自分の居場所は多すぎず、少なすぎずで確保していく必要がある。

皆さんは自分の心を静めることができる場所はいくつお持ちですか?

 

家族

職場

学校

部活

バイト

習い事

 

などなど

 

その中には必ず心を許せる友人がいたり、尊敬する先輩がいたり、かわいい後輩がいたり、恋人がいたり、そして何より家族。

 

そういった存在がいらっしゃるかと思います。それは相手とあなたとの間で築いた関係で、笑わせてくれたり、慰めてくれたり、話を聞いてきいてくれたり、多くの場面で助けてくださるからなんですよね。そして相手もそう感じてくれているからです。

 

ただ…

 

いくら厚みのある関係であっても、絶対にうまくいかない瞬間があります。

時にはケンカをしてしまったり、ちょっとした一言で傷ついてしまったり、その人に突然恋人ができて自分との時間がなかなか取れなくなってしまったりと、うまくいかないときがあります。

 

そんなとき、皆さんはどうしてます?

 

気が付いたら一人ボッチになっていたりしませんか?

 

最近思ったのですけど、奥さんとお子さんがいる旦那さん。

その中の旦那さんの気持ちを思った。

 

 

 

毎日会社と家の往復…

お小遣いが少ない…

かみさんが、神さん…

足が臭い…

おやじ臭い…

臭い…

残業代の出ない残業…

客先の若造に偉そうにされる…

そして深夜にかえって神さんにがみがみ…

気が付かない間に子供はビックになっている…

 

という感じで悩んで、結局家にも、職場にも居場所がない…

そりゃ居酒屋に時間がないのに足を運びますわな…

 

 

そこのおやじ泣くな。お前の気持ちはわからないが、言いたいことはわかっている。

 

居場所がないのだろ?

 

わかっている。

 

帰りたくない…仕事にもいきたくない…こんなに苦労しているのに、臭い…

 

こんな風になってしまってはいけないのだ。気落ちが死んでしまう。

 

だから、自分を受け入れてくれる場所を探す必要があり、作りあげる必要があるのだ。

 

 

恋人と喧嘩して、別れそうになっているとしよう。

 

さて、そんなときに戻るのは友人がいる場所であろう。

でも、気が付かない間に友人が離れているときがある。

 

なぜか?

 

それは恋人ができて、友人との時間を潰し続けたからである。

そりゃ、人間夢中になれば一個のことしか見えなくなるというが、それではだめなのである。

常に物事すべてを冷静に判断していく必要があルルルル

 

人は心が沈むと、どこかに身を寄せたくなる。

だから、自分が安らぎをもてる場所は常にいくつか確保しておかなければならない。

 

ちなみに、計算して場所を確保しても絶対に居心地が悪い。

自分が心底気に入って、その場所に自分自然と入れる場所を探すのは簡単ではない。

まず、その場所に自分を受け入れてもらいたいなら、何かしらの形を皆さんに提供する必要がある。もらってばかりではだめなのである。

 

そして、最後にPOINT。

一人がもてる居場所の数は実はそんなに多くない。

当たり前だが、一日の時間は決まっている。決まった時間の中で、いかに多くの居場所を作るかなんて考えても、絶対に薄っぺらい場所ばかりになってしまう。

それでは意味がないのだ。

 

みなさんも、自分の居場所をしっかり確保してもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す