらう


  • 人混みが苦手」について

実は俺が一番問題と思っているのは、これだ。人混み嫌いには原因が多い。心理的にな問題もあるからいっきに直すことができないのも事実だ。だから多くある原因を少しずつ改善していくようにしていくことだ。焦って連れっていっても嫌いになってしまう。そうなってはもう行くことはできないから、辛抱強く直していこう。

ディズニー喧嘩の対象方⓹人混み嫌いは心理的な問題が多くあるので、ゆっくり直していく

嫌いと言っているのは食わずら嫌いなだけ

男性のディズニー嫌いは食わず嫌いがほとんどだ。一度もその楽しさに振れることがないから、知らないものへの不安があり、その不安を嫌いにすり替えているだけなのだ。
だから男性がディズニーで楽しむためには、ディズニーで楽しませようとするのではなく、遊園地でアトラクションを楽しむ感覚で連れて行くのが一番いい。

嫌いな場所でも、好きな人とならいけるもの

俺はディズニーが苦手だった。並ぶのもめんどくさい。イルミネーションも心躍らない。なぜ、女性があれほどまでに人生で足を運ぶのかわからなかった。
もちろん、完全に食わず嫌いだった。いったこともないのに、なんとなく嫌い。「男がディズニーってなんなんだ」とか思ってた。そんな中、初めて彼女に誘われたとき行くと即答したが、乗り気ではなかった。ただ彼女のため…って感じで行った。そしてはまった。アトラクションや世界観はすごかったし、食べ物もおいしく、演出もすごいと思った。そして何より、彼女が喜んでいるのが嬉しくて、いってよかったと思った。これを読んでいるのが男性で、ディズニーに行きたくないと思っているなら、是非、彼女を喜ばせてあげてほしい。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

コメントを残す