駆け引きが効果的でないポイント、効果的なポイント

恋愛に駆け引きを持ち込んで徹底的に惚れさせようとする人達がたたいますが、そんな簡単じゃないですよね。なにより、効果があるかなんて全くわからない。だって、その人の気持ちだもん。わかったら苦労はないっすよね。。。

一回あえて連絡をしないくらいで、相手はなんにも気がつかないってのが落ちで、こっちがあえて連絡しないでいるのがバカらしくも思い、さらには苦しんでいるのはこちらだけという現実があって、悲しくなりますよね。自分で自分を追い込んでる。

ちなみに、連絡しないでいると余計に自分を自分で駆け引きにもちこんでます。

「まだだ。まだ送らないもん。明日の朝になった絶対にきてる…まだだ。まだ耐えるんだ。友達にLINEして気を紛らわそう。考えるの嫌だからもう寝ちゃおう…」ってなかんじで、勝手に自分で自分を追い詰めています。

そして朝になってもLINEは来てなくて、期待していた分ショックが大きい。

求められていない感じ、必要とされていない感じが押し寄せてきて本当に悲しい。耐えかねて最後は自分からおくってしまう。とほほほのほ…

それでも駆け引きをして少しでも自分に気を向かせたいなら有効な駆け引きテクニックを教えます。

どこを駆け引きするのがPOINTかというと、相手の気持ちや一日の中で、意識している時間、考えている時間が多いところです。駆け引きって、相手がそこを「気にしてる」から有効なんですよ。
連絡の場合だと、連絡はこまめにとりたい!!っていう人にだからこそ有効で、全く気にしない人には本当に効果がないんです。

LINEや電話して繋がってないと不安だなんて、まったく思ってないです。

では、どこをポイントに駆け引きをしたらいいのか。

それは相手が気にしてるところです。
こだわりであったり、プライドが許さないとかであったり、コンプレックスであったり。

そこを駆け引きにしないと効果はないです。意識してないところを引き合いにしてもなんとも思わないんです。

例えば、ファッションにこだわりがある人は、あえてその人が着ないような服装をほめてみたり、笑いを一生懸命とろうとしているところでは笑わなかったり。

逆に、気にしている、コンプレックスに思っているところをほめてあげたり。失敗して、恥ずかしそうにしているところを、やさしくカバーしてあげるってところです。

こういったPOINTを押させて、駆け引きすることが有効です。

 

でも駆け引きって、以前にもBlogで書きましたが怖いんですよね。。。

「そんなことして、嫌われたらどうするの?」って気持ちは本当にあるし、本当に嫌われることも起こり得ることだから、あんまりムキになって使わないでほし。

本当にもうどうしようもないようなときに、最終手段として使うくらいがちょうどいいと思いますよ。

 

 

 

いい恋してね。

スポンサーリンク

コメントを残す