好きな人と両思いになる方法シリーズ1  『元気いっぱいの女の子』

先日、Twitterで「皆さんの恋の悩みは?」というアンケートをとらせていただきました。
解答してくださった皆様、ありがとうございます!
そして、その結果から「好きな人と両思いになりたい」という結果が多かったので、その方法、ヒントをここに書いていこうと思います。

好きな人と両思いになる方法シリーズ1
『元気いっぱいの女の子』

皆さんが思うの異性からのモテる人ってどんな人ですかね?たぶん女性でも男性でも大多数の人がまず始めにあげる解答はこれですね

「かわいい人」or「かっこいい人」

間違ってないと思います。正直、容姿がいい方がモテる確率上がります。

「でましたよ。容姿のよさ。だったら別にこれを読む必要ないわ」
待って!!!!!ここで読むのをやめないで!!!!!!(´д|||)
ちゃんとヒントを書きますから。

まず、人が人を好きになる過程で頭の中でおこってることってなにかというと、「好きな人(気になる人)のことばかり考えてしまう」ですよね。

だから好きな人ととも言えるのですが。

これを前提に考えると、まず好きな人に好きになってもらうためにはやらなければならないことは、「いかにして相手に良い印象をもってもらって、自分のことを考えてもらう時間をたくさん作るか」なんです。

「戦略的に」って言い方をするならテクニックやタイミングを狙えば確かに相手に良い印象を与えながら意識をさせることはできるかと思いますが、ここでは好きな人だけでなく、周囲にいる人にも魅力的に、そして皆に人気になれるような方法をお伝えします。

それは、

『元気いっぱいの女の子』

です。

みなさんの周りに「あ!あの子かな?」という人がいるかはわからないのですが、イメージをしていただくなら映画ジブリに出てくるような子です。

映画ジブリに出てくる女性キャラクターって本当に魅力的なキャラクターばかりなんですよ。

真っ直ぐで、笑顔が多く、みんなに優しくて、明るくて、なんでも一生懸命。でも弱いところを隠さないで苦しいときは泣いて、それでも最後まで諦めない。

千と千尋の神隠しで千尋が、カオナシが湯屋の中を追いかけ回すシーンで全力で走ってる姿や

天空の城ラピュタで汽車で逃げるシーンで、バズーに「かま焚き頼む!」と、しーたが言われて力強く「はい!」って答えるシーンや

コクリコ坂で松崎海が家の階段を軽快に降りていくシーン

風の谷のナウシカでナウシカが人質としてとられるとき、これから自分がとらわれる恐怖があるのに、子供たちを抱き締めるシーン

他にもたくさんありますが、どれも魅力的なんです。
なにより、ジブリの女性は皆よく笑って、強くてたくましい。

男性でもそんな女性に心牽かれるんです。

 

では、元気なことがなぜ好かれることにつながるかというと、「存在感」が生まれるから。目に留まり、声が耳に残り、そして接しやすくなるんです。

それがはじめの一歩。

そして次に生まれることは、「あの人といると楽しい」です。

やっぱり、「楽しい人」と一緒にいたいんです。

・眠い
・だるい
・つまんない
・たいくつ
などなど、こんな言葉を周りが使ってるからと言って自分も使ってるようでは、魅力的にみえないです。

ジブリの女性は映画のはじめと終わりでは成長して変化しています。はじめは使っていたマイナス表現の言葉も、最後は使いません。

人って心構えで生きるだけで、本当に魅力的が変わるんです。

映画や漫画みたいに簡単には変われないと思います。
でも、変われないから変わらなくていい訳でもない。

好きな人に愛されるなら、ちょっと背伸びして頑張ろうよ。
失敗しても、恥ずかしい思いしても、周りがなんと言おうとも、幸せになったもん勝ちですから。

スポンサーリンク

コメントを残す