絶対に見返したい|見返したいという気持ちをぶつける方法

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

見返すために必要なこと

これまでの恋愛で辛い経験をした人ほど「見返したい」って気持ちになることがあるんじゃないかな。悔しいとか、悲しいとか、自分への態度、接し方、別れ際に吐き捨てられたセリフ、浮気をされてた、都合よくつかわれていた。そんなときに見返したいと思うことは別に不思議なことではなくて、俺も思ったことがある。
でもネットでサイトを「見返したい」開いてみても、誰かに「見返したい」って相談をしても、「絶対時間の無駄だからやめときな」とか「そんな心でいても自分が廃れるだけだよ」とか言われるのが多くの意見だ。俺も経験的に、いつからか見返したいって考え方は恋愛ではなくなった。これは経験的に失恋して凹んでいるのがあまり意味ないと感じるようになったからだともう。だけど「見返したい」って気持ちは結構経験的にはいいと思ってる。なにより、怒りのぶつけるさきが生まれるのはいいことだ。振り返ることもたくさんあるし、人の気持ちを考える事も、自分を磨きなおすこともできる。今回は見返したいという人を応援したい。

見返したい人の心理

見返したいという心理は負のエネルギーが基本だ。極端にいうと復讐で、恋愛でいうと承認欲求が不足している状態だ。相手が自分の意志に反して離れたのだから当然のことだろう。
満たされるには承認欲求を深める必要がある。仮に振られたなら復縁しないと心は安定しないだろうし、遊ばれるだけ遊ばれて自分を雑に扱ったと感じるなら精神的に後悔させたいって思うのは別に珍しくない。だったらまずは動き出せばいい見返したいって気持ちを復縁や魅力の向上にぶつけることだ。相手の気持ちを何かしらの形で自分に向けるのは簡単なことではない。それでもやりたいならやるしかない。

目標の設定

相手からの承認欲求を満たすためにはなにが必要かは本人しかわからない。
俺の経験を話すと、見返したいって感情から復縁したいと感じた時はとにかくもう一度付き合うってのが目標だった。かなり苦しかったが、それ以上に自分に意識が向いてないという現実が悲しかった。男性から女性に復縁をしかけるのはかなり成功率が低いのもわかっていたし、実際諦めようと思ったことはある。日々どこかで思っていた気もするけど。
しかし元カノと復縁したときは、すぐに冷めた。俺の中では復縁したいというより、ただもう一度こちらに意識を向けれることができれば満足するんだと知った。設定する目標が必ずしも自分の満足するものとは限らない。しかし結果的にいうと俺は得るものが大きかった。

見返したときに得たもの

当時、見返したことに成功して得たものは以下だ

  • 自分を抑える忍耐力
  • 相手にとってなにが正しく、どういう気持ちかを知る能力
  • 短時間で必死になれば大きな成長ができること
  • 他者が自分をどう見ているか

見返して復縁したいと考えた時に周りに意見を聞くと必ずこういわれる。
「絶対に時間の無駄だからやめといた方がいいよ」だ。自分が思っていることを受け入れてもらえないってのは正直しんどかった。誰も味方がいない気がした。でも相手にも別の視点がある。意見が違うのは当然で、結果的にこの意見は間違っていなかったともいえる。復縁してもすぐに別れたからだ。
これは自分だけでなく、相手の感情を知るって意味でもいい経験をした。自分が正しいと思っていることが全然違った意見もあると、人の意見に耳を傾けようと思えたからだ。
それでも必死になった。自分を変えないと絶対に振り向いてもらえないと感じたからだ。自分磨きを必死になり、周りの自分への評価も大きく変えた。そのときえた経験はいまでも生かされていると思う。いままでなんとなく生きてきた自分にはなにが足りないのか知るきっかけになったからだ。

思い通りにいかないときもある

復縁に成功したときは良かったが、成功しなかったときもある。その時も見返したいと思ったものだ。
それでも取り返すことはできなかった。このとき俺が得たものは付き合っているときにいかに別れないように全力を尽くすかということと、人がなにかに夢中になっていたり、必死になっているときは周りが見えなくなるってことだ。
付き合いたてはなんでも許せるって魔法にかかるのは間違っていないし、俺は復縁に取りつかれた。周りの「やめときな」って意見は薄く心に残っているだけで、たいした方向転換にならなかったと思う。
いまこれを読んでいる人もそうかもしれない。なにかに取りつかれて、方向転換がきかないと思う。しかし、うまくいかない現実あるということを念頭に置いて、どこで身を引くかもしっかり考えておいてほしい。
冒頭でも言ったけど、「見返したい」ってのはマイナスエネルギーだ。取りつかれると周りが見えなくなって、へとへとになる。いままでは友人と遊んでいた時間も別のことに充てるのだ。その前提に「見返したい」ってのがあるなら、負の感情にとりつかれて擦り切れる。それがこれまで周りにいた人にも伝染するってことはよく覚えておいてほしい。

応援したいって思う

俺は恋愛でも人間関係でも関係的には良好で幸せな関係を築くってのが大事だと思っている。
見返したいって思う人はそこからかけ離れているって思う。「それでもいいからとにかく…」ってのが心境だろう。その裏に「実際はまだ好きで、帰ってきてほしい。自分を大切にしてほしいと思ってる」ってのはあってもいい。しかし中にはその「まだ好き」ってのも周りに言えない人が多いと思う。「あんなことされたのにまだ好きなの?信じられないんだけど」と身近な人に言われるのがわかっているからだ。
でも、それでも自分の思う通りにやりたいってのは別に不思議なことではない。
やれるだけやって、ダメならだめでいいんじゃないかな。無駄な時間とは思わない。得るものは必ずあるし、人生の経験になる。寧ろ、追い込まれて必死になるなんていいことじゃないか。頑張って突き進んでほしい。

関連ページ

本当にその人と復縁するべきか|後悔しないための判断基準

本当にその人と復縁するべきか|後悔しないための判断基準
多くのものを見て、感じて、判断する上で好きという感情は冷静さを失わせ、客観的な判断ができなくなるものだ。人間は感情で判断することが多い。必要なものより欲しい...

片思いを言葉で諦めるおすすめの方法をまとめたよ|報われない片思いは言葉で諦めよう

恋愛での正しい自分磨きをちゃんとわかってる?|恋愛というフィールドの自分磨き

もう、その恋はあきらめるべきなのかもしれない。判断ポイントをまとめたよ。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

いままでお願いしたTwitter恋愛アンケートの一部をまとめてみました

FavoriteLoadingお気に入り
これまで、皆さんに協力いただいたアンケートを一部まとめてみました。

自分の考えを変えてみたり、新しい価値観を生んでみるのにはかなり参考になるかと思います!

最近はあんまりアンケートをしてなくて申し訳ないです。

これを機に、またたくさんのアンケートをして盛り上げていきますので、どうかご協力ください!

♣clover♣ on Twitter

付き合っていた人に振られたとします。 どれくらい引きずりますか? 直感で答えてね。

♣clover♣ on Twitter

どこまでいったら浮気ですか?

♣clover♣ on Twitter

今の恋をどこであきらめますか?

♣clover♣ on Twitter

告白もできず、遊びにも誘えず、電話もできず、LINEをちょっとして諦めて後悔した恋はどれくらいありましたか?

♣clover♣ on Twitter

一番いい告白の仕方を選んでください。

♣clover♣ on Twitter

基本的な皆さんのスタイルを教えて下さい。 自分から振って間もない元恋人からの連絡に対する質問です。 連絡は『①?②?③?④?』

No Title

No Description

♣clover♣ on Twitter

あなたは今恋人のことを少し重いと感じています。そんなときに以下の質問をされました。なんと答えますか? 「俺(私)のこと好きならもっと優先してくれてもいいんじゃない?」

♣clover♣ on Twitter

いままで自分の努力で、昔よりモテるようになったと実感したことがありますか?

こうやってみると、みなさん悩みも考えもバラバラですが、きっと幸せに向って走っていることは確かですよね。

是非、新しい自分を手に入れて、素敵な恋をしてください!

また、「こんなアンケートをしてほしい!」というのがありましたら是非、連絡ください。私がやります!
 

 

またまとめたのをアップします!

 
FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

恋愛のテクニックは本当に効果的なのか?ということに対する私の経験と世間の反応。

好きな人に振り向いてもらうためにも、自分に気を引かせるためにもやるべきことは大きく分けて二つ。

・自分を磨いて、向こうから自然と振り向かせる

・恋愛の心理的テクニックを磨いて、意図的に自分の方に振り向かせる

この二つの手段しかない。矢印がどちらを向いているか想像してほしい。

 

自分の外見を磨くことは正直言って簡単だ。

 

・痩せる

・化粧を変える

・髪型を変える

・服装を変える

・背筋を伸ばす

・体型を変える

 

これが自分の外見磨きだ。

限界はあれど、一番わかりやすく自分を表現して、視覚的に相手にアピールできる。

 

しかし、多くの女性に同意してもらえると思うが、男性は他者の変化を敏感に察知することができない。鈍感とは男性が生んだ言葉だと思う(…たぶんだけど…)

「自分の変化に気が付いてほしい」という女心を理解している男性は多いが、実際に変化を察知することができなのである。

 

それはなぜか。

 

ずばり興味がないからだ。

 

男性の中にも多くの人に気を配って、微妙な変化を察知する人はいるが、それはごく一部であり察知してくれても言葉にしてくれるとは限らない。外人さんみたいに「it’s beautiful!!!!!!!!」なんてかっこよくいう男性は本当に少ない。白い歯も見せない。

男性は臆病だ。絶対的な確信がもてないなら言葉にしない。伝えるという手段をとらない。臭いセリフを吐くことは大きなリスクを背負うからである。気持ち悪いと思われたら凹んじゃうのだ。

 

見た目を大きく変化させても大きく恋愛面で徳がなかったと思う女性に最初のアドバイスだが、男性は臆病だ。変わっていても気が付かないのが基本で、気が付いても言えないのが本当のところである。あなたが自信を失う必要はない。逆に女性は同性をもめる生き物だ。あんまり当てにしないのがいいかと思う。

 

しかし、そうはいっても恋人は欲しい。それはだれしも一緒である。好きな人を捕まえて、一緒に手を繋いで、意味もなく連絡して、理由もなく会って話をしたい。そんなことは誰でも一緒である。妄想だけでは埋められない欲望がある。

だったらもう一つの手段しかない。

 

なぜ、テクニックに抵抗があるのか?

 

では、もう一つの「意図的に自分に振り向かせる」はどうだろうか。

 

多くの人が興味は会っても、その効果を実感できないだろうと思う。

理由は単純に目に見えないからで、ダイエットほど効果をはっきりと確認できないからである。

 

しかも、純粋な人ほど恋愛のテクニックには手を出したがらない。

なぜかといえば、策士と感じて、相手を騙しているような感じがするからだ。

少女漫画や恋愛ドラマ、お姫様に憧れて育った女性ほど、恋愛のテクニックは「詐欺」として黒々しく写ってしまうものだろう。

純粋な恋愛をもとめるからこそ、抵抗がある。

 

しかし、男性の本音を言わせてもらえば

 

「化粧ほど詐欺なものはない」

 

ってのが本音だ。

これを言っても化粧をやめようという人はいないに等しい。

結局は、自分が納得しているかどうかだ。

女性の場合は、化粧をするのがマナーって面もあるから大変であろう。自分の素肌に自信があっても、無理やり化粧をして落とさずに寝て次の日朝日と共に、沈む……あら…

 

では、付け加えていうが、私は車に酔い止めと、ひざ掛けをおいている。

定期的に洗っているし、賞味期限には気をつけて暖かい時期は回収している。これを聞いて私を「優しい人」と思うか、「策士」と思うかは人それぞれだが私はこれを恋愛の書籍と経験で学んだ。自分が他者の車に乗ると酔うことが多かったので、常備しておいた方がいいと思ったからであり、冬場は足元が冷える。だからひざ掛けを置くという手段を学んだ。

 

これは人にたいする気遣いのつもりだが、これで「優しい人」と思ってくれたら単純に私自身は嬉しい。

そして結果的に、私に好意を寄せてくれる人がいた。これを理由にだ。

 

これを考えると、気遣いのつもりでやったことが「策士」になるならもう、気遣いもなにもない。狙った優しさをできないなら、電車で席を譲ることもない。

 

この堂々巡りに終止符を打つには二つ

自分が受けになる側なら:「相手を信じることができるか」

自分がテクニックを使う側なら:「使っている恋愛テクニックの裏にはどういう考えがあるか」

この二つを考えればいい。

 

では、意図的に振り向かせるのことの効果は?

 

私の見解と、経験、友人や知人の話を聞いて総括すると、恋愛のテクニックは効果的である。

その効果はなにもしなったよりかなり大きい。

まず、知って、使っているというだけで「自信」が生まれる。これでもう恋愛をうまく進められるという自信だ。

 

今まで我流でアピールしてなにも成果がなかったのなら、なおのこと身に着けたほうがいい。

人間の感情はコントロールできる。自分恐怖心を和らげることもできるし、他者を笑わして明るい感情を引き出すこともできる。

 

そう考えると、相手の恋愛感情を引き出すことも可能なのだろう。

 

 

 

テクニックの使いどころを学ぶたった一つの方法

 

多くの恋愛書籍が出回り、身に着けるのが楽しくなるようなテクニックや、考え方、自信がみなぎる振る舞いを知っても、効果があったためしがないという人がいる。

確かに効果があったというのを結果だけで判断するなら「付き合うことができた」という事実があったかどうかが判断材料になるだろうが、最後に肝心なことを忘れてしまっている。

 

 

本番で結果を出すには、練習をするしかない。練習あるのみ。

 

本番で結果を出す人の多くは練習を積んで、失敗を試行錯誤し、何度も何度も傷ついて血反吐を吐いているから結果が出せるのだ。

そうやって練習を積んで、本番にのぞんで、臨んだ結果が「敗北」だったのならまた練習をするのである。

 

私が思う「練習」についてだが、ここでは日常生活をさしている。

モテる人というのは、日常生活の動き方や考え方が違う。できるだけの気遣いをしている。恋愛のテクニックを駆使して、自分を売り込んでいるし、それが相手に心地よさを生むためにも応用可能だからだ。

 

この日常生活での実戦経験をつむことの大切なことは本番での「緊張」をなくすことができるからである。

恋愛の書籍を読みあさってなにも結果が出ないという人は、そのテクニックに執着して「緊張」を生んで「ぎこちなさ」が漏れてしまっている。

 

これをやれば完璧、これをやれば完璧、これをやれば完璧。

 

この思考が頭の中でぐるぐる回って、不自然さを生んでしまっているのだ。

 

せっかくのデートのチャンスや、アピールのチャンスを生んでいるのに、不自然さが出て、逆に心が離れられてしまっては話にならない。

練習を積んで、体が反射的に学んだ言葉や、行動や、視線、表示を出すことができるようになるまで繰り返し繰り返し練習することだ。

心地よさを生んで、その中で恋愛のテクニックを使うのが効果的なのだ。
FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

尽くすと、与えるの違いを把握しないと、いつまでも相手は甘えてくる

 

あなたは尽くすタイプ?って聞いている会話をよく聞きますが、そもそも尽くすってなんですかね?

と思います。

 

今日は尽くすと、与えるの違いを明確にします。

その上で、自分の恋愛がどっちなのか把握して、さらに相手はどちらをしているか考えてみてください。今回は尽くすの悪循環で話を終わりにします。

 

まず、与えるというのは見返りのない行為。つまり無償で行うことであり、自分を犠牲にしている感覚のないものです。

一言でいうなら「愛」です。

 

愛しているから与えるのであり、見返りはないものです。

よく聞くのはお母さんが赤ちゃんにする行為を言いますよね。これは無償の愛です。

 

次に「尽くす」というのは、よく聞く言葉で「ベストを尽くす」というのがあります。

これって部活の試合とかでよく聞きませんか?できなくてもいいから、しっかり最後までやること。

自分の中の限界を一歩でも超えていくという行為を言います。

ここで気ついていただきたいのが、尽くすということばから出た、「限界」という言葉です。

限界は皆さん日々の生活の中で感じたことがあるかと思いますが、超えるってかなりしんどいですよね。超えているかも正確にはわかりません。

 

「これが私の限界だ…」と感じるまでやってしまうものだからです。

 

さてここで、尽くし過ぎは本当にいいことなのか?という点に焦点を置くと以下の内容になります。

 

尽くすというのは自分の時間を使い、労力を使うことですから自己犠牲といっていいかもしれません。

でも、本人は犠牲になってるつもりなんかなくて、ひとつの楽しみとして尽くしている可能性もありますね。

だけど心の中ではもっと好きになってほしいとか、嫌われたくないという心理が働いている可能性があります。

これは完全に尽くすです。

先ほども書きましたが、愛とは無償で与えるもの。好きになってほしいというのは完全に見返りを求めています。

これでは与えていることにはなりません。

さて、さらに一歩尽くすについて落としていきます。

ちょっと注意してほしいことがあるんですよ。

それは、尽くしているあなたが好きなのか、それとも尽くしてくれて得た「もの」が好きなのか。というこの2つの面があるということ。

尽くしてくれるなら正直楽です。楽というのは安心の一部ですから、居心地はいいし、離れることは基本的にないです。

ただ、その行為を自分以外の人がやったとき、果たして相手はどう感じるでしょうか?

もしあなたのことをちゃんと思ってくれている人なら、お返しをしたいと思います。
ただ、してくれた「物」や「事」にたいして嬉しいと感じているなら、お返しなんてきません。
当たり前ですが、感謝もしていません。

感謝というのは人にするのです。物に感謝をすることはありません。

 

最後に、甘えん坊ができあがります。

なにもせずにものを手にすることができなら人間はなにもしません。頑張ることがなくなります。簡単に手にはいるのですから当たり前です。

 

そして、なんでもお願いするという手段だけ覚えます。

 

そして悪循環が生まれます。

 

1、好きな人に尽くす

2、好きな人はモノを手に入れて喜ぶが、感謝がないから相手(あなた)に返さない

3、返してもらえないから、さらに何かを与える、尽くす。愛情をなにかで証明してほしいから

 

満たされるまでこの行為を繰り返し、相手はなにも苦労することなく生活ができてしまう。

これで相手はどんどんつけあがり、相手は甘えるだけの人になる。

 

これが、尽くすことを繰り返し続ける人の悪循環です。

 

いかがでしたか?

 

無理に何かを与えても、なにも返してくれませんよ。

 

あなたの人生は、あなたが守ることが必要ですね。

 

では、また次回に!

スポンサーリンク

恋愛で後悔しないためにバレンタインで学ぶ反省点 終わって一安心…なんてしてられないのが恋愛ですわ。

バレンタインが過ぎて、皆さんの中には今日渡したって人もいるでしょう。

スケジュールの関係で今日になってしまった人も多くいるかと思います。

 

終わって一安心…なんてしてられないのが恋愛ですわ。

 

今日は今後のために反省しましょう。

 

 

さて、皆さんバレンタインは渡せましたか?

 

「渡せてないです…」というかたもいるのではないかと思います。

 

その理由は?

 

「会ってもらえなかった…」

 

ってのなら大問題なんですよね。

理由があったならわかります。

 

・予定が合わなかった

・相手に恋人がいた

 

ならいいとしましょう。

 

でも、ただ会ってもらえませんでした。というなら本当につらいお話になりますよ。

 

さて、なんで会ってもらえなかったでしょうか。

 

一生懸命作ったバレンタイン。

作った人はもちろんわかりますが、手間と労力がかかります。精神的にも結構来るかも。

なんでかって、相手が気に入らないものを上げたくないし、好意を形にするわけですからそりゃ神経擦り切れます。

 

 

で、これは男性もわかっています。なんとなくだったり、しっかりとだったりと程度の差はあれどわかっています。

 

 

分かっているのにも関わらず会ってもらえないというのは…

 

「相手を傷つける可能性を大きく秘めているのに、自分の時間を割いても会うまでの人ではない」という存在です。

 

結構きついですね。

 

ここからが問題です。

 

それを認めたうえで、自分が今後好意を寄せる人とどういった関係の作り方をしていけばいいのかということ。

 

まず、友人になってください。

 

スゴイ当たり前のこと言っていますが、友達になるのだって簡単じゃありません。

 

 

話しかけたり、連絡をとったり、2人であったり、電話したり。

 

そういったことを普通にできるような関係になってください。

 

多くの人の会ってもらえなかった人がそうかもしれませんが、十分な関係ができていないのに渡そうとして約束をこぎつけようとしています。

 

 

「バレンタインを渡す」ことが目的ならいいと思います。

 

ただ、

 

「好きな人と両思いになりたい」

 

ということなら今ではないというときもあります。

 

これをきっかけに関係を発展させたいなら、その前段階をある程度関係を作っておくことも必要ですよね。

 

バレンタインは特別であっても、2人の関係の中ではそうでないかもしれません。

 

ただ、最後に

 

バレンタインは自分の思いを言うためのきっかけを与えてくれる特別な日です。

 

男性は会ってほしいといわれれば、それは相手が一生懸命になっている瞬間というのを理解しています。

それを「めんどくさい」、「なんで俺が…」こんな理由で会おうとしないのであれば、そんな人はもう忘れていいのではないかと思います。

 

人の思いを大切にしない人です。

 

人を大切に思ってくれる人を見つけて、幸せになってくださいね。

 

では、また次回に!

スポンサーリンク

相手に迷惑をかけたくないから、なにもしないのは正解なのか

「いきなり電話すると、迷惑だと思ったのでしませんでした」

「プレゼントあげようと思ったんですけど、なにをあげたらいいかわからないし、相手の好きなものじゃないと迷惑になると思ったので、あげませんでした」

 

この「迷惑になるからしませんでした」系の考え方をたまに聞くのですが、はたしてそれは正解なのか?

 

 

正確にいうなら正解なのかはわかりません。

 

恋愛において、なにが正解なのかは受け手の取り方次第。その受けてのとり方次第というのは「気持ち」がどういった反応をするかってことですから、正確にはわかりません。

 

ただ、「迷惑」というのも、「喜ぶ」のも、それは受け手の反応ですから予測して動くのはわかりますが、「やってみないとわからない」ってのが現実で、もしかしたらプラスになるかもしれませんし、マイナスになるかもしれません。

 

問題はここなんですよ。

 

相手からアピールされないなら自分からするしかない。自分で行動してプラスを作っていくしかない。

 

では、プラスを作るには「自ら動くしかない」ってのが大きい。

 

最近、多くのTwitterの恋愛のツイート見るのですが、見ていて思うのは

 

 

 

・嫌われないようにアピールする人がものすごく多い

 

 

↑これですわ

 

アピールの仕方は人それぞれ違うと思います。

人それぞれ、持っている魅力が違いますからね。

 

でも、どんな魅力を持っていても、アピールが本当に相手の顔色を窺いすぎていると思う。とくにタイミングってやつ。

 

ただしいタイミングってなんだろう。。。

 

 

そして、仮にアピールしていても、相手は気がつかないものである。

人が何かをしたら必ず気が付く人ってたぶんだが、いない。してもらったものすべてを把握して、全てに何かを感じるというのは、不可能である。

 

だから恋愛でアピールをするなら「大胆に」アピールする必要がある。

 

相手の顔色をうかがいながらないかをしても絶対に気が付いてもらえない。

 

ただ、自分勝手にアピールしていたら嫌われてしまうではないですか。という意見があるが、嫌われるのが嫌で一歩をが前に出ないのは、一時的に傷つくことを恐れて、生涯幸せになるチャンスを逃している。

 

「生涯幸せ」

 

この言葉を↑みてください。

 

これを手にするのが、なにもリスクないと思いますか?

そんな簡単に手に入るわけないんですよ!!!

 

どんな場面でやらないとならないことは変わるし、正しいことをしても怒られることもある。

 

だから容易ではないんですけど、恋愛はもしかしたら生涯のパートナーを手にするチャンスかもしれないじゃないですか!

 

傷つくならそれは愛ではない!

 

では、また次回!

 

 

スポンサーリンク

男性の第一印象のグループに分けについて知ってみたくない?

最近、第一印象についていろいろ調べてみたんですけど(自分の印象を知って、変えたかったので)その中で男性の第一印象について辿り着いて「グループ分け」ってのにちょっと興味を抱きました。

 

以下が男性が女性を見て第一印象からグループ分けした時のグループ例である。

 

・結婚したい

・結婚はしたくないけど、付き合いたい

・Hをしたい

・友人としてLINEとか飲みに行ったりしたい

・友人として接することもできない

 

さいてーという言葉が飛んでくるかもしれないが、これは結構あると思う。

さいてーとは言ってられない問題なのである。

 

まず、現実的にお話をするが、興味がある男性にLINEをしてまともに返信がこないというのは、すでにこのグループにそって判断されていると思った方がいい。

 

かなりきつい話ですね。でも、現実は受け止めましょう。

 

さて、このグループ中で一番入りたいと思うグループは

 

↓↓↓↓↓↓↓

→結婚したい←

↑↑↑↑↑↑↑

 

で、あろう。

 

今日はこのグループに入るためのポイントをお話させていただきます。

まず、結婚する上で男性が女性に求めるのは以下のポイント

 

・安心できる

・生活での安定感を感じる

・前向き

・一緒にいて疲れない

・子供が好き

・清潔感

 

こんな感じではないでしょうか。

 

さて、これを一挙に身に着けて、結婚グループ女子になりましょうといいたいところだが、どうしたらいいねん!!って声があがりそうですね。

定まりがなさ過ぎて、身に着けるもくそもないわ!って感じになりそうですね。

 

なので、意識してほしい行動と言葉があります。それは……

 

男性から見て自分より、もしくは自分と同等に

 

「真面目であって、品があること」

 

これですよ。ずばり。

 

これをいろいろなところにあてはめてください。

 

ただし、相手によって「真面目と品」の価値が違いますよね。

例えば服装にしても真面目さを感じる服装ってのは人によって全然違うもの。

 

真面目さも、行き過ぎれば堅い人と思われますし、遊び心がない人とも思われます。

 

だから、しっかり把握しておかないとならないのは、自分がどういった男性を好きになり、好きになる男性の傾向とかによっては、自分がどの程度まで真面目で品をもてるかということなんですね。

 

 

それでは今日はこのあたりで!さらば!

スポンサーリンク

ムダ毛処理の苦労

男性のみなさん、ムダ毛の処理に対して大きな器で受け止めてあげてますか?

だめですよ。一本ちょんちょろりんって生えてる女性のムダ毛に激怒していては。
マジで苦労の連続なんですよ。

女装したことありますか?
大人になってボーボーのときに女装した友人が言っていましたが、ムダ毛の処理をして、かなりきつかったそうです。

ここでは永久脱毛を抜いてお話をしますが、全身を見ることが苦労です。
どうしたって見えないところがあるし、見えないところほど処理損ねることがありますからね。

毎日こつこつやれば楽かもしれませんが、お忙しいのでそんな暇はありません。

どこを剃ったかチェックシートを作って、きっちりやってる人は少ないと思います。寧ろ、いるのか疑問です。

背中とかマジできついと思いますよ。女性で背中に毛が生えている方がいるかはわかりません。せめて、首の裏側くらいかな。
手が届かないとどうするんですかね?

それでもムダ毛のない日々を積み重ねている人がいます。

本当にすばしい努力。

やっぱりお金をかけて永久脱毛をした方がいいかと思いますし、多くのサラリーマンは髭の手入れで泣きそうになる方もいるかと思います。
カミソリ負けとかよくある話ですしね。

男性のみなさん。
ムダ毛のない日々を送るのは本当に大変なことなんです。大きな器で毛を受け止めてあげてください。

そして全身のムダ毛の処理をいちど体験してください。
失うものはなにもない!時間とちょっとお肌をいためるだけで、あなたの器は格段に大きくなりなります!

そして女性みなさんのムダ毛処理(とくに背中)をお手伝いしてあげてくださいね。

(ムダ毛と共に)See you again…

スポンサーリンク

「童貞ですか?」と聞かれて嫌な顔するくらいなら必死になって捨ててこい

人間誰しも触れてほしくない一面がある。
聞かれるだけで心苦しくなりそれが表情に出ることもしばし。
clover
にもあるが、触れません。いいません。言えません。許して(´д|||)(´д|||)(´д|||)(´д|||)

さて、触れてもいいところと触れてはいけないところの見極めは現代においてかなり重要である。空気を読むなんてものも、これではないだろうか。

セクハラ、パワハラ、モラハラ。このハラハラに該当するシリーズに引っ掛かるとまずいからである。

ただ、clover個人としては定期的な言葉の痛みは必要だと感じる。
悔しさを感じ、自分がどう思われているかしることができるからである。
ただし、触れてはいけない一面があるのも事実だし、本人の努力だけではどうすることもできない面もある。

女性で言えば貧乳などは触れてはいけない。
これは方法はあっても、簡単には解決できる問題ではない。もし解決できるならみんなボインボインである。
また身長や髪の毛の量である。
これらも現代に医学の進歩によってかなり解決策が見つかっているが、まだまだ容易ではない。

ただし、太っていると言うのは致命的なときがある。

cloverも申し訳ないが人を見て太ってる、太ってないの判断はする。してしまう。
ただそのときにもう1つ見るポイントがあるが、それは骨格の問題である。骨太の人はどうしても肉がつきやすい。体重はなくても太ってるように見えてしまうのも事実である。
そういったどうすることもできないものはなんとも思わない。
ただし、ただ太っているだけなら痩せることをおすすめしたい。簡単だからである。

ただ、タイトルの通り童貞ですか?って聞かれて嫌な顔をするのはなんとも言えない。

普段はそんなこと気にもしないし、聞きたいとも思わないけど、やっぱりデリカシーのない人は聞いてくるし、現実そういうふうに思われていることもある。

15歳の童貞と30歳の童貞は意味が違うが、cloverからすると基本的にコンプレックスや悩みは笑いにするのが基本である。悩んでも仕方がないからだ。

ここで少し男女の違いをお話ししたいが、男性は童貞であるというだけで自分のプライドにさわり、価値がないと思ってしまう生き物である。反対に女性は純粋であると価値を高めることもできる。中には経験が多少あった方が「求められるほどの女」としての価値があると思うとこともある。
女性が一番自分に価値があると思うポイントは「たくさんの人に求められるが、その中からきちんと選び、気持ちがしっかり入っている人と数人関係をもった」くらいなのではないだろうか。
これは多くの女性にも共感をもってもらえると思う。

男は自分を最初の人であることを望み、女は最後の女であることを望むという言葉を聞いたことがある人もいると思うが、これに当てはまると思う。

さて本題に戻すが、童貞であることに悩みを抱えているならはっきり言ってすてる努力をすればいいのである。

だいたい童貞であることに悩んでいる人の多くは恋愛に積極的ではない。異性を意識した身なりや、言葉の使い方、表現力、力強さ。
こういった能力を高めようとしない。
自業自得といってしまえるほどに、自分の責任である。

童貞が悪いということは一切ない。
なぜそんなことを聞くのか、聞いてる人に理由を問うことをしてみたいくらいだけど、現実に遊び半分に聞く人もいる。
人の心にズカズカ土足あがりこんで遊んで楽しんでいる人がいる。
そういった人がなぜそんなことを聞くかと理由を聞けば「女の子に縁がなさそうだから」とやっぱり遊び半分で聞いている。

私は、答える必要はないと思う。
ただ、顔色を悪くするなら、なんとかしてもいいのではないかとも思う。

努力をすればそこまで難しいことではない。

結局は自分次第である。

スポンサーリンク

好きな人のタイプを知って本気でその姿を目指すなら自分を捨てる覚悟を持たなければならない。

 

タイプって何なんでしょうね?タイプとは何ぞや?というお話もここでは少ししたいと思うんですけど、恋愛で自分のタイプの人と付き合うことができるかっていうとなかなか難しい。

自分の好きな人には好かれない。なんて多くの場面で、多くの人がいっていますからね。皆さんにも思い当る節があったかもしれませんようね。

 

そこで今日は「好きな人のタイプになる」ということはどういうことかお話をしたいと思います。これは個人的な極端な意見になります。

 

 

まず、思いつく限りの自分の中の理想の人を思い浮かべて、それを言葉にしていくことであらわになってくるとおもいますが、考えてみればあやふやなもので、その時々で違っていることが多い。中には絶対に譲れないものもあると思うのですが、そのほとんどは明確に表せない。

 

でも、多くの人がその理想のタイプを言うときにマイナス面はあげないパターンが多い。

 

叱ってくれるときは叱ってほしいとかって話はあれど、本当に叱られると凹んで嫌いになることもい多い。なんやねん!!!って感じです。

 

で、少し考えて極端な言い方になると「自分の都合のいい人がタイプになるのではないか?」という結論に達してしまった。

 

考えてみれば、都合のいい人は居心地がいい。

自分の欲しい言葉もくれるし、求めてるときはきっちり来てくれて、ほっといてほしいときはほっといてくれて、守ってくれて、やさしくしてくれて、適度に注意してくれて。そんな理想の人がタイプになるのではないかと。

 

そう考えると、容姿以外は「都合のいい人」がタイプになってしまうのではないだろうか。

 

で、ここからがタイトルにある問題。

 

もし都合のいい人がタイプなら、一種の奴隷である。果たして、奴隷に進んでなりたいだろうか?

 

当たり前だが、そんなの嫌だという人が大半であろう。

 

それでも一緒にいたいというなら、自我を消すことをしなければならないし、相手の心を100%読み切らないとならないし、要望にはすべて答えることになる。

 

極端に言うと、タイプってのはそれくらいあやふやなものである。

 

では、好きな人のタイプを目指さないで何を目指すべきかというと、「その人の想像したことがない世界を教えてくれて、味わったことのない感情を教えてくれる存在」である。

 

これなら奴隷になるより圧倒的に簡単である。

 

ひたすら自分を磨いていけばいい。単純なお話である。

スポンサーリンク