相手が自分に興味や関心がないか判断する前に、考えること。・~ その1 ~・

 

相手が自分に興味をもっているかどうかの判断って、皆さんが今後その恋を続けるかどうかの大きな判断材料になると思います。

 

興味をもってもらえないならもうあきらめるしかないじゃん…

 

って考えは多くの人が思いますが、ちょっと待ってくださいね。

 

その判断をする前に以下の点を考えてみてください。

この内容って、男女関係なく書かせていただいているので、どちらでもとっかっかりにはなりますが、アプローチのかけ方は違いますから、その点はまた別の機会に。

 

 

では、参ります。

 

まず、「興味がない」といっても皆さん、会って数秒で相手に興味を持ちますか?

確かに、容姿の好みがありますし、もともと有名な人なら興味を持つかと思いますが、それは例外として話してもないのに、または対して連絡もしてないのに「興味がないと思われている」って判断していませんか?

 

よくあるのは数通のLINEが返ってこないだけで「興味がない」と判断している人。

 

これは、ほんとに早すぎますよ。

 

また、第一印象が悪くて一気に意識から抹消した場合もまだ可能性があります。

 

私がここでお伝えしたいのは

 

「興味をなくした」と「興味を一度でももっていない」とでは大きく違いますってことです。

 

これをごちゃまぜにして「興味がない」と判断している人がいる。

 

まず、「興味をなくした」のなら一度は興味をもってもらったということ。これはアプローチを間違えたり、いうならば「友人としてもなし」と判断されてしまったときです。

これは挽回するのが難しいですね。復縁とかをしたいと考えている人の場合、この考えを相手が持っていることがよくあります。

 

だがしかし「興味を一度ももっていない」というのは一度もスイッチが入っていないということ。

言い換えると、きっかけがあればこれから興味をもってもらえるチャンスがある。その時やタイミング、きっかけがないだけ。

ということです。

 

いいですか?LINEを数通して自分に興味をもってもらいたいというのはかなり虫が良すぎますよ。

 

現代はLINEやらSNSやらテレビやら、アプリやらバイトやら、動画やら音楽、さらに勉強、学校、バイト、部活、友人、家族などなどあげればきりがないほど周りに楽しく興味を引くものが多い。

 

この多くの楽しさに、自分が割って入ると考えると数通のLINEで相手が興味をもってくれるなんてことはないんです。

 

だからまずは「興味がない」と判断して、相手の気持ちを早々に見切るのではなく、嫌われる勢いでアプローチする方がいいんです。

 

いうなら、嫌われたは完全に興味にはいった状態ですからそれくらいがいいです。

 

そしてそれくらいでないと興味なんかもってもらえないと思ってください。

 

この話はまだまだ深くなるので、

 

是非、また今度語らせてください。

 

そうだなーーーーーー来週かな。

 

 

ではまた次回に!

 

スポンサーリンク

コメントを残す