もう、その恋はあきらめるべきなのかもしれない。判断ポイントをまとめたよ。

 

このまま好きでいても関係は発展しないと思う。何ヶ月も、何年も同じ人を思い続けて、いつかいつかとタイミングを計ってみては、そのタイミングが来たのにやっぱり告白もできなかったし、遊びに誘うこともできなかった。

連絡を取り始めた当初は新鮮さもあってかLINEももらっていたし、話すチャンスもあってすごく楽しかった。

 

それも今では薄れてしまうほど、過去になってしまった。

 

嫌われるのではないかという恐怖と、ここまで積み重ねてきた関係がなくなってしまうのではないかという不安に悩まされ続けた。

でも、いつか自分を見てくれるのではないかと思いながら片思いを続けた。

 

きっとこんな人は多いと思う。

 

だから今日はその恋を進めるか、諦めるかを判断するPOINTをまとめた。

 

一途であっても幸せではない。

 

幸せになるために恋愛をする。その「幸せ」の定義は人それぞれであるが、ここで「諦める、諦めない」が悩みの種として迷っている時点で、それは幸せではない。

二人の関係性で悩んでいるならそれが付き合うことの楽しみである。共に過ごす時間が多くなれば自然と悩みも増える。それが「お付き合い」といやつだ。

お付き合いでの悩みは、個人での意思選択はできているものの、相手に受け止めてもらえてないという悩みが大半だ。

しかし、一人で悩んでいるというのは、自由に選択ができるという中での悩みである。それは悩んでいる時間がもったいない。

一途になって一人の人間を心内で思い続けることは幸せなのか?という疑問に関していうなら、まったく幸せには見えない。

なにより片恋を数年続けて付き合うことができたとして、本性が見えて人が変わるということは十二分にありえる。

DVであったり、浮気性、人間としての未熟さが大き過ぎて、付き合っていくだけで苦しくなる。などの要素が付き合ってからは見えてくる可能性がある。そして付き合ってみないと見えないものでもある。

結果的に別れた後に心に残るのは「この数年間はなんだったのか」という後悔と喪失感だ。

 

恋愛を簡単に進める人は、諦める、諦めないをどこで判断している?

 

モテる人であっても、100発100中で好きな人をものにしているわけではない。

叶わないときは叶わないと判断して、その恋を諦めているところをよく見かける。

 

しかし、告白して振られたわけでもないのに諦めている瞬間がある。

 

その判断材料はどこになるのだろうか。

 

付き合った経験が多い人ほど、付き合う前の独特の空気を感じとれる。

「これは付き合うだろうな」という空気である。見えないOKサインってやつだ。

 

この「OKサイン」が一個の判断材料になるが、もう一つの空気がある。それは反対に位置する「NGサイン」である。

多くの人が「OKサイン」をもらうために、あの手この手を駆使してはタイミングを見計らって相手にアプローチをする。それはあまり恋愛を経験したことがない人でも同じであろう。

しかし、ここで差がでるのは恋愛経験が豊富な人は、手順と自分が相手に受け止めてもらえるまでのステップを把握している。

 

感覚的に「次はこの段階」というステップだ。

 

経験が豊富な人とほど相手のタイプを考えて、もっている武器の使いどころを変えてくる。

例えば、LINEなどでちょこちょこ連絡を取っていくのは好きだが、会話をするのが苦手なので電話はできない。という女性にはLINEでの楽しいやり取りを提供する。

LINEなどでは思っていることも伝えられないし、時間がかかるから電話か会って話をしたい。という女性には、無駄なやり取りなしで会う約束を結んでしまう。

 

ここの相手に合わせた判断が的確なのだ。

自分のできること、できないことであの手、この手を変えるのではなく「相手との距離を最短で縮める、かつ、その縮め方が相手にとって苦にならない選択」に長けているのが恋愛をうまく進める人だ。

これを間違えて「自分なりのアピール」をしているようでは相手は振り向きもしないし、その行為そのものを鬱陶しく思ってしまこともある。

だから「脈がない」という空気を感じる瞬間が来るのである。それがいわゆる「OKサイン」の反対に位置する「NGサイン」である。

 

 

NGサインの例

 

 

「NGサイン」は2種類ある。

 

・脈がまだあるNGサイン

よく初めは嫌われていたり意地悪をされていたのに、しばらくすると付き合ている恋愛漫画を見かけるが、あれは相手を知らない状態で関係が始まり、意味なく嫌われるとか意地悪をされるというのがスタートだったパターンだ。しかし、時間をかけて相手を知ったら恋に落ちた。という形になる。

いわば、魅力を知らず、相手を知らないで「なんとなく嫌い」という状態のNGサインだ。それならまだ魅力を見せるタイミング手持ちの魅力もあるだろう。

 

・脈がないNGサイン

しかし、何カ月も何年も片思いをしている人は基本的に「魅力を見せるタイミングがない」という状態か、「魅力は見せたが、こちらを向いてもらえなかった」とい場面が大半である。

これは完全に終わっているNGサインである。

 

以下にNGサインのリストを書いた。

これに該当する項目が多かったら諦めたほうがいい。

 

・遊びに誘ってもOKをくれない

・他の人に連絡しているのに自分には返してくれない

・学校では他の人と、自分と話しているときで全然表情が違う(自分にはあまりいい印象がない)

・LINEなどの文はかなり素っ気ない

・ほめる言葉を伝えても反応がかわらない

・嘘ばかりつかれる

・嫌いと言われた

・友人以下と判断できる接し方をされる

 

これくらいだろうか。

POINTしては「嫌い」という感覚を無言で伝えてくる感じだろう。

 

嫌いが相手から伝わったらあっさりと引くべきである。

ここから逆転する時間を考えるなら、次に行った方が幸せを手にするまでの時間が早い。

 

 

 

タイミングと魅力で判断する。

 
総括だがNGサインの例で色を変えたが、恋愛をうまく進める人は「タイミング」と「魅力」がなくなったと判断したら、その恋愛を終わらせるのである。

ありもしないものを見せようとしても、相手の反応は変わらない。

それどころかNGサインを無視して、なんとかOKサインをもらおうとすると「嫌いな人」という烙印を押されてしまう。

こうなっては今後挽回のチャンスがあっても完全に避けられてしまう。

 

恋愛がうまい人の中には、数か月、数年たってから自分を磨いて再チャレンジをする人もいる。

時というのは過去のイメージを薄れさせ、新しいチャンスを生む。その時まで新しい自分になればまだチャンスはある。

 

「いつか、またね。」

 

そういった一途さがあってもいいだろう。

 

FavoriteLoadingお気に入り

 

スポンサーリンク

コメントを残す