体狙いの好きな人|彼女になるためにするべきこと

FavoriteLoadingお気に入り

好きな人が自分のことを体目的としてみている

これ、結構よくある話なんだけど、好きな人とそれなりにやり取りしてて、遊んだりできる!と思った瞬間に「Hしようよ」と体目的の発言やら下ネタ連発やらで、いやがっても軽く笑いなが話を進める。

そして全力で拒否したら連絡がなくなる。

これがどうでもいい男ならいいけどさ、好きな人だと連絡がなくなるの嫌だから全力で拒否できないし、かといって傷つきたくないから体も許したくないしってジレンマに落ちる。

今回はそんなジレンマから抜け出し、一人の女として見てもらう方法を教えるよ

絶対に体を許してはならない理由

相手に片想いをしてるなら絶対に体は許しちゃダメだ。女の子は生き物として本能で体を許した男性を好きになりやすい。しかも、かなり高確率で。そして男性は体を許した女の子を付き合ってもないのに「おれのもの」と思い始める。

そうなったら終わりだ。絶対に体を許したら好きになってもらえず、何年も引きずる可能性があるから気を付けろ。

下ネタがきたら全力で回避しろ

下ネタを話始めたら完全にシカトすることを進める。
体だけしか狙わない人の特徴に「下ネタをガンガン話してくる」ってのがある。
とにかく友達とかほしくなくて、興味津々で体のことを根掘り葉掘り聞いては勝手に興奮してそのままセックスを狙う。
これは学生さんに多い傾向で、大人になると飲みにいって体をさわったり、ヘラヘラしながら冗談混じりを演じた本気でセックスをしようとするから気を付けろ。

まず、体だけの関係にならない女の子を特徴は下ネタがきたら半ギレで拒否する。
ここで「怒ったら嫌われるからな…」って思ってる子いると思うけど、嫌わないよ。たしかに「ちぇ、やれない女かよ」って思って連絡を断つ男いるんだけど、そのあとしばらくしてこっちから連絡してみ。普通に連絡返してくるから。

友達になるためには時間がかかる

「セフレ」ってのを「友達」と思えば友達にはなれるんだけど、この記事を読んでる人は将来先々「恋人になりたい」って願望があると思う。
たまにはいるよ。「体の関係でなければ、好かれなくてもいい。とにかく嫌われたくない」って女の子とか。

で、極論は「体の関係であっても嫌われなければいい」って人。

どっちにしろ、まずは友達にならないと話にならない。

ではどうやって友達になるかって話なんだけど、

  1. 体は許さないで、「絶対にやれない女」の位置をとる
  2. 別の話題に切り替える
  3. 時間をかけて相手が体からあなたを見るようになるまで待つ
  4. 普段の会話からいいなりにならず、怒るときは怒る

これらを徹底していると、だんだんと下ネタを言わなくなる。そして、嫌われることに敏感になる。

好きって気持ちに意地をつけたら終わりだよ

俺が過去出会った子に彼女が数人いて、セフレが数人いた人を好きになり、呼び出しにすべて応じる人が子がいた。
とにかく嫌われたくないってことだったけど、おれはその人の価値観すら歪んだものに見えた。

そんなのが幸せなのかな?

恋ってのは幸せなことばかりではないけど、幸せになるためにするものだと思う。
自分の気持ちに向き合ってくれない人をいつまでも好きでいる必要はないし。
恋愛ってのは、好きってのは、意地を張ってまですることではない。体の関係を狙っている男性はあなたに嫌われることはないと思ってる。どこか、自分を好きでなんでもノッてくれるものだと思ってる。
それは言い換えると、自分の意見は必ず受け入れてくれるものだと思っている。
だからそうではないことをしっかり証明して、言葉でしっかりと「嫌だ」と伝えてほしい。

もう体の関係になっているならこっちを読んでね

体だけの関係に悩むのはもうやめよう|もう疲れただろ?

体だけの関係に悩むのはもうやめよう|もう疲れただろ?
遊ばれてるぜ俺のなかで女の子の悩みあるあるの2大悩みのうちの1つが「体だけの関係」ってやつだ。今回は男の俺から重大な発表がある。読んで苦しむかもしれないけど...

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

男性必須読セックスがうまくなる方法│セックスがうまくなるために必要な知識と心構え

FavoriteLoadingお気に入り

いまより上のセックスしたくない?

セックスにおいて男性はとにかく気持ちよさに狂っている女性をみるのが大好きだ。だからこそ、これでもかと腰を振って、女性の狂うさまを見たいと必死になるのだろが、自分の中でかなりのベクトルをおいているセックスが上手くなるための場が世の中に少なすぎると感じる。だからこそセックスのよさも、危うさもわからないのだと思うのだが。セックス上手くなるためには必然と本であれ講演会であれ、セミナーであれ学ぶ場がなければ上手くならないし、実際に体を交える必要もある。そんなセックスが上手くなるための場が少ない。
これは世の空気のせいでもある。「セックスは汚らわしいもの」という風潮が俺の物心つく前から満盈しているから明るみにならない。

だから俺なりの意見と経験を書くことにした。
で、よく聞くのが「AVみたいなセックスはするな」って女性の著者とかの意見なんだけど、そんなこといっても男はわかんよね。だって、現実に女性はよがってるように見えるもん。

だから今回は男性のセックスの視点を変え、今以上に上手くなり女性があなたに夢中になるセックスの技術を教える!

下手くそなのではなく、上のセックスを知らないだけ

仮に相手の女の子が幾人かの男性と体をセックスした経験があるとしよう。

幾人か経験があれば、必然と上手い下手の順位がつく。

よく聞かないか?
「今カレより、元カレの方がセックスは上手かった」なんて女の子のセリフ。プライドが高い男なら怒り狂うのではないだろうか。

だけどさ、「なんで上手い下手の順位が付くと思う?」って質問して、「それはあれの大きさだろ?」って解答なら芸がない。
女性の体の構造をちゃんとご存じだろうか?知っていれば絶対にその回答はない。ちなみにAVの話しを挟むけど男性向けのAVのセリフの中に必ず男性の「あれ」をほめちぎるセリフが入っている。これは男性の本能を逆手にとったビジネスだ。
ちゃんと女性の体の構造を知っていれば、セックスにおいて必ずしも重要ではないとわかる。『セックスが上手い=あそこがでかい』とはならない。

それは「自分の知らない男性と、その女性が寝ている姿をしらないから」だ。

男性側に相手を満足させたいって強い気持ちがあり、それなりの知識と経験があれ、ば比べられての順位は大きく変わる。

重要なのはいま以上にセックスが上手くなって、トップにたち、いままでに見たことのない女性の反応を見る事だ。

性欲をコントロールしろ

冷静さがなくなると、人間は実力を発揮できない。
こと、セックスについても一緒だ。
欲望のままに射精に向かうセックスをしても腰を振って終わりである。それが女性の中に「自己満足なセックスだな」と残る瞬間だ。だからするべきことは体を交えたら射精を忘れて、相手に注視することだ。

よく考えてみてほしい。射精をするタイミングをしっかり極めたわけでもないのだから、女性が満足してからでもよくないだろうか?さらにいうなら、自分だけ満足をしているセックスはNGだ。そうなったら射精なんて二の次である。

セックスができない日や女性の日にしておくべき手入れ

女の子には女のこの日ってのがある。
知らない人がいるといけないから先にいっとくけど、女のこの日にセックスなんてするなよ?

病気になるぞ。

体から出そうとしてるものを体の中に押し戻そうとするんだからまずいってことはわかってほしい。

そこで、平均して一週間ある女の子の日にやるべきことは、自分の体の手入れだ。セックスをする前にゲンナリされては気持ちも萎える。
とくに、局部の毛の手入れをしっかりしてくれ。
そして、デブった腹を引き締めたり、テクニックを磨いたりして、体を交えてはいけい期間にたくさんの準備をしてほしい。

さらに基本だが、爪の手入れは必須である。女性はネイルをしたり、爪が男性より薄いから爪への意思が強い分、相手の爪を見ている。さらに、自分の性器のデリケートに触れる分、神経質になるのは当然である。
伸びているNGなのはもちろん、汚れているののNGである。

女の子は物心ついてから懸命にかわいくなること、美人になること、スタイル維持に打ち込んできた。
いくら愛情がそこにあれど、100年の恋も冷めるという言葉があるように男らしさにカケたら抱かれたくないのは普通のことだ。

AVの位置づけ

AVは男性の欲望を疑似体験するための最高のツールだ。
仮に女性に「彼氏のしたいHがわからない」という相談をうけたらAVみたいなセックスか風俗でするようなプレイをお勧めするかもしれないが、男性にはそれはお勧めしない。
AVはあくまでビジネスだ。男性の欲望を満たすために存在する。あれをそのまましたらそりゃ女性は嫌がるっしょ。
と、いってもAVが全くためにならないとは限らない。余は使いようだ。

俺がAVを参考にするのは一つ。

マンネリ防止のネタ探しだ。もちろん、そのままネタを使うわけではないが、固まってしまった自分の発想を刺激するために使ってる。

セックスは肉体と心から刺激を得よう。

勉強になるHの指南書

SEXの腕を上げるお勧めのSEX書籍|SEXを勉強して今より一つ上の男へ

SEXの腕を上げるお勧めのSEX書籍|SEXを勉強して今より一つ上の男へ
知らない世界を教えてくれるSEXの指南書ただ突っ込んで腰を振っているだけでは芸がない。SEXもしっかり学んで今より、厚みのある男になってもらいたい。だからこそ、今...

関連ページ

間違った知識は危険|Hのときに気を付けること

間違った知識は危険|Hのときに気を付けること
無知でSEXするとろくなことにならない女の子でも男の子でも、初体験というのは緊張するし、おもうようにできないもので、なにより、怖いものだ。初体験のHについて言え...

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

SEXの腕を上げるお勧めのSEX書籍|SEXを勉強して今より一つ上の男へ

FavoriteLoadingお気に入り

知らない世界を教えてくれるSEXの指南書

ただ突っ込んで腰を振っているだけでは芸がない。
SEXもしっかり学んで今より、厚みのある男になってもらいたい。だからこそ、今回はSEXの先生たちを紹介しよう。
いまよりしっかりした知識を身に着けたら、女性の反応が変わること間違えなえない。
現代、SEX離れしている男女が多い。それはSEXがめんどくさいとか、楽しくないとか、気持ち悪いという悲しい思考を持っているからだ。
それはSEXのよさをしっかり考え。体感、体現したことがないからだと思っている。
今回は、男女の体を知り、しっかりとしたテクニックを知って、今より一つ上の世界を味わってもらいたい。

「たった3分」からの大逆転――男の「早い」は才能だった!

男性諸君、射精をコントロールしてみませんか?女性が絶頂に達する一歩手前で自分が果ててしまうという経験をした男性ならもっと射精をコントロールしたいと思うはず。このアダム徳永さんの書籍は射精をコントロールするすべを教えてくれる書籍になってます。
早漏で悩んでいる男性にはマジでお勧め。そしてしっかり読んで欲しいのは、「イク」ってそもそもなんなのか?ということに新しい視点を与えてくれます。お勧めです。

AV男優しみけんが教える うんこ座りでオトコの悩みの大半は解決する!

奥さんが抱かせてくれない…って悩みは衰えてしまったあなたの肉体が原因かもしれない。
しみけんさんの本は下半身を鍛えるだけで、男性としての能力が向上し、いまより勃起の能力と性欲が向上し、男性としてみなぎること間違えなしの内容。読んでて笑える内容もあるので、楽しく学べると思えます。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

SEXの指南書としては一番有名な作品になるかもしれない。
宋先生の指南書は、気持ちいいのいいSEXというより、男女の体を教えてくれる作品です。
「入門」って意味ではこれを読むのが一番いいと思う。やってはいけないものもしっかり書かれてるし、男女の認知の違いを教えてくれます。先生は他に作品を書かれてるので、一式読んでみるのもいいかもしれなせん。

もちろん女医が教える 彼女にも読ませたい HOW TO オーガズム

SEXの流れを上から下まで教えてくれて、二人で学んでいきたいと思わせてくれる書籍。
気持ちよくなるSEXとはなにか?という疑問にお答えしてくれる。今より相手に快感を味わってもらいたいならしっかりとした知識と流れを学んで、そして終わったあとの接し方もしっかり教えてくれます。

最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス

技術と知識を身に着けたいならこの書籍。
実践的な内容が満載で、今より知らない方法を教えてくれること間違えなし。男性はこれを読んだらAVみたいなSEXができなくなると思うよ。これからは女性に、相手にコミットする方法をしっかり学んでいきましょう。

SHIMIKEN’s BEST SEX 最高のセックス集中講義

またまたしみけんさんの書籍でこちらはLesson形式で、SEXを上からしたまで教えてくれます。
これを読んだら一式上を経験させてことも、経験することもできると思いますよ。今話題のしみけんさんのAV男優としての経験値をしっかり載せてくれているので、間違えなし作品です。

スローセックス―彼を虜にする愛の教科書

最後にSEXをする前段階で女性に心地よさと、興奮を掻き立てる書籍を紹介。
アダム徳永さんの「スローセックス―彼を虜にする愛の教科書」は無駄な体力を使わず、女性を快感に連れていけます。
新しい視点を持ったアダムさんの代表的な考えと技術を学ぶのはこの書籍がおすすめ。

SEXを学ぶことは悪いことではない

SEXってのは重要な愛の確認だ。適当に考えて、欲望のままに動いていたら相手の気持ちが離れていくにきまってる。
俺はしっかり学んでもらいたいと思ってるし、それは男性だけでなく、女性もしかりだ。自分の体は、自己責任で開発してもらいたいし、相手への理解と相手の理解を両面意識して頑張ってもらいたい。そして男性に最後お伝えしたいのは、コンドーム一つでもしっかりこだわってほしいと思う。ゴムの素材が合わないとか、使われているジェルが合わないとかあるから、コンビニなんかで安く売ってるコンドームとかは使わないでももらいたい。

お勧めのコンドーム

薄いからいいのではなく、生体適合性の高いポリウレタン素材を使っているので、体質的に合う人が多いと思う。
丈夫なので切れる心配もないからお勧め。

関連ページ

男性必須読セックスがうまくなる方法│セックスがうまくなるために必要な知識と心構え

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

間違った知識は危険|Hのときに気を付けること

FavoriteLoadingお気に入り

無知でSEXするとろくなことにならない

女の子でも男の子でも、初体験というのは緊張するし、おもうようにできないもので、なにより、怖いものだ。
初体験のHについて言えば女の子は基本的に受けで、男の子にかっこよくリードしてもらい、安心感をもらい、緊張と興奮と痛みや快感に包まれ、身を委ねた相手に多くの感情が入り交じっての言い表せない形になるだろう。

ただ、これは俺だけでなくそして俺以上にわかっている人、そして経験した女の子がいると思うが、間違った知識でHをしたり、身を委ねた男の無知と欲望でHをしたら、大きく傷つくのは女の子だけということ。

今日は最低限知ってほしいHの知識と、これから回数を重ねていく上での注意と快感について書いていく。

ゴムを着けない男とは別れろ

最初に一番重要なことを伝えておく。コンドームを着けない男は絶対に別れろ。そして、それを許す女にはなるな。
「中で出さないと大丈夫」などど、軽率な発言をするやつがいるが、くずの極みである。
わからなくてもいいからよく聞いてほしい。
男の精機からは白い透き通ったネバネバした汁が興奮すると漏れ出てくる。これを俗に男は「我慢汁」などというのだが、これは射精しなくとも勝手にでてくるもので、その中に精子は存在する。自分の意思で止めることはできない。生命体の自然な反応だから自然と出る。
にも関わらず、男は「中で出さないから大丈夫」などと無知であるにも関わらず、女の子をいいように操る。

傷つくのは女の子であるにも関わらずだ。

望まない妊娠をしたときの女の子の気持ちをここに書く。

まず、生理がこないことに不安になる。あのときの一回が不味かったのではないか?と不安と恐怖に包まれる。
次に検査をする。このときはもう泣きそうとかそんな次元ではない。不安だから誰かに打ち解けて一緒にいてほしいとか、逆に万が一のことがあったら自分だけで全てを終わらせたい。そしてそのあとどうしたらいいかなんて、知りたくもない。現実から逃げたい。その不安に包まれる。

おれの友人や知人に聞いたが、望まぬ妊娠をしたときの女の子はみなが血の気が引いて、言葉にできず、心臓が止まるという。

男の俺に想像することしかできないが、まずHに関して言えることは、望まぬ妊娠だけは絶対に避けることだ。

だから繰り返していうが、「コンドームはつけろ」
仮に相手の男が持ってないなどと戯言を言うなら、自分の身を守るとして自分で持ち歩くべきだ。買うのが恥ずかしいなら、友人と話して複数人で買いにいくこと。なにがなんでも手にいれろ。

脅すように言うが、望まぬ妊娠など絶対にするな。

生理中のHは安全なのか

これも注意が必要だ。
「生理中のHは妊娠しない」とか「別にやってもなんら害はないでしょ?」という男がいるが、絶対にだめだ。
そもそも、生理中には大量の血液を出して、妊娠の準備をするが、なぜ大量の血が出るか考えてみればわかる。
基本的に、体から「出る・排出される」ものは全て出さなければならないものとして出しているということを考えてほしい。

そこに男性の精機が出たり入ったりして、出ようとしているものを中に戻しているのだ。

どう考えても害だろう。

難しい専門知識は置いておくが、絶対にやめろ。

妊娠できなくなるぞ。

コンドームの合う、合わない

気がつかない人が多いのだが、コンドームは体に合うあわないがある。
ゴムアレルギーとか、コンドームについているジェルが合わないとかそういったので、行為が終わった後に異変を感じることがある。
そうなったらまずはコンドームを疑って変えてみてほしい。デリケートな部分だから、しっかり向き合って、手入れをし、病院にいくことも覚悟してほしい。
ただし何度も言うが、着けないという選択肢をとるな。

痛みしかなかったHについて

痛みに関してはいくつがあるが、お腹がいたいと言うのがある。男性機で突き上げられると下っ腹が押されて、圧迫されお腹がいたくなるというのがある。
その圧迫感がいいという女性もいるが、痛みに耐え続けるのは苦痛だろう。
なずは、病院にいくことだ。原因は様々で、一つではない。

男性への期待は危ない

初体験はそれなりに経験してる人がいいという女性も多いが、それほどにいいものではない。男はAVのみすぎだ。相手の気持ちや反応をしっかり読んでくれる男はそんなに多くない。そもそもそれには才能か、知識が必要だ。
女の子という生き物をしっかり把握してないとうまくいきっこない。

おれはその女性がHに積極的になるかどうかは、これまでの経験した男性か今の男に全てかかってると思ってる。心も体も全て満足させてくれる男はそうそうにいない。

では、どんな人を選んでいけばいいか。

それはそんなに難しくない。
ちゃんと好きな人を選べばいいだけだ。

プレイにたいしては、良いか悪いかは経験を重ねないとわからない。

しかし、好きな人かどうかは選択できる。

初体験というのは今後のあなたが100人、200人と体を交えても残るものだ。

振り替えればどうでもいいと思うかもしれないが、苦い思いではできるだしてほしくない。

思い出すだけ、悲しくなるような行為は避けてなんぼだろう。

Hについての価値観

性欲があるないは人によって違うものだし、環境が整っていればしたくもなるし、その逆もまたしかりだ。
ムードを整えてくれる人もいれば、やたらとうまい人もいるし、うまくなくとも気持ちをのせてくれる人もいる。

こればっかりはやってみるしかない。

おれがいままで会った人の中には、やってみてから付き合うか判断するという女の子が数人いた。

Hをする度に嫌いになるなら、付き合うことができないという意見だった。
それは一種の男性への期待感のなさなのだろう。満足させることに執着ある男ばかりなら、付き合ってから体を交えるだけで十分だからだ。その期待に応えられない男が多すぎる。

男性のHに対する向上心とは的外れであったり、そもそも向上心がなかったりする。

なかなか自分の心と体を満足させてくれる人はいない。

結婚したら愛情も冷めて、肉体の満足感だかを求める夫婦もいる。そこからまた再加熱で愛情が深まる夫婦もいれば、初めて体を交えてた感覚を忘れて業務的にこなすようなHにもなる。
奥さんが「都合のいいダッチワイフ」なんて言い方をするのはそのせいだ。

男ってのは自分の女の子に積極的にHを求めてほしいものであるにも関わらず、純粋さを求めて自分が初めてであることが多いとガキみたいにはしゃぐ生き物だ。
そうでない男がどれくらいいるかおれは調査できない。

だから、女の子には自分のために男性に意見を述べてほしい。そして、傷つけてほしいと思う。

そして、一人の人と一回や二回でなく、できる限り体を交えてほしいと思う。

いいHをするためには人数でなく、一人の人とどれだけ深く交わったかが重要だと思う。

これから不安がある女の子はたくさんいるし、いま満足のいくHをしてない子はごまんといるだろうが、それも恋愛のひとつで、愛情の確認であり、重ねていくべき大切なものと思ってほしい。
FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク