自由すぎる関係には何を注意したらいいか  

 

「自由」

 

このフワフワ感はなんだ。

 

あやふやな。定まりのない。定まってはいけないやつ。

 

しかしこの「自由」ってやつは絶大な言葉の力を持つ。

 

(例)

「なにをしようと私の自由じゃん!」

 

この一言はどんな場面でも使用可能だ。スゴイ力を持っている。さらに…

「〇〇な自由」なんてものは六法全書を開けば盛りだくさんに記載されている。

 

法律まで味方なのさ!

 

その言葉を選択した瞬間、「私は法律!」と言っているといっても過言ではない。

 

もう、なにもできない。

 

さて、これは恋愛においても重要でござーる。

 

自由なき関係は、息苦しさを生む。この息苦しさが束縛であったり、いいかえると「重い」というやつである。

 

この息苦しさを一度恋愛の中で経験すると、今後の関係の中では「束縛」を避けようとする。

だから今後選ぶ相手は、自分に自由を与えることができる人を選択する。

 

言い換えるなら、「ほっといてくれる人」であり、かっちょよくいうなら「包容力」である。

 

その価値観は付き合ってからでないとわからないし、付き合う人によって変わってくる。

 

だがしかし、私は関係の中で「自由」が多すぎると必ず苦しむ面が出てくると思っている。

それは、接近した時間が続くと関係が崩壊するというリスクがある。

お互いが自由すぎると、いざ接近した時間が続くと相手がなにを好きで、なにを嫌いか把握してないから、どこに気を使う必要があるか、譲るべきもの、譲れないものがわからない。

これは付き合ってから関係を築いていくなかで、時間をかけて把握していくもの。一気に把握すると、それに対応しきれなくなって互いにパンクするリスクがある。

これは時間をかけても知っていかなければならないものである。

 

 

また、自由な関係の中でも2人で何かを成し遂げたものがないと、2人でいる意味がない。なぜかって、なぜ、その人を選択したのか?という疑問を持ち始める。

果たして、なぜか?そりゃ自由を与えてくれるからである!といいたいが、それならば誰でもよいのではないか?

 

そう。

 

恋愛は「この人しか、この世にはいなかった」から幸せなのである。

 

この人以上にいい人は存在するけど、この人はこの世に1人しか存在しない。という思いをもてるから幸せなのである。

 

最後のとき「この人を選んでよかった」と笑って居られる瞬間があるから幸せなのである。

 

 

自由な関係の中で、2人で何かを成し遂げて、完成させて、失敗して、思い出をたくさん作っていれば、それは「この人を選んでよかった」となるであろう。

 

しかしこれがないと「1人」であるのと一緒ではないであろうか。

 

 

『自由が一緒な2人』

 

これが理想ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す