これからモテたい人に│モテるために必要な考え方

FavoriteLoadingお気に入り

どうしたらモテるかわからないという相談を受けた

人生を変える相談だとおれのなかでその言葉を反芻した。

男性であれ、女性であれ人生においてモテることや言い換えると好かれることは物事を円滑に進めたり、人間関係を良好にする。個人的には好きで溢れたいところだ。

俺はとにかくモテたかった。小学校5年生からこの思いを秘め、女の子に接したかった。

そして、モテることに分類されるのでは?と自意識過剰になるほどに、女の子に告白されてきた。

どれほどと言われると難しいしモテる奴の中のさらにモテる奴に比べたら対したことはない。

「女性関係で大満足する」程度だ。

俺はどうしてもモテたくて長年の研究と観察と努力を続け、学び続けることでここまで来たけど、モテない人からすると、どうしたらモテるかわからないというのが本音だろう。

今回は「モテる」についての俺の考案をまとめた。

モテようとすることに多くの人が抵抗がある

多くの人がモテたいと思っているはずなのに、「モテるために努力してます」という人に会ったことがほとんどない。ここで「努力してます」と言ったのは、願望として「モテたい」と思ってる人はたくさんいたが、「そのために努力してます」と実践的に学んでいる人がほんの一握りしかいなかったということだ。

それはなぜかって、モテる努力をしてるのがバレるといい印象を与えないと錯覚するからだ。

他者の心内を言葉にすると「それで努力してるの」「うぬぼれるなよ」「お前には無理だから」と否定的な視線が飛んでくる気がし、恐怖心と自意識が発動するから。
モテるのは容姿がいいやつでないといけない!みたいな特権空気を感じるのだろう。

そして極めつけは「モテてどうするの?」という嫌らしさとか影を感じるからだ。

モテたところでその中の一人を選べば、その他の人達は恋愛感情をフワフワさせて、中には傷つく人もいる。またはモテることをいいことにヤリ捨てする奴や都合よく使うやつもいるだろう。
モテることでのよさは、一種の魅力をあげることだけど一人を選べばその先にたいした意味はない。
付き合ったあとも一緒だ。
恋人がモテたら浮気されるのでは?とか、人の恋人を取ろうとするやつもいる。

だからか、モテる努力をするのは正統な自分磨きにも関わらず、否定的な視線を受けるのだ。

しかし、努力ってのはそもそも裏でするものだ。
「努力してます!」なんて表現するのはダサさの極みだ。だからここで必要なのは裏では「おれはモテるために必要なことをするぜ!」と意気込んでやることで、後ろめたく感じないことだ。
大事なのは「モテることの正しい使い方」だ。

モテるために一番手っ取り早い方法

「モテるやつと付き合うのが一番手っ取り早い」といろいろな指南書に書かれていたり、そんな記事や意見を聞く。これは間違ってないと思ってる。モテるやつにはその理由があってコピーすればあっという間に異性を近くに感じることができる。
しかし、これはモテることとまた別に難しいと思う。

その最大の理由はモテるやつと友達になれないからだ。

モテる奴はモテるやつとつるむ。その輪に入るのは簡単ではない。そして、モテないやつは「異性に興味がない」オーラを纏ってるように感じるから、合コンやなんかしらの会を開くときに声をかけてもらえないのだ。
お互いに遠慮してしまっている形になる。

では、いまの自分を囲んでくれる友人の中でモテるやつを探せばいいかと言えば、それも的を得ていないことが多い。
圧倒的にモテるやつのモテ具合をみたら自分の世界が狭すぎると感じるだろう。
自分の世界観に収まってもっと上を見ないのはもったいない。

では、どうするか。

モテるやつと友達になれないならあなたのスタイルを作るだけだ。
そもそも、スタイルを全て変えることはできない。
自分の好きなものを捨てることはできないし、嫌いなものを好きになるのは難しい。そして無理して変えて、そこに惚れられても続かないから息苦しくなるだけだ。
だから、変えれる一面を変えて、魅了すればいい。

モテるやつは「当たり前のことを当たり前にやっている」やつが大半だ。言葉巧みに相手の気持ちに訴えかけたり、テクニックを多用して心理的に揺さぶりかけてる人ばかりではない。
誰にでもできることを当たり前にこなす。

モテる奴の振るまい

モテる奴とモテない奴の決定的違いの1つは人と接することや、物事にたいして当たり前にこなしていくか否か。

そこには「自信」があると簡単に言えるけど、自信は簡単に身に付かない。

だから「当たり前」と意識することは心構えとしては簡単だ。

キーワードとして表現するなら「◯◯して当たり前」という形に当てはめること。
だれでもモテる奴になれる理由は、どんなに優しくしても当たり前で、その上を目指す。仕事が凄くできても当たり前のようにこなし、上を目指す。

仕事ですごい結果をだしても当たり前。
優しくするのも当たり前。
ファッションセンスを磨くのも当たり前。
挨拶するのも当たり前。

この当たり前の心掛けが重要なのだ。

モテるかモテないかの基準

モテる、モテないの基準は難しい。ルールが確立されているわけではないし、国で決まった基準があるわけではないからだ。
恋愛は定まっていることがほとんどない。
それでもあくまで「目標」として、これから「モテる」を目指していく人のために定義づけしておきたい。

「異性に告白されること」は一番の判断材料になるがここまでくると容易ではない。

特に、男性は女性に告白されるなどそうそうおきるものではない。女性は告白を受けたい生き物だから。
女性なら告白をされてきたか否かで、男性の場合は1個のキーワードを基準としてほしい。

それは

「◯◯さんはモテそうですよね」

という言葉(これに類似しててもいい)

ただし、「おれってモテそう?」などと、聞いてはダメだ。一気に引かれる。あくまで会話のなかで自然と向こうから言われたかどうかで判断すること。

男性はこの言葉を言われるか否か。
女性はしっかり告白されること。

これらを目標に頑張ってほしい。

モテるの正しい使い方

今回は振るまいやこれからモテるための準備段階を書いたけど、ここで注意。
モテることをいいことに、相手を手玉にとって深い傷を負わせるようなことをしてはならない。
「こいつを俺に惚れさせよう」と思うのは、自分が好きで、どうしても付き合いたいときだけだ。
それ以外はあくまで探りで、相手を知ることや、自分と合うかのすり合わせで、あなた自身が自分のスタイルを貫いているだけにしないだめだ。相手を知ろうとする過程で相手がこちらを好きになることもあるだろうし、自分に合わないと感じて身を引くこともあると思う。それは恋愛関係を築くうえでよくあることだ。

だけど意図的に恋愛感情を引き出したあと、相手を傷つけることも、利用するのもよくない。それは最低の行為だ。

勘違いしないでくれ

モテるってのは大きく分けて二種類あると思っていて、さらに立場によっては勘違いすると人がいるから忠告しとく。

モテる二種類のうち一個は高嶺の華として、本当に素敵な人。そして重要なもう一種類は、誰でも捕まえられそうなちょろい奴。ある種「自分に興味があるのか?」と思わせるのはいいアプローチをしたように思うかもしれないが、告白されてすぐに振られるなら「勢いでした。捕まえたとたんに、対した価値がないと思いました」である。
自分はどっちか判断してほしい。

そしてもう1つは立場の勘違いだ。
上司や先輩という立場にいる人は、なにをしてもらっても愛想笑いの、お世辞がほとんどだと思ってほしい。
よくある例をあげるなら、LINEを交換したくないのに断ったあと気まずくなりたくないから交換するし、交換してしまった以上は当たり障りのないように返事をする。それらに気づかないで調子にのる男が多い。

「セクハラって言われないんだから受け入れていると言うことだろ?」
って考えならその考え方がセクハラ思考だ。
怖くて言えないだけだ。セクハラされてたとこも知られたくないし、そのあとの報復が怖いんだ。

人間ってのは簡単に受け入れてもらえないものだ。
心の距離を詰めていくのはエネルギーを使うし、一緒にいられる時間も限られてる。
それでも、モテる奴は心の壁を突破する能力に長けていて、身を引く潔さもある。

重要なのは自分の立ち位置を正しい位置におき、一歩進む努力を重ねることだ。
FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

親に反対される恋愛は続けていいかについての考案

FavoriteLoadingお気に入り

先日、こんなご相談を受けた。

親に今の彼と付き合うことを反対されてます。彼の良いところ悪いところ、様々な面がありますが、cloverさんは親に反対される恋をどう思いますか?

ご相談についてのおれの考案をまとめました。

一番最初にダメだって思った存在

おれが一番最初に思ったのは、否定されたら男の存在。
相手の親御さんを納得させる材料や人間力がないってのがすでに引っかかる。
雑に言えば、ちゃんと働いていて、健康的で、愛想もよく、バツイチだったり、子持ちだったりせず、彼女をしっかり守って幸せにするという意思を示しめせれば否定されることなんかないのでは?と思う。
事態はそんなに単純じゃないとか思うかもしれないが、難しくだってない。これ以上の条件なんかつけてきたらそんな親は子供の幸せを願ってないと言ってもいい。

上に書いた条件なんてなんにも難しくない。「探せばいる」程度の条件だ。

なにより、自分の恋人が自分の未熟さで苦しんでいるのだ。それを黙って時間が解決してくれるなんて思ったら大間違いだ。
これだけ嫁姑の関係がよくないと社会問題になっているのに、お前が仲立ちあいしてもらって、彼女を苦しめるなと思う。

好きってのは全てを解決しない

おれが恋愛をするなかで気を付けていることは「でも好きだから」となんでも正当化してしまうような解釈をしないようにすることだ。
好きだからといって、間違っていることが正しくなるわけではない。間違いは、間違いなのだ。
周りが別れた方がいいと言葉にして伝えてくるなら、それは冷静な立ち位置での判断だ。間違ってない可能性は高いと思う。

ここから先はそれを前提に読み進めてもらいたい。

親は子の味方である

好きな人を否定されれば、誰でも気分が悪くなると思う。それが親御さんなら当然だろう。一番認めてもらいたい人に否定されたらイライラもすると思うが、絶対にイライラで返してはいけない。
親はどんなときでも子の味方だ。幸せにしたいと思った期間は恋人よりはるかに長く、その思いは誰よりも強い。
だけど面白いことに、どんな人を連れてきても否定する親がいる。まるで、1回は必ず否定することを決めているかのようだ。

恋人より親をとる人はやめたほうがいい

と、いっても親をとるのも一概に正しくない。世の中の風習的に恋人の立ち位置は親御さんより下だ。どうしても親御さんの顔色を伺ってしまう。「気にしなくてもいいよ」なんて言われても、あっさりした切り返しはできない。そんな単純な解釈ができる立ち位置にいない。
だからこそ、親御さんの指摘が「正しいかどうか」の判断をする必要がある。

以前、テレビで結婚を申し込みにご挨拶に行った男性がいた。その時はお母さんが男性を否定していた。その理由は「私、娘にはジャニーズ系の子と結婚してほしいから認められない」と言っていた。これはふざけんなって思った。あんたのタイプが、子のタイプではないのだ。
しかし、仮に結婚の承諾を得にきて「仕事してないです」なんていうなら否定されても仕方がないと思う。
苦しめる要素を減らすことが、相手を説得するうえでの大前提の条件だ。

一番に選ぶべき人

実例として、うちの従兄弟の話をしよう。

うちの従兄弟は実母に今の奥さんとの結婚を反対されていた。その時の実父が従兄弟に伝えたことはこんな言葉だった。

実父「おれは転勤が多く、長く家を空けてあることが多かった。その間、身を粉にしてお前を育ててくれたお母さんと向き合って、お前側に立つことはできない。お前が恋人を守るのと同じように、俺はお母さんを守る。お母さんが反対なら俺も反対する。結婚を認めてほしいなら、お母さんを説得しなさい。説得できずに強行で結婚するなら、2度と帰ってくるな。」

100回振られようが200回振られようが、親は親だ。
結婚したあともなにかあれば頼ってしまうこともあり、自分が親になれば子を思う気持ちも身に染みて理解できると思う。そうなれば自分の宝である子供の恋人が未熟なら否定したくもなる。
親は選べないが、恋人は選べるのだ。ときには恋人に別れを告げることも必要かもしれない。
それでも恋人を選ぶなら守ってあげる必要もあり、悩むことはない。中立的な立場にいるなら親御さんを説得すること。

理由にもよるなんてふらついたまとめになって申し訳ないが、おれは従兄弟のお父さん(おれからみたらおじさん)が最後まで奥さんの味方でいようとしたように、愛する恋人の味方になることが一番の選択なんだと思う。

そして彼には「相手の親御さんも口説いてほしい」と思う。
あなたが彼女に愛されたいが一心で頑張ったように、親御さんにも認めてもらえるように必死になってほしいと思う。
FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク