どうなったら浮気なのか ~伝え方を変えれば相手は理解してくれる~

浮気の定義って難しい。
みんな考え方が違うし、価値観も違うし。
考え方も価値観も変わりますからね。

ちなみに法律ではざっくり言うと
「肉体関係をもったら浮気」

です。

ちなみにちなみに
風俗は法律上浮気です
お金を払っていても浮気です。

法律は基準を作っていて、秩序を守るためのものですから、ここでは離婚になる理由や基準として存在してます。

ただこれを聞くと
「いやいや、二人で遊んだらアウトでしょ」
「手を繋いだらもう気持ちあるでしょ」
「男なら浮気するし、それくらい魅力があるから女の人が寄ってくるのよ。私はその中で一番なんだからなんともおもわない」

などなど…

人によっては浮気って概念がない人もいるかと思いますが、付き合った人によっては変わるとかって人もいるので基準が難しいですね。

ただ、相手にもし、なにが浮気かを伝えるとして、基準とかを作るなら、手を繋いだらとか、二人で遊んだらとか、そういう行動とかで伝えるのではなく、気持ちのあり方を伝えないと理解してもらえないし、理解をしてあげれないと思うんですね。

行動の基準ではなく、気持ちの基準なら多くの場面に対応できると思うし、相手が嫌がってることも理解できると思うんです。

そこで気持ちの基準は

『我慢のできない嫉妬をしたら』

という基準です。

この気持ちになったら、もうブレーキなんて効きませんよね?

果てしない怒りや、悲しみ、苦しみが押し寄せてくるあの感じはたまりませんわ。

嫉妬をして、その嫉妬が大きく怒りになったらそれは浮気という形に近いのかと思います。

仮に相手に伝えるなら
「私、この前ちょっと苦しくなるくらい嫉妬しちゃったの。できたら今度は○○をやめてほしいな…」
この方が伝わります。

嫉妬は多くの人に共通するから相手も理解しやすい。相手の気持ちを理解して初めて同じ立ち位置にたてます。

「二人で出掛けるなんて、別に普通だろ?」となると理解はしてもらえませんから、受け入れてももらえない。

ポイントは気持ちへの理解ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す