ドラマや少女漫画のような恋愛をしたいなら持つべき能力は2つ

 

ドラマや映画、少女漫画のような恋に憧れますわぁ〜〜

って思う人もいるかと思います。あっしも憧れてます。

人にの心に響くストーリーほど素敵なものはないですよね。


でも、今回の記事を書いていて、あんまりしたくないとも思ってしまいました


あんな恋がしたいと憧れるのはわかりますが、はてさてどうしたらあんな恋ができるでしょうか。

しかも短期間で。

私が分析した結果、2つの能力が必要だと思います。それは以下の2つです。

1、圧倒的な前進力
2、圧倒的な打たれ強さ

 

 

余はメンタルですね。

これがドラマを生む法則ではないかと思います。

 

仮に好きな人がいて、告白する勇気がなく3年間片思いだったとしましょう。

これではドラマは生まれません。勝手に片思いして、それを悟られることを恐れて、頑張ることもしないでいたら、自分の中にストーリーなんて残らない。素敵な恋だったとか、厳しい恋だったとかものこりません。

 

逆にすごいモテるチャラい人がいたとしましょう。

日々誰かに告白され、告白して、元カレ(元カノ)が二人の恋の邪魔をして来て、さらには浮気を疑ってしまうようなシーンがあって。部活をスゴイ頑張っている姿はかっこよくて、自分は応援席に入るだけで、他の人よりあの人の力になれるような気がしたリ。別れてしまっても、相手が少しでもこちらに気があるような気がしたり。そして本当に気があって、最後は「お前しかいなかった」といってきてめでたく高校卒業。

(いつの間には高校生の設定になってました。少女漫画の舞台はだいたい高校でしょ!笑)

 

こうやって書いてみると気が付くかと思いますが、ドラマや少女漫画の恋は波乱万丈です。絶対に苦しむ瞬間があるから、その反動で結ばれた二人は大きな幸せを得ることができるのです。

 

そして気が付くと、かなり苦しいです。自分がどの立ち位置になるかなんてわからない。ヒロインなのか、邪魔してくる元恋人なのか。はたまた友人Aなのか。

全くわかりません。あなたの本命から見てのあなたの役ですから。

 

果たして、自分にそんな波乱万丈な恋愛を耐えていけると思うのなら、とにかく前進していただいて、邪魔者に負けない、本命になる努力をするしかないですよね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す