いつまでも返事を先延ばしにしていると、相手はどんどん苦しくなっていく。早く返事してあげてよ。

 

 

これって、なんでしょうね。優柔不断というのか?はたまた何かを考えているのか、それとも意味はないけどなんとなく先延ばしなのか。自分では結論を出せないから誰かに相談をしているのか。

 

 

よく、遊びに誘うとか、連絡先を交換するとか、告白にしても、なんでも先延ばしにしている人がいるのが目に留まる。

 

なんでこんなにも考えていかないとならないのか。

 

 

まず、考えているのは最低限よしとしよう。それ相応に考えないとならないときもあるし、今はタイミングが悪いってときもそりゃある。

真剣に考えないとならない瞬間もあるであろう。

 

だがしかし、ちょっと待たされている相手の気持ちをわかってほしい。

 

以下は、連絡先の交換でも、遊びに誘うでも、告白でもそれをしようと勇気をもって切りだした人間が考える事である。

 

 

・タイミングがわからない。

・なんて言えばいいのだろう。

・二人っきりなりたいけど、それもできない。

・お願いして断られたらどうしよう。

・先延ばしにされちゃった。このままなにも返事がこなかったらどうしよう。

・もしかして、嫌われちゃったかな。

・なんで返事くれないの。

・今日返事くれるって言ったのに、なんでなにもいってくれないの。

・もうどこかで会っても、顔も見れないよ。

・この待ち時間が本当に苦しい。

・もうなんでもいいから返事がほしい。

 

などなど。

待たされている方ってのは、そんなポジティブに考えてられないのである。

 

失恋から早く立ち直る方法の一つに考えないようにするというのがあるが、そんなことは簡単ではない。

 

なぜなら、自分が待っているということは相手は何かしらの「接触」をしてくるということだ。いつだいつだと構えている状態で、考えないようにするというのは、普段から考えないようにしようと癖をつけている人くらいである。

 

 

しかも返事が自分の感情を一瞬で天国か地獄に落とすものだとしたらどうだろう。

それを気にしないわけにはいかないではないか。不安でいっぱいである。

 

だからこそ、返事ってのは早めにしてあげないといけない。相手が苦しむ可能性がそこにあるなら、しっかり正面を向いて返事をしてあげるべきなのである。

 

ちなみに、期限をつけて相手を待たせているのなら、絶対に期限は守ってあげてください。

 

では、また次回に!

 

スポンサーリンク

コメントを残す