男らしくないと言われて振られた男性必読|あなたが気が付いてない情けない自分

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

気が付いてないだろ?

最近はだっせー男が増えてる。というか、目につく場が増えてた。SNSの普及で「お前だっせーよ」って思う瞬間がマジで多い。そして同性の俺以上に女の子はそんな男性の一面に敏感だ。だからこそ「この男と付き合ってても自分の負担にしかならない。別れよう」となる。そして振られた男は彼女の影を追うことになる。
今回はどうして弱い自分に気が付けないかという視点と強くなるためのリストをまとめた。

「世の中の空気」と「自分への言い訳」

実は多くの男が、自分のどこが情けなくて振られたのはわかってない。なぜでわからないかというと「世の中の空気」と「自分の言い訳」が作り出した。
例を出すけどTwitterやInstagramでこんな反応を見せたとしよう。
「マジでむかつくんだけど。あいつ何様だよ」ってたぐいの配信。誰のことをさしてるのかはわからないけど、こんな男は振られて当然だ。寧ろ付き合っている女性もバカバカしく見えてくる。
そもそもSNSは世界中の人に「プラス」を生むために作り出されたツールだ。それを自分の愚痴の吐き出し出し場に使っている時点で振られて当然で、俺からしたら振られてしまった方がいい人間だ。
実名でやってないとか、人間なんだからムカつくこともあるとか、いいねをもらってるからみんなわかってくれるとか、嫌なら見なければいいとか、そんな言い訳を思った時点で絶対に幸せになれない。ださいからだ。
いいねを押している奴も同様に、おれからしたら弱い奴らが群がっているとしか思えない。
仮にそんな配信に対していいねを押しているやつらの中に格段に強い男が入ってこういったとしよう。

「お前ら、マジでだせーよ。その配信見て誰が得するんだよ。」

というセリフを吐き出したとしよう。すると、群がっている弱い連中は「お前、空気読めよ。人間が弱くてなにがいけないんだよ」という。その場でだけ勝てる見込みのある「多勢多数派」という力だけで勝とうとする。笑ってしまう。
これが勘違いを生んでいる。弱い奴らが人数を使って勝とうとするのはこの構図をイメージして客観していないのだ。

自分の弱さに群がってくる人間を多勢、多数派意見に変えて、正当化していてもあなたが強くなることは絶対にない

強くなるための絶対条件

強い男になりたいなら絶対に一生愚痴を履くな。
強い男になりたいなら絶対に押し付けるな。
強い男になりたいなら絶対に自分が得しなくても、人のために時間を割け。
強い男になりたいなら絶対に口で自分の凄さを語るな。
強い男になりたいなら絶対に成功は一瞬で捨てろ。
強い男になりたいなら絶対に自分の弱さを受け止めろ。
強い男になりたいなら絶対に弱い人間を救ってやれ。
強い男になりたいなら絶対に怒りに身を任せるな。
強い男になりたいなら絶対にどんなに空気が気まずくなろうと逃げだすな。
強い男になりたいなら絶対に怒られるのが嫌でも立ち向かえ。
強い男になりたいなら絶対に負けても立ち上がれ。
強い男になりたいなら絶対に戦っている人を笑うな。
強い男になりたいなら絶対に冷静に判断して状況を見極めろ。
強い男になりたいなら絶対に損得で動くな。
強い男になりたいなら絶対に背中で語れ。
強い男になりたいなら絶対に休むな。
強い男になりたいなら絶対に弱い自分を許すな。
強い男になりたいなら絶対に目標を設定したら達成しろ。
強い男になりたいなら絶対にイライラするな。
強い男になりたいなら絶対に守り切れ。
強い男になりたいなら絶対に所属しているグループや周囲は導いてやれ。
強い男になりたいなら絶対に恥をかいても気にするな。
強い男になりたいなら絶対に怒るな。
強い男になりたいなら絶対にSNSに吐くな。
強い男になりたいなら絶対に疲れを見せるな。
強い男になりたいなら絶対に理不尽に怒られても怒り返すな。
強い男になりたいなら絶対に泣くな。
強い男になりたいなら絶対に全力で戦い続けろ。
強い男になりたいなら絶対に逃げるな。
強い男になりたいなら絶対にいつまでも弱い自分を磨き続けろ。
強い男になりたいなら絶対に全責任は自分にあると思え。
強い男になりたいなら絶対に強くなりたいと思い、走り続けろ。
強い男になりたいなら絶対に周りを不安にさせる反応をするな。
強い男になりたいなら絶対に去るものを悪くいうな。
強い男になりたいなら絶対に怒られたくらいで凹むな。
強い男になりたいなら絶対に戦っている奴を忘れるな。
強い男になりたいなら絶対に年齢なんか関係なく力になれ。
強い男になりたいなら絶対に礼儀を忘れるな。
強い男になりたいなら絶対に気持ちだけじゃなくて実力を身に着けてください。
強い男になりたいなら絶対に器を大きくしてください。
強い男になりたいなら絶対に陰口なんか気にしないでください。
強い男になりたいなら絶対にかまってちゃんをしないでください。
強い男になりたいなら絶対にマイナスエネルギーをプラスエネルギーに替えろ。
強い男になりたいなら絶対に負けず嫌いになれ。
強い男になりたいなら絶対に泣くな。
強い男になりたいなら絶対に感情に振り回されるな。
強い男になりたいなら絶対に人間力を上げろ。
強い男になりたいなら絶対にメンタルを徹底して強くしろ。

いまの世の中はどんどん弱くなっている

パワハラや労働環境の整備といった生活の質、環境をよくするためにかなりの整備がされている。これはいいことだ。これまでそういった環境で嫌な思いをしてきた人たちが、力やポジションをもらったことによって自分がされていやなことは絶対に人にしないと決めてきたのだろうと思う。マジでかっこいい。
しかし、今はあらゆる環境が変化していて試行錯誤と改善の繰り返しで、多くの人にとって鍛えられる場が減っている。最低賃金の話しをしようか。バイトでの最低賃金が底上げされたおかげで月に働いた時間が以前より短くても、もらえる金額は同じという形式ができあがった。しかし、俺の経験上大事なことを潰している。それは時給を上げるために仕事をできるようになろうという努力と、賃金を上げてもらうための交渉能力がなくなると感じている。戦いに出て会社と交渉し、賃金を手に入れるという労力をかける必要がなくなっている。実践的経験値がなくなっている。これじゃ自分が凹まされる環境がない。
また最近になってできた言葉ではストレス、コミュ障、といった言葉もマイナスイメージだ。絶対に使いたくない。マイナスな言葉が広がったせいで、皆がそれに敏感になった。たいしたことないのに、その言葉を使ってどんどんマイナスな方向に気持ちを向けていく。実はTwitterなど引き金になっている。たいした不安でもないのに不安な言葉にふれるから自分の気持ちの立て直しができていないのが問題だ。

どうしても弱くなる瞬間はある

俺から言わせれば普段から弱く、裏でなよなよしている奴なんてかまってちゃん以外のなにものでもない。
そんな奴はほっとくだけだ。今の世の中は弱い人を助ける環境を作っている。しかし、個人が個人を助けるとしたらそれは普段から弱い奴ではなく、普段全力で戦っている奴だけだ。普段強い奴が負けそうになっているから助ける。普段助けてくれてた人が弱っているから助ける。助けてくださいなんて手を出しているだけのやつは、お荷物でしかない。普段走っている人がうずくまっているから肩を叩くんだ。
一生弱い自分を許すな。

弱い自分に気が付くこと

振り返らないと人間はどこが間違っていたかなんて絶対にきがつかない。全部のもの事は全部自分が蒔いた種だと思って、どこが悪方か見直すことだ。

今日の人間関係での失敗は?
自分の選択した言葉は正しかったのか?
気が付いたらかまってちゃんをやっていなかったか?
戦うべき面でちゃんと前にでていたか?
誰かを守るために自分から動き出したか?
弱音を吐いてなかったか?
諦めてなかったか?
自分にも悪いところがあったのに言い訳してないか?

って自分に尋問自答していく必要がある。

女は強く男は弱いが基本

この日本という国の生活環境や方針、風習のほとんどは男が作った。それに張り合うように女の人たちは自分たちの世界をどんどん広げている。男はどんどん弱くなる。実践経験値を重ねて女の子はどんどん強くなる。男がいままで以上に踏ん張らないといけない瞬間はまさにいまだ。生物学的も、女性の方が男性よりほとんど強くできている。それでも男性の方が強くないといけないのだ。絶対に女性よりも強くないといけない。だから経験を重ね、常に自分と戦い、男の方が生き物としては弱いと認め、戦っていくしかないのだ。

強くなろうとするときの注意点

自分が強くなろうとすると、周りを弱い奴と決めつけ、意識が低いと勘違いする瞬間ができる。周りを間違った人間と思い、人を見る目を変え、人の強さの水準を下げる人がいるのが注意点だ。たまに聞くが「皆がお前みたいに強いわけではない」とか「弱くなることは仕方がない」という発言はなにも間違ったことではない。誰かと比べればどちらかが劣っているというだけのことだ。もちろん、この記事を読んで強くなった人間でも勝てない人はいる。あなたがするべきことは自分を律していまより強くなることで、人を見下すことではない。なんなら強くなるためにアシストしてあげてもいいくらいだ。

強くなりたい、モテたい、復縁した人、離婚したくな人

特別な人の心をひくために、かまってちゃんをやるのは簡単だ。効果もある。しかし、人間は日常的に無意識に行動してしまうことがほとんどだ。この無意識っての弱い自分を作っている。弱い自分でいる方が楽だと思っている場合、それを正しいことと思ってしまう。しかし、強くなりたいなら自分で選択して強くくなるための道を作るしかない。強くなるにはまずなにがいけないか考え、次にどうすれば強くなるかを考える事。それだけであなたは強くなれる。

関連ページ

女の子を惚れさせるテクニック|これで女の子はあなたに惚れる

女の子を惚れさせるテクニック|これで女の子はあなたに惚れる
女の子はどうやって恋に落ちるのか女の子に慣れていな男は、一度優しくされるとすぐに有頂天になって期待を胸に膨らませ、今すぐにでも彼女を捕まえたいと我を見失う。L...

一緒にいて楽しくない│楽しい男になるたった2つのポイント

一緒にいて楽しくない│楽しい男になるたった2つのポイント
一緒にいて楽しい人ってのは2つの視点がいる「一緒にいて楽しくない」って理由で振られる人って、少なくない。そしてこれは2回目のデートがないってのも該当したりす...

男らしさとはなんだろう│女性から見た男らしい男の条件

男らしさとはなんだろう│女性から見た男らしい男の条件
男らしさを磨くって、男ですけど?近年の男性に足りないのは貪欲さであり、やんちゃさであり、本気度であり、強さである。ってなにかの本で読んだわ。エスコートができ...

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

コメントを残す