今日は私の失恋から学んだことをお話 ①

あれは私がアルバイトを始めた時の話ですね。

当時の私は17歳で、スーパーのアルバイトを初めて、しばらくして恋をしたんです。

 

その時の相手は私より4歳年上の社員さんでした。

 

なんていうか、恋でした(笑)

 

かわいい、なにも知らない感じの。…いや、そんな綺麗な感じではなかったわ。

 

ただ、わかっていなかったのは社内恋愛の恐ろしさ。

それをちょっと学べたのがよかったかな。

 

 

私が入ったのはレジ業務で、各部門ごとに分かれてるからレジはレジ。食品(品出し)は食品。って感じになっていて、当時は各部門に社員さんが2人くらいいたんです。

レジにも2人いて、そのうちの1人の方に好意を寄せていました。

 

 

さて、あるあるをお伝えしますが、私は単純なので仕事をガンガン覚えました(笑)

当時入りたての私はミスをして、お客さんを怒らせてしまったことがありました。そのお客さんに謝罪をしている私の片恋相手。

本当に申し訳ない気持ちで、頑張って仕事を覚えて、早く社員さんを助ける勢いで頑張ろうと思ったんですね。

 

そんな私はスクスク育ち、仕事でも困らせることがなくなって、周りにも気を使えるくらいなったころだったかな?はっきりと好きって気持ちになってたんですね。

 

今まではちょっと余裕がなかったのかな?

 

たくさん出勤もしました。でないと会えないから。

連絡先の交換も全然苦労しなかったんです。仕事の関係だから向こうからすぐに聞いてくれましたし。メールすればすぐに返してくれました。

この日出勤できない?と聞かれれば絶対に出勤しました。全然遊んでなかったな。

 

ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

 

で、だんだん膨れる思いを止めることができなくなって、告白しようと思ったんですね。

 

どっきどきでしたね。

 

で、思いを伝えたんです。

 

そしたら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごめんなさい。実は私、恋人がいるの」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が崩れた瞬間だったな。

なにが崩れたかって、恋人がいることを嘘つかれていたってことなんですよ。

いや、やっぱり振られたことだな。間違えなく。やっぱり辛いんですよね。当時の私を思えば、嘘をつかれたこと理由にしていたなんてきれいごとだと思います。

 

いま思うと、私がその人でも嘘をつくかもしれません。

 

 

 

なんで嘘つくかって、その社員さんは別の店のアルバイトと付き合ってたんですね。

これって結構リスクあって、まじめな上層部の人の耳に入ると、最悪クビにする会社もあるんですよ。

学校とかで先生と生徒が付き合っても同様のリスクを負いますね。

 

その人は恋人と自分を守ってるんですね。それは普通のことなんですよ。

私としては、恋人とと自分を守らない関係は歪みを生みやすいと思っているんで、それで正解なんですね。

 

ただ、当時の私はやっぱりショックで、そのあとの空間がちょっときつかった。

 

 

学校内での恋愛と社内恋愛の違いって、別れても振られてもその人と連絡を取ったり、会話をしたりしないとならないという点なんです。

お仕事はお仕事です。そんなことで子供みたいに触れ回っているのは間違っています。

 

 

 

 

では、続きは次回にしますねーー

スポンサーリンク

コメントを残す