冷めきったカップルや夫婦の関係を良好にするたった1つの究極の奥義

FavoriteLoadingお気に入り

冷めきっている関係を熱々にしてやる

今回は冷めきった関係を良好にする究極の奥義を皆さんにお伝えしよう。
愛した旦那さんや、奥さん、彼氏や、彼女との関係が冷え切ってしまって、悲しい、寂しい。という人は本当に多いと思う。
1つ屋ねの下で会話のない日々を過ごし、刺激のない毎日を過ごすことに慣れ切ってしまっている、とは思っても本心では楽しい時間を再び過ごしたいと思うものだろう。

今回はこの手段を知ればそんな二人の関係が再び熱を帯びること間違えなしの奥義である。

身も心も健康になれる最強の奥義だ。

奥義伝授

いきなり奥義を伝授するぜ!

それはずばり「マッサージ」だ!

拍手ありがとう!おれはいま誇らしいぜ(*´-`)

これの効果は絶大だ。なにより、お金もかからないし、会話が自然とうまれるし、きっかけなんかいらない。相手の体が疲れる、肩がこる、腰がいたいなどいくらでも頻繁におこるのだ。その度にスキンシップをはかれるのだから、これほどにいいことはない。
そして、あなた自身の体のケアを意識できるし、やっていれば自然と知識もつく。相手の心理を読む必要もない。
これほどにすばらしいものはないと断言したい。

その凄さは店舗数からわかる

需要と供給のバランスを崩すほど、日本にはマッサージや整体、整骨などのボディーメンテナンスを専門とする店舗が多いことをご存じだろうか。実は全国のコンビニの店舗数より多いのだ。
なぜ、それほどに増えてしまったかといえば、ここからは持論だが開業した人自身のがその効果や素晴らしさを知って、それを世に広げたいって思ったからだと思ってる。
世の中は体でも心でも癒しを求めているのだ。それを同時に得ることができるのはマッサージだけなのだ!

拍手ありがとう。

触れることが許されないなら

関係によっては触れることすらできないほどに冷めきってる人もいると思う。

まだまだ関係が良好で、いまから今後の対策としてマッサージを習慣にするなら問題ないと思うけど、触れることすらできない関係なら仕向けるしかない

仕向けかたとしてはまず、あなた自身が肩凝りに悩んでいるとして、書籍を買う。その本を見ながら自分で揉んでいる姿を相手に見せる。
その本に対して興味をもつまで待つ。待っている間に、ちゃんと知識と技術をつけておく。
そうやって機会をうかがうことだ。

間違っても焦って「スキンシップのために揉ませてくれ」なんて言わないことだ。たまにいるからビックリである。

あくまで仕向けること。向こうがのってくるまで待つことだ。

道具は買うな

ツボを的確に押す道具は多くあれど、道具を買ってしまうと自分が触れる機会が減るから絶対に買うな。
あくまで「触れあうこと」に意味があるから、「ちょっと肩を揉んでくれる?」を引き出す環境と関係を整えることを目指してほしい。

絶対に下心は隠しきれ

男ってのはアホだからすぐに性欲でたかが外れる。
女性の体に触れることができるってだけで、すぐにやれるとか思い出す。
マッサージをきっかけに「触れること」で関係が良好になっているとはいえ、冷めてしまってる関係がすぐに改善されることはない。
なにより「こいつ、体が目的だったのかよ」と余計に関係が悪化する。
マッサージと体を交えるのは全く別の場面ですることだ。関係がよくなれば体を交える日だって遠くない。

触れることの大切さ

強引に触れることなど皆無だ。それでも、触れることには一定の安心感が生まれるし、その中で会話が生まれる。一度や二度触れたくらいで関係が良くなるとは思わないが、重ねていく必要がある。
今更何を話していいかわからないという関係の人もいるかもしれないが、いままで話してなかった分、話すことなどいくらでもあるのではないだろうか?
俺はともに空間に過ごす相手とは心地の良い距離にいたいと考える。「会話がなくて寂しい」と感じるなら、会話をするべきだ。
ここまで多くを文面にしたけど、マッサージなんてみんなが悩む体の疲労を解消して、きっかけを作ることのできる最良の手段の一つだ。うまくいかないなら別の方法をとるほうがいい。

だけど、身近な人に頼むことができるというのは、本当に心の支えになるから是非とも身に着けてほしい。

参考文献

触れる事の重要性がすべて詰まってる。これまでに行われた科学的実験を元に、触れるということはどういうことの効果と心理的影響がわかる書籍。
これを読めばどうして女性体に触れることを自然とするかわかるし、頭を撫でられるのが好きなのかわかる。反面、触れらるのが不快になる理由もわかる。
読みごたえは抜群だよ。

お勧め文献

体全身のアプローチ方法が載っていて、どうして身体はコルを解説してくれる。
手の使い方はもちろん、引っ張るところ、押すところ、触り方、強弱などを簡単に解説してくれる。この本に掲載されているトリガーポイントは「うはーーーーきくーーーー」というPOINTであることが間違えない。
知識としても技術としても簡単に身に着けることができる一冊。
FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

コメントを残す