勘違いしてない?女性がドン引く勘違い男

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

勘違いしている男性が多すぎる

「もし、あいつと付き合ってなかったらワンチャン俺ら付き合ってたかもね(笑)」

俺が先日聞いた勘違い男子日本代表の発言である。
女の子の叫び声、悲鳴、吐き気、そして顔面蒼白が想像できる。お前のそのポジティブと自信はどこから来たんだ?
この発言だけで「勘違い男子日本代表」になれる。いやーーーー勘違い男子は見てる分には嫌いじゃないのだが、俺としては女子を救わなければならない。なぜなら被害を受けている女性の涙の落ちる音が聞こえるからだ。
なぜかというとこういう男は…

半端じゃない数のLINEを送ってきているからだ

辛い…辛いよな…わかる…わかるぞ…
もう一種のストーカーなんだよ。もう勘違い通り越して、一種の病気なんだよ。

そうそうポリスメンに電話してあげないと取り返しのつかないレベルなんだよ。スマホの本来の使い方はこうやって使うんだよ。オメーの大量のLINEに「ピコピコ」って鳴らしてる場合じゃないんだよ!!!!!!
わかるよ?女性の皆さん本当にわかる。今日は愚痴っていいぞ。俺は皆の味方だ。

そして勘違い男子たち。

「貴様らの勘違いはもはや人智を超えている」
正しく矯正に矯正を重ね、そして強制を強いないと貴様らは勘違い男子は、好きな子はおろか、女の子の笑いものにされ、あっと言う間に「あいつマジキモいんだよ」って検索もしてない女の子のネットワークに広まり、炎上する。
いいか?よく覚えとけよ?女の子の情報の広がりは男の想像を遥かに超える。そして、共感や噂話が大好きな女の子たちはその情報一つで貴様を排除する。社会的に排除だぞ。仮に自分のキモさに気が付いても一回やってしまった多大なるキモさは取り返しがつかないのだ。

俺の経験では勘違いしている男子は二種類いる。

  1. 期待が膨らんで自分のことでもないのに反応してしまう
  2. 期待する面もないのに、どこかで自分のものと思っている

①はわかる。これは仕方がない。人間は期待せずにはいられないから期待してしまう面がある。これはあるあるだ。しかし、問題は②だ。これは「どこでそう思ったの?」って思ってしまう勘違い男子だ。

しかも、勘違いに度が過ぎる連中はこんな発言も飛ばしてくる。

「俺以外の人とは連絡とってないよね?」

あのな。付き合ったって結婚したって、自分のパートナーが誰と連絡を取っても自由なんだよ。

そもそも冒頭で書いた

「もし、あいつと付き合ってなかったらワンチャン俺ら付き合ってたかもね(笑)」
という発言をかました男。よく聞け

お前、振られるとわかってるから告白できないんだろ?お?お?お?ビビッて「ノリでいけないかな…」とか思ってんだろ?お?お?お?バレバレなんだよ!!!眼を覚ませ!!!!!!!!

あのな「自分を受け入れてもらうための努力」をしないで「自分を認めてもらっていることの確認」をしてどうするんだ?出会った瞬間自分を受け入れてもらっているなんて自惚れ以外の何者でもないぞ。
自分を受け入れてもらえているかの確認なんて「告白の瞬間」しか答えでないんだぞ?
告白の話をだしたから付け加えるけど、
告白してもなく、告白されてもないのに付き合ってると勘違いしてないか?
あのな。付き合っているかどかのジャッチなんて
「好きです。付き合ってください」から「いいですよ。お願いします」って返しがないと成立しないんだよ。それ以外は

断固、付き合ってません!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

他にも例を出そうか。

「今日、電話したいんだけど、何時ごろできる?」

ここで受け入れてくれている女性ならすぐに時間や詳細教えてくれる。もしかしたら女性から電話しましょうと言ってくれる。しかし、一回目の電話でしっかり時間を作ってもらえてないなら…

間違っても、何回もかけるなよ?わかってるよな?

男性の一部にはこんな人がいる。
「え?女性って、何度も押されるのが嬉しいんじゃないの?」

まさかのまさかのまさかで言っておくけど、全ての女性がこの思考を持っているわけでも、君に「押してくれた振り向く」って思っているわけではないからな?

だめなら潔く引けよ?振り向いてくれる女性ならこんなかっこわるい言葉や行動をとらなくても振り向いてくれるぞ。もっととんとん拍子で関係は進むもんだよ。

では最後に言っておくけど、

振り向いてほしくてほしくてしょうがいのに、ちょっと相手が失敗するといじったり、笑ったりしてないか?

せっかく話題を提供してくれて、自分の恥を惜しんで自己開示をしてくれてるのに、偉そうに上からものを言ってないか?
「最近、ふとっちゃって…」と言われて「だっせー。おれなんか2キロも減ったぜ?」

お前が2キロ減ったのは、彼女が振り向いてくれないのを心のどこかでわかってて、食欲がなくなってるんだろ?

総括として

今回は勘違い男子の発言をまとめてみました。まさかと思うけど、こんな発言してないよな?こんな発言をしてたらもういまから引き返しなさい。
今後に活かせばいいよ。失敗して、傷を負って、プライドを捨ててこそ、男性ってのはかっこよくなるんだよ。

参考文献?

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

noteを始めました|cloverのnote

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

note

これまでblogやTwitter、Instagramで活動してきましたが、noteをはじめました。

note ――つくる、つながる、とどける。

note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

blogは恋愛ベースで書いてきましたが、noteでは日常や学んだことや感じたこと、思い出なんかを書きたいと思います。軽い読み物にしていただければと思います。
こちらが私のnoteです。フォローしてくれた方、いらっしゃいましたら私もフォロー行きますので、連絡ください。

https://note.mu/clover_contact

そしてこちらが最初の投稿。
タイトルは「初めての〇〇〇」って感じで、「ファーストデートの思い出」ってのを募集する企画に向けて書きました。
俺の初恋、初彼女、初デート、初失恋。「初」が詰まった思い出の文章。

初めての◯◯◯|clover|note

はじめまして、cloverです。これまでblogやTwitter、Instagramで活動してましたが、新しいつながりを作りたいと思い、noteを始めました。 初のnote投稿は初めてのデートの思い出 …

そしてこれが次の投稿。
タイトルは「画像あり!花粉症対策!全39種類!アレルギー検査の結果がでた!」です。
先日、花粉症対策でアレルギー検査をしたんですよ。その時の結果を載せてみました。花粉症で辛い人は参考にしてください。

画像あり!花粉症対策!全39種類!アレルギー検査の結果がでた!|clover|note

先日、花粉症対策のためアレルギー検査をおこなってきました。お邪魔したのは耳鼻咽喉科。39種類のアレルギー検査をおこなっていただいた。 いつからか鼻水が止まらなくなり、ティッシュを積めてもあっという間に突破される。ゆっっっるい鼻水が、ポタポタたれる。セクシーさの欠片もない…鬱陶しいほどこの上ない …

文章を書くのが好きで、これからもたくさん書いていきたいと思います。
blogであれnoteであれ書いてほしい記事がありましら仰ってください。

以下のアドレス宛にメールを作成されます。本文を入力して、送信してください。
clover.direct.contact@gmail.com

mail to gmail.com

mail address and subject will be set automatically. The domain of email destination is gmail.com. Press the botton below.

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

思わせ振りな態度をとる人の気持ちがわかりません|期待する私は間違っているのか?

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

期待してしまう私…

本日もご相談について回答します。

cloverさん、突然のメール失礼します。相談に乗っていただきたく、連絡させていただきました。

私はこれまであまり恋愛経験がなく、女性と話をすることが得意でもありません。いままで付き合った人は1人いましたが、すぐに別れてしましました。
先日、会社の飲み会で隣になった女性と話しているとかなりいい感じになりました。しかし、彼女には彼氏がいるということで、期待してしまった私は裏切られた気持ちになりました。
少しのことで期待してしまう私もよくないとは思いますが、気のない相手に彼氏がいるにも関わらずその気にさせてしまう行為は間違っていないでしょうか。

うまく伝えられないかもしれませんが、cloverさんはどう考えますか?

期待させてたのはどっち?

今回の相談内容を読んだ限りでは期待させたのは彼女で、期待したのはこちら側。これまでの人生で期待して苦しんだ人、彼氏彼女がいるにも関わらず、アプローチをしかけた人からすると確かに心をが痛む可能性はある。気持ちがわかるという点では俺も一緒だ。期待しては裏切られたって感じの経験はしたことあるし、旦那さん、彼氏がいるにも関わらず明らかなアプローチを受けたことがある。その点では相談者さんの気持ちがわかる。
しかし、相談者さんの期待がスタートだったとは限らない。期待ってのはどこに生まれるのかわからない。それは相手の心の中で決まるもの。相談者さんと彼女の関係の中でたわいもない出来事がきっかけで、彼女の中に期待が生まれたのかもしれない。そう考えると、期待をさせたのは相談者さんだ。スタートを切ってしまった自分も悪いということになってしまう。まずはその点を考えてほしい。

なら彼氏彼女がいるのは?

乗り換える形で恋愛を進める人がいるのも事実だ。いまの彼氏とうまくいってない可能性があるから心は不安定になり、別れを考えて次の人を探していた可能性はある。聞いていて気分は悪いかもしれない。なんでかって、乗り換えている恋愛は軽い感じがして、気分悪いからだ。しかし、冷めきっている人からするととっくに相手への意識はゼロだ。実際、乗り換えている側からしたら、過去の冷めきった人間なんて、1秒でも関わりたくないって人も少なくない。そこで受け入れるかどうかは相談者さんの気持ちの問題だ。まったく気にしない人もいるし、絶対に無理という人もいる。それは自分の気持ちに従えばいい。難しく考えてる必要はない。

期待がないと動かないのが人間だ

そしてここからは「期待している自分はまちがっているのか」という点についてだ。俺が恋愛を進めるときは期待ができるから動いてる。多くの人も同じだと思うが片思いの人間がアプローチをかける瞬間は、相手の反応から期待を発見したからだ。期待できる反応や、異性が見せる好意的な反応を感じ、それに動きを加えた。だから相談者さんのおかしなところは一つもない。ただ、俺と相談者さんの大きな違いは「前提条件を確認してから動いたか」という点が違う。
俺なら先に彼氏がいるかどうかはもちろん確認する。他にも確認することは多々ある。相手の恋愛観、価値観、いままでどんな恋愛をしてきたか、今の現状、性格など、確認するべき情報を先に確認し、そこからアプローチをかける。この点が相談者さんと俺の違いだろう。なにかに期待をするのはその後だ。
俺は期待ができない人にいつまでもアプローチをしかけても時間の無駄だと感じるからだ。俺は恋愛を進めるときに片思いにあまり時間をかけない。自分のことを認めてくれる、自分を好きと思ってくれる人と付き合いからだ。そして俺の恋愛のスタイルは片思いを何年も続けるスタイルじゃない。相談者さんがどんな恋愛のスタイルにせよ、期待がもてて、少しでも相手のことを好意的に見ているのなら別に悪いことじゃない。ただ、先に確認しておくべき情報を確認しなかった点が俺と大きな違いだ。

男女間を恋愛観で見過ぎている

しかし、俺は世にちょっと言いたいことがある。男女の関係をなんでも恋愛で見過ぎている人が多すぎる。男女が話しているだけで、すぐに恋愛的視点でものを見て、噂話を流す。そんな人が多くないだろうか?
いっぽ引いて見ればそんなにも恋愛的要素はないにも関わらず、すぐに妄想を繰り広げてトラブルに繋げる人。俺からしたら無駄である。
異性が隣に座って話してきているだけで、恋愛的視点でものを見ている相談者さんも、その意識が強すぎるのではないかと思う。もっと人間関係を深める視点だけでいいと思う。そして恋愛に発展させるならその後でいい。

いい経験したじゃないですか

期待してしまう気持ちは別に悪いことではない。しかし、どこに期待するかはそれぞれだ。俺自身も期待して失敗した。だから自分のスタイルを作っただけだ。相談者さんもスタイルを作ればいいと思う。
人間、相手の気持ちにあたりをつけることはできても100%当てることなどできるわけがない。だから「異性の脈ありサイン」を読み取ろうとする人が多いのだ。しかし、脈ありサインを読み間違えた。もしくはサインを読み取る力はあったが、相手の前提条件から理由付けをする方法を間違えたのかもしれない。そうやって次の恋に繋げればいい。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

見た目で人を選ぶのは間違っているのか?

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

見た目で人を選ぶのは間違っているのか?

ご相談を受けたのでお答えする。ご相談内容はこちら。

cloverさんこんにちは、いつもブログを見ています。
突然ですが、ご相談にのってください。

私は人を見た目で判断する人が好きではありません。そんな人は心の狭い人だと思います。自分の見た目を好きな人にあわせて磨くのも好きではありません。いまの自分を好きになってほしいです。中身を見てほしいです。

こんな私の考えは間違っていますか?

正しいも、間違いもない

この類の相談はよくあると思う。そして同じ主張をしている人が俺の周りにもいた。「ありのままの自分の好きになってほしい。自分を変えてまで好きになってもらうのは間違っている」って何度も言い聞かせているような人。
俺からしたら正しくもないし、間違っていもいない。なにが正しいかなんてその人の中にしかないと思う。だから正しいとか間違ってると主張することはない。恋愛ベースで話をするけど、自分と同じように「外見で判断する人は間違っている」という人を探せばいいのではないかと思う。それが正しいということなのだろう?だったらそういう人を探せばいい。そんな人はきっと気が合う人なのだろうし、同じ気持ちを共有できる人なのだろうからそんな人を探せばいい。

どうして選択を迫るのか?

では正しくもなく、間違ってもいないとして話を進めるけど、外見で判断する人だって申し訳ないが中身を全く見ていないわけではない。そもそも、選択式になっているように聞こえる。「見た目で選ぶか?中身で選ぶか?さーどっち?」なんて迫っているけど、俺からしたら人間なんてのは総合得点だ。外見ばかりよくても、中身が悪ければ選ばないし、逆もまたしかりだ。そして当たり前だけどそれだけでは選ばない。いくら中身がいいとしても、気が合わない人はたくさんいるし、男性からしたら人間力は高く感じても、女性としての魅力を感じないなら選ばないことも多々あるし、男性としての強さを感じないなら選ばないのも当然だろ?余は総合得点。自分の中の何かしらを判断する得点が低いと感じたら選んでもらえないのは必然だ。

好きな人のために見た目を磨くのは悪いことなのか?

俺も職場では媚びているといわれることが多々あった。理由は上司や先輩から好かれているからだ。その理由は自分自身にもよくわかる。俺はどんな世代の人間でも、女性でも男性でも仲良く話をすることができるからだ。その姿を見ると一部の人間からしたら「媚びている」と見えるのだろうが、俺からしたら「楽しく話している」だけ。もちろん、上司や先輩の中には「こいつ、媚を売っているな」と思っている人もいると思う。で、そうとらえられても俺からしたら「どうぞご自由に」である。とらえ方なんてその人の自由で相手の反応が悪ければ身を引くだけだ。
で、好きな人や異性のために自分を変えるのは悪いことなのか?って方向に話を戻すと、気分が悪いならやらなければいいと思う。しかし、あなたの意見や考えを周りが納得するかは周り次第だ。「媚びているから嫌だ」と主張して、それを周りが「素敵な意見」とか「そう考えているならいいと思う」かなんて自分がどれだけ影響力の持った人間かって話だ。各いう俺も、仕事で楽しく話しているだけなのに「媚びている」と言われれ「なら、その人と毎日楽しく話をし続けてみろよ。媚びるほうがよっぽど楽だぜ?」って言ったことがある。今回の「自分の見た目を好きな人にあわせて磨くのも納得できません」って方がよっぽど簡単で楽な道を通っていると思う。

見た目を磨かないとどうなるか

今度は見た目を磨かないとどうなるか書いていこうか。まず、見た目、身なりが整っていないと清潔感を感じないから人は避けいく。近くによるだけで不快感を感じるから心理的に避ける。
次に、最も重要な「信頼がうまれない」ということだ。現代は少しずつ和らいできたが、スーツをしっかり着ていない社会人は信頼ややる気がないと判断されてきた。その風習から話をするが、職場にパジャマできて、お客さんと対峙したらどんな気持ちになるだろう?お客さんは「ふざけているのか?」と感じるのではないだろうか。
そしてわかりやすい例を出そう。風邪をひいたあなたが病院にいったとき、目の前にお医者さんが座っている。しかし、白衣を着ないでいかにもガラの悪い人たちと同じ服装をしていたとしたらあなたはその人が処方した薬を飲みたいと思うだろうか?俺だったら飲みたくない。信頼が持てない人間からだされた薬など口にしたくないからだ。

「内面は外見に出る」というように見た目を磨くというのはなにも恋愛に限ったことではなく、人間関係全般で必要なことなのだ。

あなたの中身はどんなもの?

では、今度は突っ込んできくが、なにが不満で相談をしてきたのだろう?そもそも、不満がなければこの類の相談をしてくる人っていない。中身を見てもらい、その良さをちゃんと伝えることができて日常に満足し、恋愛に満足しているなら相談なんてしないはずだ。きっと満足のできる日常や恋愛をしていなのだろうと思ってしまう。と、いうことはその中身はなにも魅力を感じさせていないということだ。あなたの中身は人の心を満足させることができないといっていのだ。
で、こう答えると、こんな風に答える人がいる。

いや、見てくれないんだよ。最後まで見ないで、見た目で判断する人ばかりだから不満なんだよ

では質問するが、なぜ見ないといけないのだろう?そんな義務はない。人間は中身で判断しないといけないです。なんて法律でもあるのだろうか?俺からしたら見せ方を知らない、もうしくは知ろうとしないあなたはやるべきことをしないで、自分を見て欲しいと言っているただのわがままな人である。人ってのを知らないで、自分のわがままを貫き通そうとしている自分は本当に中身がいいと言えるのだろうか?
漫画:暗殺教室で、先生を毒殺しようとした生徒が先生に毒薬を飲ませようとして真っ向から「毒です飲んでください」といって、先生が飲むシーンがある。結果、先生を殺すことはできない。そして先生は生徒に自分を殺す毒薬を一緒に作ろうという。しかしそれは先生の嘘で先生はパワーアップする。だまされた生徒は先生に怒るが、先生はこういう。

 

「どんなに優れた毒を作れても、今回のようにバカ正直に渡したのでは、暗殺対象(ターゲット)に利用されるだけ利用されておしまいです」

 

そしてこうもいう。

 

「君の理科の才能は、将来皆の役に立てる。それを多くの人に分かりやすく伝えるためにも、毒を渡すための国語力も鍛えてください。」

 

相談者さんがどんなに優れた中身を持っていても、それを知ってもらう手段をもっていないと、なにも価値がないのだ。

appleの創業者スティーブ・ジョブズも自分の会社で作った商品はとても革命的だが、商品を発表するときのプレゼンテーションは絶対に手を抜かなかった。商品のキャッチコピー、商品の登場タイミング、スポットライトの角度、照明の数に至るまで徹底してこだわった。世界的な影響力をもつ人間でさえ、徹底した見せ方をしたのだ。見せ方に手を抜いたら結果なんてついてこないということをわかっていたのだ。

せっかくいい中身があるのだろ?みんなに知ってもらわないともったいないぜ?

関連ページ

どんな女の子を好きになればいい?│女の子を見極める目を養おう

どんな女の子を好きになればいい?│女の子を見極める目を養おう
突っ走る前にすることがあるだろ片想いであれ、付き合ってからであれ、「なんでこんなやつ好きになったのか…」って思うのは女性だけでなく男性もよくある話だ。特に男は...

恋愛での正しい自分磨きをちゃんとわかってる?|恋愛というフィールドの自分磨き

参考文献

学校、先生というのを舞台にした漫画には必ず学びがると思うが、この暗殺教室ってのも多くの学びがあるのでお勧めだ。

ジョブズのカリスマ性はなにも発想だけではなく、発表にもその力を発揮していた。彼の徹底した準備、練習、演出を知るには最高の一冊。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

付き合ってからも態度を変えない熱のある男の見分け方

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

付き合ってからの幸せ探し

このページを見ている人の中にはこんな経験をしている人がいるのではないだろうか。

≪付き合ってから連絡がめっきり減り、会うことがほとんどなくなった。勇気を振り絞って会いたいと言っても、忙しいやら予定があるの一点張り。なぜ、付き合う前の方が幸せだったのか…≫

付き合った女の子からしたら、付き合ってから態度を変えますって看板をぶら下げておいてほしいものだ。
今回は率直に、見分け方を書く。絶対に幸せになれる男性を見つけようぜ。

3つの愛情表現パターン

まずは相手を選ぶ段階の話からだ。
いきなり今回の核を紹介するけど人間の愛情表現は大きく3パターンにわかれる。

  1. 人が構ってくれないと不安定になる:不安定型
  2. 人と安定的に心を繋げるタイプ:安定型
  3. 人と信頼関係を結ぶのが逆に不快になる:回避型

①から順番に説明するよ。
不安定型のタイプは相手と繋がっている事実や、結果が必要。繋がっている実感がわかないと心が震えだして、相手への愛情確認を求めます。恋人の存在が優先事項となり、相手のことをできるだけ把握したくなる。把握している中で相手の表情や感情を敏感に察知するので、変化には敏感に対応できる。しかし、ネガティブな面が多いと相手からの感情を読み取る過程で「自分の責任ではないか」と思い始めて悩んでしまう傾向もある。
上手く付き合っていくためには常に「相手との関係に安心がある」と表現し続けることが大切です。

②の安定型タイプは多くの人間に対して一定の人間関係を結び、人と接して信頼関係を結ぶのに長けています。そして信頼関係を結ぶことに重点を置いています。
恋愛では愛情表現をするこにも抵抗がなく、常に穏やかであろうとし、自分が悪いと感じると謝罪し、改善をしようとします。このタイプが一番恋愛でも人間関係でも安定していると言えるでしょう。

③の回避型は自分時間を大切にしようとするタイプです。
したいことをするというタイプで、自分のことを優先します。仮にしたいことや集中したいことを恋愛や恋人との思い出作りとするなら問題ないですが、実は人間関係をしっかり築いていくということを苦手としています。
もっと一緒の時間を過ごしたいと表現しても、できるだけ回避します。

ここで各タイプを見極める方法を紹介。

見極めるためには相手の以下の質問と観察をしてみてください。

  • どんなお付き合いをしたいか聞いてみる
  • 人間関係で大切にしていることはなにか
  • 自分の話に真剣に答えてくれるか
  • 相手が言わないこと、しないことを観察する

外側だけ作っている人間は言葉だけで多くの行動を表現し、安心感と信頼を得ようとする。そんな男に騙されないでほしい。特に女の子に注意したいのは耳で恋したらダメということ。あくまで行動を観察する必要があり、それがその人の本質で本性。言葉だけではカバーすることができない面だ。

集中力

いいか悪いか、集中力のある人と集中力のない人にもちょっとした付き合いの特性が見える。集中力のなに人は一個のものだけに集中しようとしても、すぐに別のことに気が散る。だから仕事のタスク量はできるだけ多くするし、興味あることも多いし、趣味は多い。本は同時に複数読むこともある。逆に集中力のある人は夢中になるものがうつると一気に他に気がまわらなくなる。ご飯を食べながら話ができないとか、ゲームにはまるとゲームばかりになり、仕事に切羽詰まると周りがどんどん見えなくなり、一個が終わらないと次にいけない。もちろん互いのタイプには長所と短所がある。

集中力がなく、複数のことを同時にできる人はLINEも好きならしっかり返すし、話ながらなにか別のことに気がまわるし、多くのタスクが来ても順序良くこなすことができる。
しかし、集中できないからなにかを極めることに向いていないし、長続きもしない。
これを恋愛にあてはめたら、いろいろ企画したり、LINEも電話もできるし、なにかすることがあっても相手の女性のことは忘れない。
しかし、他の人に気が移りやすいことも否定できない。
集中力が高い人は、一個の仕事を任されるとしっかりこなす。他に気が散ることもないから勉強ができるとか、なにかを完成させるスピードも速いとか、長続きもする。
しかし、食べながら話などはできないし、一気にタスクが増えても目の前のものが完成するまでは次にいけないから優先順位が高いタスクが来ても気がまわらない。
反対に集中力が高い人は夢中になっている間は完璧だ。愛情表現はもちろん、彼女のすべてに答えてくれるだろう。
しかし、冷めたら一環の終わりである。

これはバランスの問題だ。相手の男性の性格、食事中の様子、こちらからの質問での判断などいくらでも性質がわかる。

心に余裕があるか

付き合うことを考えると、多くの面で心に余裕がある人を見極めることも重要だ。なにかに追い込まれると他のことに頭が回らなくなるどころか、態度が急変し、男性としての頼りなさが浮き出てくる人も少なくない。
常にイライラしている人、変化に対応できない人、何事も楽しめない人は心に余裕がないことが多い。特にタスク量が多くなったときに余裕がなくなる人、他人の評価を気にしすぎる人には気をつけるべきだ。多くの人と接する社会でタスク量が歯止めな増えることもあるし、タスクをこなした結果、周りから思った評価を得ることができない人もいる。それでいちいち震わせているようではだめだ。
そんな人かどうかもしっかり確認してほしい。
確認方法は以下だ。

  • 後悔ばかりしていないか
  • 自分の中のリズムを持っているか
  • 人とのコミュニケーションをしっかりとっているか
  • ポジティブかどうか

これらのことを観察し、会話の中で確認してみるのが有効だ。

振られているかいないか

付き合う上での確認方法はこれまでどんな恋愛をしてきたかだ。

いま狙っている人がこれまで幾人かとお付き合いして、仮に振られた経験をしているというならその理由は必ず確認したほうがいい。
そこにその人の悪いところがある。仮に重いという理由で振られているなら連絡頻度もそれなりで、付き合ってからも関係が希薄になることはない。しかし、自然消滅が目立っているなら、関係を深める努力を怠っている可能性があるから、付き合ってからの態度はあなたが求めているほど華やかなものではないと思う。一つの恋を長く続けている人間なら安定した関係を築いている可能性があり、付き合ってからも態度や対応が変わる可能性は低い。

男性と女性という生き物

男女ともに理解してもらいたいのは男性は付き合うまでが本能的で、付き合ったからは理性的。女性は付き合うまでが理性的、付き合ったからは本能的という違いがあるということだ。
これを聞いただけで知らず知らずに温度差が生まれている可能性があるということを頭の片隅に置いてほしい。
ここで女性に注意してもらいたいのは、温度差が生まれるからと言って、男性側の温度にばかり合わせなくていいということだ。合わせてばかりでは正直しんどい。なんのために付き合っているかわからなくなるじゃん?
だから温度差を感じるときは必ず伝えることだ。自分のことは自分がよくわかっているというが、わかってない面も多々ある。そして付き合うということは自分がどう感じているかだけでなく、相手がどう感じているかという視点にフォーカスする必要がある。自分では相手を満足させているつもりでも、相手は一切満足していない可能性があるのだ。常に相手への意識を忘れないことだ。

関連ページ

知り合ってから友達になり好きになってから付き合うまでの流れ

知り合ってから友達になり好きになってから付き合うまでの流れ
各段階でのアプローチと考え付き合うまでにどれだけの過程があるかと考えたら、途方もなく感じるかもしれない。なにをしたらいいかもわからないだろうし、そもそも人間...

アプローチは早く|いつまでも片思いが叶わないのはアプローチの時間が原因

男心が分からない?|生き物としての男心

男心が分からない?|生き物としての男心
女の子からしたら男心は本当に理解できないと思う。共存をキーワードに生きている女の子からしら、プライドの高い男なんてりできなと思う。そんな男から『察せよ!』『...

参考文献

相手の心やタイプを理解し、自分がどんなタイプに当てはまるかわかる本だ。自分が重い人だと思うならさらに有効。気をつけることもできるし、直すこともできるからかなりお勧め。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

なぜ、彼の話し方にイライラするのかわかった|イライラする話し方20選

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

普通ってのを外す大変さ

俺の職場に、コミュニケーションがドヘティーな人がいる。自分なりの形を作っているのだろうけどそうじゃないんだよなーーーってのが俺の感想。周りの空気も悪い。俺は場の空気であれ、相手から発される空気を読むってのは得意だ。空気ってのはその場で皆が出している無言の言葉。その言葉を正確に読まないと、次の自分の言葉を間違える。間違えを繰り返すと相手から嫌われるのだ。話しかけるだけで不快に思われる可能性がある。そんなリストを上げてみた。

1,真面目すぎる

真面目ってんは一見聞こえはいいがはき違えるとマイナスにはたらく。周りから影響される真面目ってのは結構神経を削る行為で、相手に押し付けると居心地が悪い。妥協がない彼の意見は周りからすると鬱陶しのだ。
個人の意見は個人の意見として発信するのは構わないが、人に押し付けてはいけない。

2,ダラダラ語るように話す

同じペースで話をする方がきいている側としては楽だ。人の話の話を聞いているのはそれなりに労力がかかるし、やることにあふれているビジネスマンや、テスト勉強などで切羽詰まっている学生からするといろいろなことをさっさと済ませたいものだ。そんな心境にある中で、相手の話し方がゆっくりだとかなりイライラするものだ。話は短く簡潔にってよく言うだろう。心理学でも相手と同じペースで話しをするということは有効な心理的関係を築く方法だ。

3,真っ向から否定する言葉を使う

言葉を選ぶのは誰でも一緒だけど、俺の職場にいる人間はヒートアップすると言葉を選び損ねる。真っ向から否定するのはかなりのリスクだ。意見にだけ否定しているつもりでも、相手の心理では自身を否定されている感覚になってしまう

4,こだわりが強い

尊敬する存在、認めた存在、親しき友人などなら聞く耳も自然とうまれるが、なかなか心構えがないと人のこだわりなど自分の重みになるだけだ。意見を言うのは構わないし、自分を律する言葉や考え方は一向にかまわないが人に押し付けると鬱陶しいだけだ。聞くに堪えないとはこのことである。譲れないなんての聞いてくれないのが一般的だ。

5,急かされている感が鬱陶しい

仕事のメールだけでなく、どんな場面でも当てはまるが、人に急かされて気分が良くなる人はいない。
俺の職場にいる例の彼は「先ほど送りましたメールですが…」と目の前にいる人間に話しかける。それは別段悪いことばかりではないし、仕事上ではあり得るがこの頻度がすごい。あれは明らかなに急かしているという頻度だ。メールだけでなく、どんな場面でも急かして相手が好意的に思ってくれることはない。

6,実力の無さに反比例でいうことはいっちょまえ

「仕事ができないやつは発言する権利はない」なんて昭和の人がよく言っているの聞いた。説得力がないとか、誰も耳を傾けないという意味だけど、今もその風潮がないわけではないと感じる。結果を出していない人の言葉には「説得力」が載らない。そして、結果というのは周りが認めてこそ真の価値が出るものだ。彼にはそれがない。

7,丁寧さが逆にうざい

作っている感じが全面に出ていると鬱陶しくない?デパートとかスーパーのマニュアルのままに接客されると俺は気分があまりよくなく。作ってる感じに違和感を感じるし、人間性が欠けてる感じする。それが彼だ。不思議なもんで、丁寧にしようとしている姿が逆に距離を作ってしまっていることに気が付いた方がいい。

8,さらっと言えない

本題に入るまで、無駄なおしゃべりが多い。これは聞いている方が忙しいと鬱陶しく感じるものだ。ビジネスでもよく言われるが、結論を先に伝えるというのは基本中の基本。前置きは無駄に喋ってしまう。

9,1つの話題をじっくり話しすぎている

話しにはリズムがある。ゆっくり話すより、短く結論を伝えないと相手はオチのない話にいつ前も耳を傾けることはできない。特に男性だ。のんびり話をするときは聞き手が相手に対して興味を示しているときだ。皆もこの人の話なら聞きたいと思っている人が何人かいると思う。しかし、そんな存在は何人もいない。自分がその存在になれているとは思ってはいけない。話しはできるだけ短く要点をとらえることだ。

10,理解力

理解力が重要ということはみんな知っているだろうけど、理解力がないと相手の気持ちはもちろん、状況や重要性、雑談など理解するべき感情と重みを咀嚼することができない。いくら話してもなにも感じ取ってもらえないとなると、話している側は話しをしなくなる。話しかけてくれるというのはチャンスなのだ。聞いているのが好きって人が良くいるがそんなに楽じゃな。受け取った言葉に対して、的外れな返しをしていたら絶対に相手を不快にさえるだろう。相手の気持ちを語言化するというには場面を把握する想像力と、自分に置き換えた時の自分の感情を正確に感じ取る能力が必要だ。

11,納得できない

自分の意見は一個の意見に過ぎない。どこかで妥協して折り合いをつけて、理解して、妥協して、人間は波長を合わせている。表立ってうなずいていることもある。全てに反発していたら疲れてしまうのだ。食って掛かる傾向にいる人は、そのリスクを十分に理解したうえで反対意見をいうべきだ。

12,ノセる話し方ができない

相手を楽しませようとして話かけているのはわかるが、なかなか相手の表情を緩めることができない。これはリズムの問題だったり話しの着眼点、語り手の表情など、超えの強弱、擬音など、話術が必要だ。経験がない人はい何度も挫折すると思う。練習が必要だ。自分にはいまその実力がないと認めて、無理に挑む必要がないこともちゃんと理解することが大切だ。

13,空気は読まなくていいけど空気をよめない

空気を読んでみると、完全に内輪で波長を合わせて間違った意見でも正しく見せてしまうことがある。俺も空気を読むことはもちろんあるし、カヤのそとで眺めていることもあるけど、あえて空気を外しにかかることもある。間違っていることは間違っているといっていいと思うし、時には戦う必要がある。しかし無理に戦う必要はない。しかし、空気を読んで外しにかかるにはちゃんとした計算が必要だ。なんせ、下手すれば多くの人間を敵に回すことになる。そして彼は的に回している。間違った空気に、間違った意見を重ねていることもある。みんなが「普通」としているものをさっちできないと、どうしてもリスクを負うのだ。

14,人の話に聞き耳をたてて、はいってくる

わかりやす例え話を一つ上げるけど、恋人同士が話しているなかに聞き耳を立てて、輪に入っていくことができるだろうか?もちろん、これはかなり極端な例だ。まだ自分の名前も知ってもらっていな状態から、彼は一方が知り合いだと間に入っていく。知らない人からすれば不信感と警戒心しかない。楽しく話しをしている中に自分も割って入るということはかなり無茶だと思ってほしい。

15,熱くなると言葉の選択がわるくなる

場面によって感情的になるのはわかるが、言ってはいけない言葉を選択してしまっている。怒るじゃなくて叱るってのはなにも上司や先輩が部下や後輩に向けるしこではない。他者に対して言葉をかけるなら、どんな場面でも気をつけないとならない。彼は感情的になると我を見失って言葉がかなり悪くなる。一度悪い言葉をつかったら最後。相手との関係は一気に崩壊する。

16,正しいことを言っていても受け入れてもらえない

人ってのは正しく生きようとしている。しかし、正しい選択ばかりをしているわけではない。タバコはいけないものだが吸ってしまう。太るとわかっていても甘いものは食べるし、よくないと思っていてもだらけてしまうのだ。だから相手のしたいことに、正しいことを上書きするなら説得するしかない。説得し、理会し、その人の新しい「正しいこと」にするしかないのだ。それをわからず相手に押し付けても絶対に相手は納得しない。納得しないなら、不快なだけだ。

17,若者に教えるのが下手

言葉を発していれば伝わっているつもりになっているまかもしれないが、相手に伝わってないなら言葉を発する意味がない。よく例がコンビニで煙草を買おうと、店員さんに銘柄を言っているが、それでは不十分だ。
番号、銘柄、ソフト、BOX、個数など、しっかり相手の耳に届く言葉で伝えないと店員さんに無駄な労力がかかる。人に説明することができないと、「この人に聞くのはもうやめよう」ということになる。

18,局部まで伝えない

肝心なことを伝えていないことに気が付いていないってことも多々ある感じだ。前置きや、相手を説得するという意思が高すぎると、詳細を伝える前に話しの寄り道をし過ぎて話したことでスッキリしてしまっている。結論から詳細を話すことは基本中の基本だ。

19,それとそれとはちゃうやろ

関係のない場面をくっつけて話のつじつまを合わせようとしている。例として挙げているものも的外れで、話が組みたたれているようでうまく組み立っていない。前後の話がかみ合ってないのは、実はみなすぐに気が付く。勢いで話をつけて、その場ではなにも言わなくとも後々言われたことを冷静に振り返り、イライラしてしまうものだ。

20,前置きが鬱陶しい

自分では相手に気を使っていると思っているかもしれないが、気の使い方が鬱陶しく感じる瞬間がある。とくにさばさば話す人からすると、ゆっくり話す人は鬱陶しく感じる。
相手の話すペースにはしっかり合わせ、前置きは礼儀正しさに気を使うのではなく、あくまで相手との関係から作り出すことだ。

関連ページ

LINEでは話せるのに、会って話ができない|2つの違いを知れば話はできる

会話が苦手、うまく返せない人のためにコツをまとめたよ。

会話が苦手、うまく返せない人のためにコツをまとめたよ。
なんて返したらいいかわからないあたなたは話をすることが楽しいですか?会話をすることで、その人により良きアピールをすることができますか?恋愛だけでなく、会話が...

聞いてるのが好きは話せないだけでないか|会話においての聞くということ

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

接点がない人とどうやって恋をする|徐々に心を縮める方法

FavoriteLoadingお気に入り

見ているだけでいいわけなくない?

接点がないというのはちょっと絶望を感じるかもしれないが、俺としてはそんなでもない。
接点がないといっても、一流のナンパ師は1分、1秒で相手の心をものにして関係を作り上げる。その現実を考えると、接点がないといっても絶対に関係を作ることができないというわけではない。
俺としては、学校でクラスが違うとか、学年が違うとか、会社の課が違うとか、隣の会社とか、受け付けにいる人、なんてのは接点がないとは言えない。同じ空間や同じ組織にいるなら接点を大なり小なり持っているといえる。
問題は「小さな関係を重ねていけるかどうか」が問題だ。

今回は小さな接点を大きくしていく方法を紹介しましょう。

魅力の勝負

出会いがないときこそ、真の魅力が試される瞬間だ。「この人、なんで異性が常に周りにいるの?」と思える人はかならず相手の意識に飛び込む方法を自然か狙ってかで繰り返している。
学生時代は環境が勝手に異性を連れてきて、勝手に意識させる手順が確立されていた。
あくまで環境任せだったということになる。

途中で挫折して終わってしまう

冒頭で書いたけど「小さな関係を重ねていけるかどうか」が今回の核だ。
好きな人との心の距離はとにかく最短で縮めたいのはわかる。それが夢中ってやつだからね。
ただ、段階を飛び越えたら相手に不自然さを与えて一気に距離を取られるし、それを意識しすぎて回数が少なくなればいつまでたっても距離は縮まらない。
それは本人のコミュニケーション能力の問題だし、距離感の掴みかたの問題だ。
まず、ここでひとつ試されるのは「普段のコミュニケーション能力」がちゃんと掴めてる人は有利になるということ。

魅力ってのは、恋愛面だけではない

恋愛ってフィールドだけで限定すると視野が狭くなるけど、あなたには協力してくれる友人はいますか?
これが意外と恋愛相談を受けていると「いないです」という意見が多すぎる。いないってのは、別段悪いことではないが、いないとなると普段のあなたは友人としての信頼関係も築くこともできていないということだ。
これのなにが恋愛というフィールドでどのようにマイナスに働くかって話になると、人間との距離感を測ることが人並にできていないということと、人間間での絶対となる「信頼」が生めていないという可能性がかなり高い。

余談で一つ例を出そう。

うちの職場の同じチームの同僚がよくこう呟いている。
「僕のところにはcloverさんに送られているメールがきてないです。送ってくれないとなにかあったとき困るんですけどね…」
ビジネス的視点でいえば言っていることは間違っていないが、俺自身は別に自分に送ってくれなんて一回も他のチームや上司、お客さんに言ったことはない。
なのに、彼には送られていない。

なぜか?

単純に普段のコミュニケーションの問題と信頼関係、人間関係の濃さの問題で、総じていうと「認知されていない」ということである。
これは逆の視点を持つと、彼がなにかあったときと、俺がなにかあったときとでは周りの協力に大きな差が出る。
なぜなら、「知らない人」に協力するというのは、完全に相手の心任せであり、自分ではなにも苦労していない。

文章で書けばわかりやすいが、恋愛も一緒である。
「あなたのために、誰かが動いてくれる」とう現実は普段の信頼関係の積み重ねの問題である。

それが恋愛というフィールドでどう働くかというと、あなたは片恋相手から見れば「認識されていない信頼していない人」という烙印を押されているというとだ。

接触は薄く回数多くから

Twitterってのはありがたいツールだ。そして、人間の基本は挨拶だ。俺はこの二つから徐々に関係を深めることができると思っている。
まずは、軽く会釈を繰り返すことだ。
ここで「関係ができてない人、知らない人に会釈をされるのって気持ち悪い」とか思うならそれは間違っている。
人間関係のスタートなんて、理由なんてなくて、なんとなく気が付いたらってのがほとんどだ。

不自然で普通である

だから最初は会釈から始めたり、Twitterあたりから薄く回数多く接していって、接しているのが普通って思えるくらいになるまで回数を重ねればいい。

 

嫌われるリスク

女の子ってのは、嫌われることに敏感だ。
これについては「恐れるな」くらいにしか俺から伝えることができない。説得しかできないし、BLOGって媒体から文章で伝えることしかできないし、Twitterから「頑張れ」とかを伝え、リアルタイムに近く「いましかないよ」とか「チャンスだよ」っていうことしかできないのが現実だ。

「向こうから声をかけてくれる」って奇跡がおこらないかな。

なんて思ってる、人任せの奇跡願いの人は、今回話した信頼を生むってのが普段からできないって言ってるのと一緒だぜ。

参考ページ

店員さんとの恋を叶える方法|店員さんと連絡先を交換するまで

店員さんとの恋を叶える方法|店員さんと連絡先を交換するまで
お客様の枠を取っ払いたい俺が高校2年生のとき、はじめて居酒屋で働いてる店員さんに声をかけられたことがある。当時は居酒屋の年齢確認は適当だった(笑)声をかけられ...

タイトルからすると関係ないと思うかもしれないけど、アプローチのしかたは参考になるよ。

参考文献

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

恋人との温度差が辛い|恋人との温度差を自然な方法でうめる方法

FavoriteLoadingお気に入り

愛されてるのかわからない

愛情を確認したいなんてカップルのあるある。一方的な愛情表現は虚しさと寂しさの極みだ。
この手のあるあるは、付き合ってから連絡の頻度が減ったとか、会う回数が減ったとかだ。どちらかと言えば減らしてるのは男だろう…

なんとかいまより愛情を確認できる方法はないかとこのページを見てると思うけど。

ずばり、ある!

今回は温度差が激しいカップルの温度差をうめる方法を教えるよ。

温度差を感じる瞬間

相手との温度差を感じる瞬間は

  1. 連絡ない
  2. 会いたいというのはいつも自分
  3. 記念日を大切にしない

てな感じでリスト的にあげられるけど、言い出したらきりがないわな。だから全てをひっくるめて文章にすると「自分が思った気持ちに対して十分な返答・対応がない」ってことだ。

相手にあげたもの(こっちは気持ち)にたいして相手から形がないと満足できないのだ。

ただ、それを解決するとなると俗にいう「重い」ってのが顔を出す。

相手になにかを要求して「そんなこと言われても…」となれば失恋の原因日本代表「重いさん」認定をうけること間違えなし。

ジレンマが始まる。

私は相手にこれだけのことをしてるのに、相手はそれに答えてくれない…でも、なにか言ったら重いと思われて嫌われそう…

って、ジレンマだ。

相手とのスタイルが違う

では、なぜここまで違うのか。
大きく分けて2つ

  1. そもそもそこまで夢中になっていない
  2. 多くのタスクを同時にこなすタイプじゃない

1はわかりやすい。
好きではあるけど、あなたほどではないというパターンだ。これはもう付き合っていくなかでもさらに魅力を伸ばすしかない。
問題は2のほうで、この記事もそのスタイルを解決するために書いてる。
これは付き合っていくなかでの相手のスタイルと特性だ。
皆さんは仕事中や誰かと遊んでるとき、はたまたお風呂に入ってるとき、ご飯を食べてるとき、本を読んでるときなど、彼氏彼女と関係のないシーンでどれだけ彼氏彼女のことを考えているだろうか。

その差が温度差を作ってる。

常にどんなシーンでも彼氏彼女のことを考えている人は連絡が来ないことが気になったり、遊びにいくことが少ないと悲しんだりする。しかし、目の前のことにしか集中できない人、言い換えるとすごい集中力の持ち主はふとした瞬間にしか彼氏彼女のことを思い出さないのだ。

どちらがいいとか、正しいとかではなく、スタイルの問題だ。

解決策は少しだけ顔を出す

では、どうしたらその差を埋めることができるか具体的な方法を提示する。

まず、彼のどんな場面にも顔を出すことだ。

それはどういうことかというと、彼が仕事に集中してしまう(いいことだけど)人で、仕事をしていとき、もしくは忙しいときは全く連絡することがなくなるというなら、彼の仕事の場面場面で思い出すようなアドバイスを提示していけばいい。仮に彼が進捗の管理をしている人なら、進捗管理をする上でのいい方法や、注意点などを提示していくことだ。
または友達と遊んでいることに集中してほっとかれてしまうなら、自分を友達と遊んでいる場においてもらうのも一つの手だ。
または、ちょっとした小物を渡すのも手だろう。仕事や勉強に使うペンやノート、デスク周りを快適にするものを渡すことだ。
この方法は潜在的な効果がある。
意識的に思い出すことよりも、相手を無意識に思い出すから、知らず知らずに思い出してあなたのことを考えている時間が増える。もちろん、意識的に思い出してくれれば、連絡の回数も増える。
俺は結構この方法を重宝している。

注意点

ただし、これには注意点が3つある。

  1. あなた自身が相手にさらにはまってしまう
  2. 効果が表れるのに時間がかかる
  3. やり方を間違えると鬱陶しいと思われる

相手のために何かをしようとすると当然だが、自分が相手を考えている時間が増える。
それで相手への思いを自然と膨らませて、自分がさらに苦しくなるのは本末転倒だ。だから作戦を考えているときはあなた自身が楽しんでいること。そして、1つ、2つでは効果が現れないので、手数を多くしてほしい。
そして、その効果が表れるのはかなり時間がかかる。だから気長にまってほしい。
そして一番の注意点だけど、やり方があからさまだと鬱陶しいと思われる。自分から前に出て「友達と遊ぶなら連れてってほしい」なんていうと嫌がる人が多い。だから「何して遊ぶの?」と聞いて、「いいなー楽しいそう」くらいにしておこう。

総括として

温度差を感じているときに、それを埋めるのは簡単ではない。一緒に過ごす時間が多いカップルほど、相手の微妙な変化をとらえることができないものだ。
会ってない時間が多かったら、前回からの時間があいてる分、変かも大きく、気が付いてくれる可能性もある。しかし、人間は大きく変化を作ることがなかなかできない。なにしていいかもわからないだろう。
それでも温度差を埋めるにはあなた自身がまず相手のためになにができて、相手のプラスにどれだけできるか考えてみてほしい。それはあなた自身の魅力になるから相手のためだけでなく、自分のためも含めて考えて行動して。

西野カナ 『もっと…』

西野カナ 『もっと…(short ver.)』

西野カナの7th Single「もっと」は、ケータイ世代のカリスマガール・2ndシーズン第1弾最強シングル! 【「もっと」も収録!西野カナベストアルバム発売記念・特設サイトはコチラ!】http://www.nishinokana.com/5thyear/ 【「もっと」をダウンロード>>iTunes】https:/…

これがもっとも温度差を気持ちにした歌だと思うわ。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

男女の友情は成立しないのか|友情と愛情の狭間

FavoriteLoadingお気に入り

男女間の友情と愛情の線引きはどこから

愛情だけでなく、友情でも悩みが多いと思う。その中間で代表的なのは「男女間の友情は成立するのか」という愛情と友情の切ってもなかなか切れない男女間で揺れ動く情の世界。
先日、この男女間の友情は成立するのかという議題に対して、女友達と少し話をしてみた。その話の内容を交えながら少し「男女間の友情は成立するのか」について、話をしたい。
そして、男女間の友情をしっかり保っていくにはどうしたらいいのかも総括として掘り下げていこうと思う。

男としてみて、女としてみる

おれが長年連れ添った異性の友人との「デート」…………………………って、なんで「…」を続けたかって、「デート」という単語がすでに引っ掛かるからだ。
デートって単語は気になる異性と二人で出掛けたとか、男女で出掛けたらとか、自分がそう思ったらとか価値観がバラバラで、基準なんかなく、あくまで個々人の感覚だ。

仮に彼氏や彼女がいて「今日はなにしてたの?」と聞かれたとする。そのとき「友達と遊んでた」と「デートしてた」では相手のとらえ方は全然違う。

基準が違うから恋愛だって、男女間の友情だってぶれるのだ。(それが楽しみでもあるのだが)

ちなみに、おれは血の繋がってない女性と出掛けたら全て「デート」している。このデートって単語しかり、やっぱり異性としてみている時点でなにかしらのアクションが変わってくる。歩くスピードや食べるスピードなど。男女で対応や接し方が違うし、それは友人であれ、彼女であれ彼氏であれ、家族であれ違う。
そのアクションの違いがおこってる時点で、俺は相手を異性として見ている。

どこからが友情じゃなくなる?

仮に異性として見てはいても、男女間の友情の最大の関門である「恋愛感情があるか否か」という問題についてだ。
恋愛感情が生まれる瞬間は誰しも違いがあるし、きっかけとなるシーンや、なにかしらのアクションを受けての反応だと思うけど、男女の恋愛感情の産まれ方は一緒ではない。
男は目で恋をして、女は耳で恋をするといわれるように、そもそものベクトルが違い過ぎる。
男の方で例を出すなら、男はセフレ関係から恋愛感情が産まれることはほとんどない。十中八九体だけの関係で悩んでいるのは女の子の方だ。
ここが多くの女の子に理解できないとこだと思うけど、男としてはそれが普通だったりするから、セフレ関係から告白されると「男女間の友情を壊した」として引いてしまう。だから女の子も告白できないと悩んでるのだと思うけど。逆に、完璧に友人としてみていた男性に、いきなり告白されたり体を求められたりするとびっくりすると思うし、引いてしまうこともしばしあると思う。男女の違い、生き物としての特性や性質が互い過ぎる。

この狭間を意識、無意識に感じながら、超えてはいけない男女間の友情の一線に自分なりに線引きをしている。それが守られているから友人としての関係を維持して、男女間の友情が成立しているのだと思う。

一緒に暮らすことができるか?

ここで俺が異性の友人と話してるときに一番面白かった題材は、仮にこの先互いが結婚して、パートナーを互いに失ったとき、一緒に住むことはできないか?という話題だった。
この話題を振ったのは俺からだったが、最初は老後が寂しいとか軽い話しのつもりで振った話題だったけど、頭のなかで出した答えは斬新だった。男女関の友情が完璧に成立しているのなら、一つ屋根の下で空間を共にして「俺は友人を異性として認めつつも、それでも友人として一緒に住むことができるのか?」という疑問が生まれて「その時の感情は相手に対してどんなものだろう」という視点になった。

1つ屋根の下に共に住むとなると、それは一定の距離感を安定してとれる人でないと苦しというのは、俺だけでなく皆もあると思う。俗にいう「一緒にいて楽」というやつだけど、これは現時点でも友人に対して感じている。そして、今回の議題の男女間の友情もしかり。
気を使い過ぎないけど、完璧に抜くことはない。そのうえでどこかに楽しさが混じっている状態だ。で、これって付き合っている人たちもあると思うんだよね。愛し合ってるけど、どこか友達のように接してる面。

でも、屋根の下に二人きりだ。単なる友人だけでは絶対に過ごせない。ここに新しい視点が産まれた。

「友人として、そこには多かれ少なかれ愛情が混ざっているのではないだろうか?」

男女間の友情が成立するのは愛情と友情の比率

男女間の友情ってのは、愛情が先にうまれてから友情が後を追うのではないだろうか?という視点が生まれた。
卒業したり環境が変わったら連絡をとらなくなる友人がいる。それは別段嫌いだからではなく、友人の中で自分に気が合うか合わないの違いがあるのではないかと思う。
なにかあれば駆け付けたいし、相談にも乗るし、複数人で泊まり掛けの旅行にだって行く。そこには友情だけでなく愛情があるときと同じ行動ができる。

俺は、友人としての関係が保てるか保てないかは愛情と友情の比率の問題なのではないかと思う。

この比率が愛情が増せば付き合いたいと感じ、一緒に気兼ねなく楽しみたいと感じるなら友人としての関係で過ごせるのではないかと思う。

心ってのは安定していない

人間は心を安定させるのが難しい生き物だ。
弱くなるときもあれば、強くなるときもある。抱きしめて欲しいときもあるし、なんかイライラしてしまう瞬間は、友人であっても恋人の前であってもある。その場面場面で感じる心のぶれによって、目の前の相手にどういった感情が湧くかはわからないし、場面が違えば友人でなかったかもしれないし、恋人でなかったかもしれない。
だから、もし男女間の友情を成立させたいなら、心は常に固定しておかないとならない。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

年上の男性は本当にかっこいいのか?|かっこいいのではなく、知っているのだかも

FavoriteLoadingお気に入り

年上だからって、安心できないかもよ?

先日、ちょっと夫婦仲が冷め始めていると自称している奥様とお話をした。
かなりお綺麗なお方。どこに出しても恥ずかしくないといえ、能力や気配り、社交性も素晴らしく、趣味も充実しているようで、いきいきしていると感じた。「旦那がいなかったら…」と思う男性も少なくないと思う。
しかし、夫婦仲に最近悩みを抱えていると言い出し、細々と話しつつも「こんなはずではなかった」と言っている。

その理由は「年上だからと安心してしまった気がする。いま思うと安心感ではなく、ただ先に産まれただけかもしれない」と、これは強烈な一発だった。
旦那とは5つ違い、職場での結婚だったそうだ。

今回は奥様のお話を聞きつつ、こんなはずではなかったと後悔しないための「年上の男性の正しい選び方」を語りたい。

知っているだけだった

「年上の男性は知らない世界を教えてくれる」と感じて、人生経験値に多さに惹かれるのはわかるが、果たしてそれは「その人だからこその発見なのだろうか?」と疑問を投げかけてみてはどうなるだろう。
例を出そう。あなたは年上の男性とデートをすることになった。エスコートを受け、知らない場所に連れていってもらい、食べたことのない料理や、お土産をもらった。と、しよう。
ここで「うんうん。素敵じゃん」と思ったのなら大間違いだ。
それは年上の男性でなくてもできることだ。知っているというだけで十分にできるからだ。それこそ、年下だってできるし、同級生でもできる。

「知らない世界を教えてくれる」のよさってのは、自分の中に残る価値を教えてくれるということだ。
そこにはどうしても「発見」という別の視点を入れる必要がる。「発見」というのが誰もが気が付かないよさに気が付くこと。
これって、女性なら経験あると思うけど、自分の誰も気が付かないような良さをほめてくれる男性を素敵に感じるのと一緒で、その人にしかできないよさがあるのさ。それは年上や年下なんて関係なくて、お金や時間なんか関係なくて、その人自身が「どこを見るべきなのか」という感性があるかどうかなんだよね。
勘違いしてる人がいるから伝えるけど「知らない世界=行ったことのない場所にいく」ではないということ。

ちょっと調べれば出てくるような場所に連れていくなど、だれにでもできて価値はない。
大事なのは知らない視点や感性を教えて、物の見方を変えて、心への残し方を変えることだ。
なにも心に残らないなら、知らない世界に連れていくにはならない。

そのポジションにたまたまいただけ

今の旦那さんとは仕事場の上司として出会ったそうだ。社歴が長く、業務をなんなくこなす姿も魅力的に映るPOINTとなったのだろう。
しかし、奥さんはこういう。「社歴が長くて、少し経験があればだれでもできた業務だった。そう考えると、決して質が高いものでなく、入社したばかりの私が0点で、あの人が30点。その差が大きく見えたかもしれない」
これは十二分にあり得る話だ。自分がそのポジションについてみると「なんでこんな仕事にあんなにも時間がかかっていたのだろう?」と思ってしまうことは充分ある。
日本の会社は、実力や統率力でなく社歴や年齢で判断し、ポジションを与える。大した努力をしなくてもそれなりの年数がたつとポジションを与える。ここに新入社員や、若手の子がその姿を見ると、「できる人」や「頼れる人」と誤解を生んで惹かれてしまうのだ。
頼れる人というのに経験値は確かに大きなプラスを生むが、頼れないと感じる瞬間が来る。それは「互いが経験してないことを同時に始めたときに、前を走ってくれるかどうか」だ。
付き合ってからも、結婚してからも二人で同時に始めないとならないことはたくさんある。その時に風を浴びながらしっかり前を歩いてくれるかが本当の「頼りになル」になるのだ。

嫌いな場所でも楽しい

一番重要なのはここではないだろうか。
おれが自分の周りにいてほしいと感じる人は、嫌いな場所でも楽しく感じさせてくれる人だと思う。
人柄しかり、物の捉え方、安心感、充実感、信頼感。ここからが価値あるところじゃないかと思う。

楽しいところや好きなところに行けばそりゃ楽しいし、行ったことのないところに行くなら新鮮だし、新しいく強く記憶がうまれるから一定の刺激がある。
だけど、それはフィールドに頼っているだけで、一個人の実力とは無関係だ。

一番すごい奴は、なんのけない日常や、辛いとき、悲しいとき、どうしようもないとき、いく予定がなかった嫌な場所にいってしまったときに「あれ、居心地が悪くない」と感じさせることのできるやつで、それは「年上」が生むのではなく、一個人の能力や振る舞いやあなたを守るという「実力と思い」で生むものだ。

総括として

総括として、年上の男性の真の実力をしっかり見る必要がある。
立ち位置や、年齢の高さですべてが自分や周りの男性より上とか限らない。
実力ってのは、年齢関係なく、その人の努力と経験と視点で決まるのだ。

仮に年上と付き合ったらいつかあなたは彼から多くのものを吸収して追いついてしまうかもしれない。ともに時間を過ごせばそれは十二分にあり得ることだ。

そうなることなくあなたの前を走り続けてくれるだろうか。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク