たまには恋愛のテクニックでも書いてみっか。これでモテれ!

女性の皆さん。人気者ウハウハ人生を満喫したいだろう。

歩いているだけで振り返られ。スマホの充電は3時間が限界。帰って鞄をあければ、ラブレターの山であり。ナンパという名の挨拶がひっきりなし。

断るのも面倒なので、看板を肩からかけて、「ナンパお断り。罰金懲役」という書き込みで過ごさなければならない日々。

 

そんな日々を味わいたくないかい?

 

味わってもらうしかない。

 

さて、今日は珍しく?テクニックのご紹介である。

 

このテクニックは女性しかできません。男性はやってもらいなさい。私はあなたの奴隷です。って感じでやってもらいなさい。お仕置き最高。

 

 

では、ずばりそのテクニックは

 

 

「お触り」

 

 

である。

 

これは男の夢である。

男はお触りが好きだ。なんでも触りたがる。スキンシップが下手なくせに見る「者」なんでも触りたがる。触らずにはいられないのである。

 

にも関わらず、一つだけ触るのに抵抗があり、その願望が爆発寸前のものがある。

 

それが「女性である」

 

男性は女性にふれたい。触れたいし、眺めたいし、なめたいのである。

にも関わらずまずは法律が男性の欲望にストップをかけ、皆の眼がさらにストップをかけた。

下手をすれば変態あつかい。それもそれで最高だが、やはり心苦しさの方が大きかったりするのだろう。

 

だからこそ、ここからが大事なのである。

 

触りたいけど、触れない魅力的な天使たち。その天使たちから何かしらの触れ合いをゆるされたら、男性はその感触、柔らかさ、愛しさと、切なさと、心強さと~?♪が駆け巡る。

 

その感触の魔力は麻薬以上の中毒を引き起こす。

 

一時間も二時間も体に残ること間違えなし。

いや、下手したら朝の7時から夜の11時まで残るであろう。

 

さてさて、ここからは女性に本格的なアドバイスである。

 

どこを触るかである。

これが本当に難しい。行き過ぎれば「なんだあの女!」と同業者(女性)からめったうちをくらう。女性の腹黒さは、悪魔のごとし!

 

だから触る部位をここに書いた。

タイミングも合わせて書きますので、イメトレしてください。

 

・肩

→すれ違いざまに一撃

・背中

→後ろからいきなり押せばいい

・手

→野球部の男の手は「マメ見せて」でいける

・ケツ

→叩けばいい

 

以上だ。とにかくやりまくれ。見境なくやっちまえ。これあなたも次の日にはムフフである。

がっつり触る必要はない。細かいのを回数多くである。これは大きなえものを得るときも同じであろう。

 

また、レジなどを扱う仕事をしている女性には追加でアドバイスだ。

 

「左手は添えるだけ」である。

 

お金を返すときは必ず、右手で手のひらお金を置き、左手は相手の裏返した手の甲にそえなさい。

これはスラム〇ダンクの桜〇も言っている。

 

 

 

左手はそえるだけ!!!!!

 

 

 

これだけできればあなたの未来は変わる。

 

 

 

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す