脈ありかどうか気にしすぎ|正しい脈ありの判断基準

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

脈あり探しに夢中になってないか?

好きな人に自分がどうみられているのか気になる人は多いだろう。
脈があるのかないのか。この判断でアプローチがかわるし、諦めるか諦めないかが決まってくる。

いうなら1つの恋が進むのか、終わるか決まる。

ただ、相談受けててもTwitterでみんなのツイートみてても、なにかの媒体で文章を読んでても、多くの人が「そんな細かいとこまで脈があるかの判断してるの?」って内容ばかりだ。

今回は皆がしている脈あり判断の間違いと、おれがしている脈ありかどうかの判断の基準を書いてくよ。

それは脈ありではなく期待である

まずよくある間違いだけど、それは脈ありではなく、期待だってパターン。
自分にはなにも関係ないにも関わらず「自分に脈があるのでは?」と期待することだ。
いいかえるとこじつけだ。

たとえば「自分と話すときは明るく、いつも笑顔なんです」とか言われても、そんなものはその人の人柄で特別なことでもなんでもなかったりする。
皆にはお土産をあげなかったけど、俺にだけくれた!とか言われても、本当に自分だけなのか?とおもうし、皆に確認したのか?と思うし、そもそも自分が気がつかない借りを返したとか、出掛けることを話してたから社交的に…ってパターンもある。
上げたらきりがないくらい多くの人がこじつけで期待してしまっている。はっきり言って「自分のことを好きでいてほしい」って期待からこじつけているだけだ。

「〇〇=自分のことが好き」ってパターンを頭の中で根拠も理論も、事実もなく作ったら我を見失うのである。

脈ありを探して自己肯定か?

上記の項目で書いた「〇〇=自分のことが好き」を頭の中で作ってしまっている人がいる。そんな人を見てて俺は毎回思うことがある。

好きって材料を集めればあつめるほど、相手は自分に好意的になるだろうか?自分のことを好きだと思ってくれるだろうか?

思うわけがないだろ。

「あなたが俺のことを好きだと思う材料をこんなたくさん集めたよ!」とでもアピールするのか?それで好きになってもらえるだろうか?

なるわけないだろ。

材料を集めてるうちは自己満足感をあげて、自己肯定感を高めようとしてるだけだ。そんなことに時間を割いていても意味がない。

ならやるべきことは?

基本中の基本だけど、やるべきことは脈ありかどうかを探るのではなく、どうしたら相手が喜んでくれるかだ。
〇〇さんはいまなにに悩んでて、どんな不安があるのか。それを俺は手助けするこことはできないか(馬鹿正直にいまなにに不安ですか?とか聞かないように…)
間接的にでも自分をアピールすることはできないだろうか?
どうしたらLINE、電話をしていて笑顔になってくれるのか?などを考える事が必要で、相手にとってプラスになる知識や技術を身に着けることに時間費やさなければならない。

脈ありの材料を集めても自分のアピールには絶対にならない。現状の関係から一歩でも進んだ関係になるためにはどうしたらいいかを考えて、自分を高めてほしい。

最小限の脈あり判断

ただし、自分に対しての脈がないと次のステップに進めないもの事実だ。まったく脈がないのにアピールをしていても、嫌われるだけだし、下手したらなんとかハラスメントに引っかかる。
現時点での自分への評価を冷静に見極めて、次のステップに進むための言葉と行動を考えるには、どうしたって判断する基準がいる。
それが脈ありっていいかえることもできるけど、それはわかりやすい相手からの行動で判断しないといけない。

なので、俺がしている脈ありの判断基準は以下だ。

  1. 連絡先を交換する
  2. 連絡をするとメッセージ、電話が返ってくる
  3. 食事や遊びに誘って3、4回来てくれる

こんなもんだ。かなり少ないだろ?

3、4回遊んだら俺は告白をする。そしてその告白はどんな場面でも100%成功するとはいえないのだ。
告白を受けた側も、告白直前まではOKを出す予定だったが、告白されたら一気に気持ちが冷めてしまったということもあるし、絶対にNOを出すつもりだったのに、告白の熱意に押されてOKを出してしまうこともある。

つまり、どんなに脈を感じても告白をしてOKをもらえるかは告白してみるまでわからないものなのだ。

※前提条件として、長年友人関係を続けている人にはこの判断基準は使わない。出会ってから数か月の人、改めて関係を深めるきっかけになるような出来事があった人にしか当てはまらない。

総括として

脈ありを探す人ほど自分の保身に走って、傷つかない方法ばかり探してる。
今回は脈ありについて書いてみたけど、アピールして脈がないと感じたら、そもそもあなたの魅力は相手にとってなんの魅力にならなかったということだ。
それは仕方がないことだ。
万人にうける人なんて絶対にいない。
肝心なのはあなたに魅力的に感じて、心開いて、ともに歩んでくれるかどうかだ。

やるべきアピールしてダメだったらとっとと次にいくこと。
肝心なのは互いに幸せになるかどうかだぜ。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク
友人とYouTubeを始めました。このBLOGが参考になった!悩みが解消された!元気が出た!等感じたかた、よろしければチャンネル登録、goodボタン、応援よろしくお願い致します!
■YouTubeチャンネル

ふじしょう学校

はじめまして!「ふじしょう学校」です! ゲームをあまりしない「ふじさん」とゲーム大好き「しょういち」の二人で マインクラフトを中心に、様々なゲームで遊んでいく予定です。