相手に迷惑をかけたくないから、なにもしないのは正解なのか

「いきなり電話すると、迷惑だと思ったのでしませんでした」

「プレゼントあげようと思ったんですけど、なにをあげたらいいかわからないし、相手の好きなものじゃないと迷惑になると思ったので、あげませんでした」

 

この「迷惑になるからしませんでした」系の考え方をたまに聞くのですが、はたしてそれは正解なのか?

 

 

正確にいうなら正解なのかはわかりません。

 

恋愛において、なにが正解なのかは受け手の取り方次第。その受けてのとり方次第というのは「気持ち」がどういった反応をするかってことですから、正確にはわかりません。

 

ただ、「迷惑」というのも、「喜ぶ」のも、それは受け手の反応ですから予測して動くのはわかりますが、「やってみないとわからない」ってのが現実で、もしかしたらプラスになるかもしれませんし、マイナスになるかもしれません。

 

問題はここなんですよ。

 

相手からアピールされないなら自分からするしかない。自分で行動してプラスを作っていくしかない。

 

では、プラスを作るには「自ら動くしかない」ってのが大きい。

 

最近、多くのTwitterの恋愛のツイート見るのですが、見ていて思うのは

 

 

 

・嫌われないようにアピールする人がものすごく多い

 

 

↑これですわ

 

アピールの仕方は人それぞれ違うと思います。

人それぞれ、持っている魅力が違いますからね。

 

でも、どんな魅力を持っていても、アピールが本当に相手の顔色を窺いすぎていると思う。とくにタイミングってやつ。

 

ただしいタイミングってなんだろう。。。

 

 

そして、仮にアピールしていても、相手は気がつかないものである。

人が何かをしたら必ず気が付く人ってたぶんだが、いない。してもらったものすべてを把握して、全てに何かを感じるというのは、不可能である。

 

だから恋愛でアピールをするなら「大胆に」アピールする必要がある。

 

相手の顔色をうかがいながらないかをしても絶対に気が付いてもらえない。

 

ただ、自分勝手にアピールしていたら嫌われてしまうではないですか。という意見があるが、嫌われるのが嫌で一歩をが前に出ないのは、一時的に傷つくことを恐れて、生涯幸せになるチャンスを逃している。

 

「生涯幸せ」

 

この言葉を↑みてください。

 

これを手にするのが、なにもリスクないと思いますか?

そんな簡単に手に入るわけないんですよ!!!

 

どんな場面でやらないとならないことは変わるし、正しいことをしても怒られることもある。

 

だから容易ではないんですけど、恋愛はもしかしたら生涯のパートナーを手にするチャンスかもしれないじゃないですか!

 

傷つくならそれは愛ではない!

 

では、また次回!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す