恋愛で後悔しないためにバレンタインで学ぶ反省点 終わって一安心…なんてしてられないのが恋愛ですわ。

バレンタインが過ぎて、皆さんの中には今日渡したって人もいるでしょう。

スケジュールの関係で今日になってしまった人も多くいるかと思います。

 

終わって一安心…なんてしてられないのが恋愛ですわ。

 

今日は今後のために反省しましょう。

 

 

さて、皆さんバレンタインは渡せましたか?

 

「渡せてないです…」というかたもいるのではないかと思います。

 

その理由は?

 

「会ってもらえなかった…」

 

ってのなら大問題なんですよね。

理由があったならわかります。

 

・予定が合わなかった

・相手に恋人がいた

 

ならいいとしましょう。

 

でも、ただ会ってもらえませんでした。というなら本当につらいお話になりますよ。

 

さて、なんで会ってもらえなかったでしょうか。

 

一生懸命作ったバレンタイン。

作った人はもちろんわかりますが、手間と労力がかかります。精神的にも結構来るかも。

なんでかって、相手が気に入らないものを上げたくないし、好意を形にするわけですからそりゃ神経擦り切れます。

 

 

で、これは男性もわかっています。なんとなくだったり、しっかりとだったりと程度の差はあれどわかっています。

 

 

分かっているのにも関わらず会ってもらえないというのは…

 

「相手を傷つける可能性を大きく秘めているのに、自分の時間を割いても会うまでの人ではない」という存在です。

 

結構きついですね。

 

ここからが問題です。

 

それを認めたうえで、自分が今後好意を寄せる人とどういった関係の作り方をしていけばいいのかということ。

 

まず、友人になってください。

 

スゴイ当たり前のこと言っていますが、友達になるのだって簡単じゃありません。

 

 

話しかけたり、連絡をとったり、2人であったり、電話したり。

 

そういったことを普通にできるような関係になってください。

 

多くの人の会ってもらえなかった人がそうかもしれませんが、十分な関係ができていないのに渡そうとして約束をこぎつけようとしています。

 

 

「バレンタインを渡す」ことが目的ならいいと思います。

 

ただ、

 

「好きな人と両思いになりたい」

 

ということなら今ではないというときもあります。

 

これをきっかけに関係を発展させたいなら、その前段階をある程度関係を作っておくことも必要ですよね。

 

バレンタインは特別であっても、2人の関係の中ではそうでないかもしれません。

 

ただ、最後に

 

バレンタインは自分の思いを言うためのきっかけを与えてくれる特別な日です。

 

男性は会ってほしいといわれれば、それは相手が一生懸命になっている瞬間というのを理解しています。

それを「めんどくさい」、「なんで俺が…」こんな理由で会おうとしないのであれば、そんな人はもう忘れていいのではないかと思います。

 

人の思いを大切にしない人です。

 

人を大切に思ってくれる人を見つけて、幸せになってくださいね。

 

では、また次回に!

スポンサーリンク

コメントを残す