片思いの時に確認しておきたい6つのこと

恋愛で相手を選び間違えました…

という話を聞きますが、一個一個付き合ってから確認していたらなんども付き合って別れての苦労をすればいいのかわかりませんよね。

諦めるにしても、本当に諦めた方がいい人なのかわからない。

このまま迷走しながら辛い時間を過ごしてもいいものなのか…そんな日々を送っている方に今日は相手選びを後悔しないというリストを書いてみました。

 

それは以下の6つです。

 

・連絡の頻度

・他者への接し方

・一緒の時間を過ごしてくれるか

・心の安定

・変化への対応能力

・誠実さ

 

では、一個一個見ていきましょう。

 

・連絡の頻度

 

これはお互いに満足の行く頻度で、連絡をした方がいいという点もありますが、報連相はビジネスでも基本です。よく旦那さんが晩御飯を食べないということを奥さんに連絡し忘れてしまい、怒られた…という話をよく聞きます。

必要なことは絶対に連絡する!これを徹底してくれるマメさが大事です。

 

・他者への接し方

 

人の本性は油断したときに出ます。

人間は心のどこかで「人にやさしく」と思ってはいますが、油断をしていると自分本位になります。

好きな人や身近な人にやさしくするのに、店員さんには優しくしない人が嫌だって人いますが、仮にどこかで食事をしてお店を出る際に「ごちそうさまでした。ありがとうございました」などを言えない人は、あなたの作ったご飯もいつか当たり前になっていわなくなります。

 

・一緒の時間を過ごしてくれるか

 

よく外に出かけるのが嫌いな男性がいます。ディズニーランドに行くのが嫌だって人が少なくないです。並ぶのが嫌だそうです。

せっかくの休日や夜を一緒に過ごさない人がいますが、コミュニケーション不足は距離を作ってしまいます。何より、適度に一緒に楽しめる趣味や活発力がないとつまらなくなってしまいます。

 

・心の安定

 

実は結構この安定ができない人が多いです。言い換えると気分屋ってやつですね。心は基本的に安定。テンションもいつも同じでないと、浮き沈みに一個一個対応していたら本当に疲れてしまいます。心の安定は、関係の安定に比例します。

 

・変化への対応能力

 

二人で多くの時間を過ごしていれば、必ず環境の変化が訪れます。

学生さんは、社会人になったり、付き合っていた関係から結婚したり、引っ越しをしたり、多くの場面で環境が変わりますから、臨機応変に対応してそのたびに安心をつかんでいただける能力がなければなりません。

 

・誠実さ

 

最後に誠実さですが、これは真面目さと、優しさを兼ね備えたようなものです。

仕事に真面目であったり、嘘をつかないこと。

嘘をつくのがクセになっている人は、意味のないところで嘘をつきます。その嘘から関係に亀裂が入りますので、真面目さと嘘をつかないはセットです。

 

これらを確認する方法は、後日書きます!

 

では、また次回に!

スポンサーリンク

コメントを残す