仮面の下の姿を知らないと、絶対に相手は自分を受け入れない

最近「先生に恋をしている」という方によくTwitterでお会いするので、今回は先生との恋で中止する点と、どうしたら関係を深くできるかをお話しようと思います。

 

まず「先生」というのは厄介で、仮面をつけているという点がある。

 

「先生」という仮面をつけていると、「先生」と「生徒」という感じで完全に枠ができてしまうのである。

 

恋愛関係を持つのに重要なのは「素」の自分をいかに出すことができるかであり、「素」を相手にいかに見ることができるかである。

そして、相手にも同じことをしてもらう必要がある。

 

でないと、プライベートで会うことに意味がなし、相手に会うメリットがないのである。

何より、親密感がない。「先生」と「生徒」というのは現実厳しい言い方をすると、上っ面の関係である。深みがないのである。

 

仮に、「先生」と「生徒」の状態で関係を持つことができたとするなら、その理由は

 

容姿がかなりタイプだった。

 

 

先生の中でかなり大きなものを残すことができたか。

 

のどちらかである。

 

この要素を自分が残すことができていると自信があるのなら、アタックしてみるのもいいと思う。

 

ここで気をつけてほしいことは

 

「先生は私には優しいから大丈夫」と思ってしまっていることがあると痛い。

 

先生は誰にでも優しいのである。先生だから誰にでも優しくしてあたり前である。

問題は「先生が仮に先生でなくても、私を女として見た時に他の人より優しくしてくれるかどうか」である。

 

この点を確実にしなければ先生を手に入れることは困難である。

 

ただし、「先生」と「生徒」いう関係はデメリットばかりではない。

「生徒」として「先生」に近づくことができる。

 

本来なら話しかけるのもできない友人関係からの恋愛も、先生相手なら受け入れてくれるとわかっているので、そこまで緊張感、不安感がないのである。

 

この点はかなり強みになるので、活かしていただきたい。

スポンサーリンク

コメントを残す