別れ話をLINEなんかですませてきた相手なんて、さっさと忘れるべきだ

 

別れ話をされる側の気持ちというのは本当に辛い。
受け取られないし、受け止めたくなんかないに決まっている。

それでも、気持ちを無理やり圧し殺して、相手の意見を飲み込む。

そして「同じ事を繰り返したくないから」と相手が冷めてしまった理由を訪ねて、言いたいことを言って、少しでも最後に気持ちを整理して終わりにしようと思うものだと思う。
これって、LINEとか電話なんかではスッキリしないもの。


やっぱり、会って話をしたいもの。
顔を見て、できることをして終わりにしたいもの。

にも関わらず、会える距離にいながらLINEなんかで別れ話をして終わりにする人が増えている。

ここで別れ話をする人の気持ちを言い表すと、会って伝えるのはかなりストレスがかかる。
別れ話をされて、まだ立ち直ってない人がこれを聞くと辛いかもしれないが、別れを伝えるがわというのは、とっととその関係を終わりにしたいと思っている。1分1秒でも早く離れたいと思っている。

好きだとか、愛してるとか、一生大切にすると言ってたのが嘘のようにそんな気持ちにかられて関係を早く終わらせることばかりを考えている。

信じられないかもしれないけど、これは本当だ。きつ現実だ。

ただ

どうしたって、別れ話を伝えられる方が辛いに決まっている。身を引き裂かれる思いをしてる。今後、どれだけの年月その人を思って悲しい時間をすごすかわからないくらい辛い時間を過ごすのだ。

別れたからって、気持ちが別れるわけではないのだ。

だからせめて、相手に幸せな時間をもらったのだから。相手に尽くしてもらったのだから、関係が終わったあとのことも考えて、少しでも相手が納得して、気持ちが楽になって、納得する形をとってほしいと思う。

自分の気持ちなんか後回しにしてほしい。

今日、ここにそれを書いたのは、LINEなんかで済ませる人が多いからだ。

相手が会いたいと望むなら、しっかり顔を合わせて話をしてほしい。
相手の気持ちの責任を一生背負って生きる覚悟で恋をしろ。人を愛して、愛するってのはそれくらい重いもので、簡単なものではない。

付き合ってたときはかっこつけてた人が、別れ際にダッサイ姿なんか見せるんじゃない。
最後まで相手を見て、できるだのことをしろ。
相手が望むことはできるだけしてあげろ。

人の気持ちを大切にしろ。

そして、フラれてしまった人へ

確かに、世界中どこをさがしても、振られた人の代わりはいない。
その人は、そこにしかいない。

でも、別れ際にそんな接し方しかできなかった、あなたのことを考えないで、自分が楽をすることしか考えなかった人のことなんかさっさと忘れてほしい。

そんな人は付き合っていても自分のことしか考えないから、あなたを大切にしないから。

いつかあなたを大切にしてくれるひとと出会ってほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す