電車で化粧をする人の私の意見

先日、電車で化粧をする人に「やめてください」てきな広告を出していたという、とある鉄道会社のことがニュースで話題になっていた。

 

これに対しての私の意見を聞いてください。

 

 

「…ほかに注意しなければならないところがたくさんあるだろう」

 

である。

 

 

まず私が電車の中であるやめていただきたいマナーは以下である。

 

・足を組む

・6人は座れる席に5人で座る

・満員電車であるなら、終点駅でドアが開いて、立っていた人たちがある程度降りるまで待ってほしい

・優先席に平然と座る

・鞄は前に持つ

・でかい声で話す

・ドア付近に立って、降りる人が多いとき一度降りない

・ドア付近に立って、意味なく幅をとって乗ってくる人を遮る形をする行為

・降りる人の道をあける

 

 

で、ある。

もしかしたら忘れているマナーがあるかもしれませんが、まぁ、いいか。

 

これは基本的に守ってもらいたいものである。

特に、6人で座れる席に5人で座る行為。あれさ、たぶん空いてるときに隣の人にピッタリ座るのが気持ち悪くて、少し隙間をあけて座るからあんな感じに等間隔に隙間が空いて、最後は5人席になるんですよね。

 

きもくていいからピッタリ座ること。

 

さて、実は私としては化粧を電車内でする行為はマナー的にはなんとも思わない。

 

もう一つ許せるか許せにかをあげるなら、お酒を飲む方が嫌である。臭いから。

ただ、飲み物がOKならばいいじゃないかと言われると「まーそうだね」って感じに思うので、微妙なラインなのだ。

 

ただ、化粧をしている人を見るとたびたび思う。

 

「しているときの顔はかわいくない」

で、さらに

「化粧をして、自分の美しさを100%とするなら、していない今は〇%落ちているということになる。この瞬間を好き人にみられたら、どうするのか」

さらに、さらに

「朝、そんなに時間の余裕がない生活をしているのか?それとも電車でするのが有効な時間の使い方なのか?どちらにしろ、準備していないってのは、チャンスを逃す」

 

である。

 

それくらいである。

 

これらを聞いて、皆さんがどう考えられるかはわかりませんが。

準備はしっかりしていた方がいいのではないかな?

 

と思います。

 

 

では、またね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す