嫉妬や重たい発言、態度をとってしまうのを直したいなら、普段から訓練するしかない。その方法とは?

振られてから強くなりたいと思ってる人がたくさんいるみたいですね。
振られてから思い返すといかに自分が弱かった。なぜあんなに心を揺さぶられては振り回されていたのか。別れ際ではすがってしまったのか。そんなことを思って強くなりたいと思う人が多いみたいです。

わかります。
clover
も思ったことあります。思い返すといかに自分が弱くて、いつもいつも同じ事失敗や弱さをさらけ出していたか。

その度に想うのですけど、どんなに自分が強くなったとおもっていても、はっきりと強くなってないんですよね。

昔大学時代に心理学を勉強した友人が言ってたんですけど、人間は意識、無意識にいろいろな選択をして生きている。その選択によって、自分に癖がついて強くなっていると。

例えば、腕立て伏せや腹筋をして筋肉が悲鳴を上げて、もう無理だでもあと一回……なんて思ったときにどちらを選択するか。ということなんですよね。

この選択によって、頭にどちらを選択するかが意識無意識に刷り込まれていくんですね。

その刷り込み方法のリストを以下に作ってみました。

1、常に自分に厳しくなるような選択をする。その選択をするために自分の内側に意識を向ける。

2、自分が弱音を吐いていることに気がつく。その弱い面を強さにかえる。

3、自ら厳しい環境にすすみ、気持ちにストレスを与え続けて、それに対しての慣れと対応策を試行錯誤する。

で、で、で、

私は基本的に恋愛をメインとしたblogを書いているので、それに当てはめてどの場面で選択のお話をしたいかというと、3です。

恋愛において、嫉妬をしたり、自分の発言、態度が重かったり、失恋したりしたときに、はじめて極地にたたされるわけで、このときにどんな選択をすることができるかが強くなったということになるのです。

でも、こんな極地に立たされることなんてたくさん恋愛してる人ならまだしも、そんなに経験がない人はそのときになってみないとわからない。

そういった意味では経験値が高い人ほど、慣れているから選択もできるんですけど、何人、何十人と付き合いたいわけではないはずですからこればっかりは日常で訓練するしかないですね。

 

だから、恋愛で3の場面にあったときに、自分をコントロールするためには、1と2の場面で自分をコントロールして、厳しい環境や状況を抜けていける力を日々身に着ける必要があるということですね。

 

訓練すれば、恋愛で苦しむことは少なくなりますね。

 

幸せな恋愛をしてね。

スポンサーリンク

コメントを残す