自分をブスなんて思うのはやめて

かわいいとか、綺麗とか。

皆さんも、私も重要です。

 

今より少しでも綺麗になりたいし、かわいくなりたいし、かっこよくなりたいし。

 

でも、それがすべてじゃないじゃないですか。

綺麗な人が、お世辞にもかっこいい人と手をつないで歩いているとも限らないし、かっこいいひとが、綺麗な人と手をつないでるとも限らない。

 

見ていればわかるけど、どんな人と手を繋いでいるかって「一緒にいて幸せになれる人」でしょ。

 

仮にさ、どうしても自分を「ブス」だって思ってしまうなら、それは一人のときにしな。

一人の時に、その悔やしさをばねに今よりかわいくなる努力をすればいい。

 

でも、好きな人の前では「いつも頑張っている自分の努力」を思い出して、自信を持って振る舞ってほしい。

 

あなたの努力は自信になる。

自信になれば、必ず輝いている人になれる。

輝いている人になれば、みんながあなたを見る。

みんなに見てもらえるなら、もっとあなたは輝く。

そして自信を持って、好きな人にアタックできる。

 

そんな輝いている人といたら「一緒にいて幸せな人」って思ってくれる。

 

 

一番だめなのは、自分をブスだと思って、腐ってしまうこと。

卑屈になって、心を閉ざしてしまうこと。

 

心が弱れば、人はすべてから逃げたくなる。逃げてもなにも得るものはない。

 

「逃げない、逃げない、逃げない」と思って立ち向かうなら、自信をもって立ち向かってください。

 

傷ついたら、誰かに泣きつけばいいし。誰かに愚痴ったっていい。

 

それであなたは新しくなる。人の気持ちもわかるし、努力したものもしっかり残る。

 

何より「勇気」が身についている。

 

「勇気」は何事においても必要だよ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す