恋愛も仕事も頑張っているのに実らない、評価されない理由は?

恋愛も仕事も頑張っているのに実らない、評価されない理由は?って思うことは皆さんありますよね。今日はそのお話です。

その前にまず、謝罪をさせてください。

今日からできるときは図や絵をかいてBLOGに入れたかったのですが、すごいです。

パソコンで絵を書くってこんなに難しいのか…とおもっています。

しかも、今日は絵じゃないし。図だし。図とも言えないしwwwwww

そのすごさは、この後わかるかと思いますので、お楽しみに。。。。。。はぁ、、

今後、私の絵や図の上達も楽しみにしていただきたいです。

 

さて、そんなこんなで今日の話になります。

仕事でよくあることを恋愛で当てはめて考えてみたのですが、今日は「頑張り」が評価され、結果が残り、多くのことを学べる瞬間です。

まず「自分なりに頑張っているので、評価してください!」ってのはなしです。

それは私からしたら自己満足で言ったもの勝ちです。ずるいですよ。

頑張っているかどうかを仕事で評価してくださるのは、自分ではなく周りの方です。自分で点数をつけれるなんてことはないっすよ。

これは恋愛も一緒ですよね。

好きな人がどう思うか、ってのが恋愛では重要です。頑張っても評価してくれないのが恋愛です。そういう意味では仕事より難しいですね。

 

では、ここでAさんとBさんの仕事のスタイルを例にし、それを恋愛にあてはめてみましょう!

 

例1)Aさんの場合

Aさんは基本的な仕事はこなします。言われたこともしっかり守ります。

しかし、Aさんに足りないものは自分から積極的に提案をしたりする能力。

以下の図ですね。

Aさんの場合

これがないとどうなるか。

上司・先輩はAさんにやるきがあるのかはわかりません。

「頑張っている」というのは、人それぞれ評価する人の感じ方が違います。

上司や先輩が「頑張っていない」と判断したら、それは評価をする権限を持った人からしたら「張っていない」になってしまいます。

なにより、言われたことや、普通にこなすべきことをこなすって「普通」です。

そしてここからが重要なんですけど、、、

Aさんの成長がないんです。本当に日々、言われたことを吸収するだけになってしまうので、

言われないと成長がありません。

 

ここでBさんと比べてください。

 

Bさんの場合

Bさんの①はまず自分から上司・先輩に話しかけて、自分から提案をしたり、何か気が付いたことを「私がしておきましょうか?」って聞きに行く線です。

次の②は①に対する返答です。

これがまた重要で、②を返してもらうときに仮にOKだったのなら、Bさんは新しい仕事を自分から手にするし、上司や先輩にはやる気のある人ってとらえてもらえます。

で、仮に②がNGで提案が通らなかったり、やろうとしたことも拒否されてしまったらどうなるか。これは少しメンタルは削られるかもしれません。

しかし、メンタルって辛いことを繰り返すとなれが生じて、気持ちの切り返しもうまくなります。結果強くなります。

でも、上司や先輩には「頑張っている人」と思ってもらえますから、別の仕事を頼まれたりします。これでも得るものがある。

さらに!さらに!さらに!②といのは言うならば交渉です。

いかに自分の意見を通すためにタイミングを計り、言い方を考え、伝え方を工夫して、自分の言っていること、やろうとしていることがいかにメリットがあるかを伝えます。

仮にNGが出てしまったのなら「どうしたらOKをもらえるか」を考えます。

そしてOKがもらえたら、その方法をしっかり吸収できます。

 

最後に③です。

OKをもらってそれを実行することで、新し経験値を得ます。

自分から何かをお願いしたことで、チャンスを生んで、それを達成するための段階に入ります。

 

ここまでは仕事を例にしましたが、これを恋愛にあてはめてみましょう。

 

①自分から声を書けることで、相手に積極的にアピールする勇気をもてる。

②デートに誘って、NGだったとしても、次はOKをもらうための手段を探す。それでも相手にはアピールすることはできた。

③②でOKがもらえたことで、デートをすることができる。

これだけのものをBさんは得ることができるのです。

Aさんは、声を書けることできず、片思いで影で思って終わってしまった恋になる。

自分は興味を持っているのに、相手にはそれが伝わらないから仮に相手も好きだったとしても「私(俺)には興味がないんだな」

と、思ってチャンスを逃してしまう。

そしてAさんの「普通」てたぶん現代でいうLINEしてます。っていうくらいです。

これだけの違いが目に見えないところにあるんです。

 

恋愛も仕事も積極的な方がチャンスを多く手にできますよ。

 

では、また次回に!

(もっと絵や図や字がうまくなりたい!!!!!!!)

スポンサーリンク

コメントを残す