恋人ができない人の特徴。男女に共通する8つのこと。

FavoriteLoadingお気に入り

周りを見れば笑顔で寄り添って歩くカップル。今いい雰囲気の人がいるという友人。異性がいつも周りにいてデートも自由にできる人。そんな人達と自分はなにがちがうのかわからない。
努力が実の得るとは限らないけど、努力の仕方によっては変わるかもしれない。
男性も女性にも共通して恋人ができない人には特徴がある。 恋愛をうまく進める人からすると「だからできないんだよ」と心の中で思われてしまう特徴をまとめました。 友人に「なんで彼氏(彼女)ができないとおもう?」なんて質問しても、やさしい励ましの言葉ばかり返って来ますよ?あなたの味方ですから、傷つけまいと言葉を選んでます。
恋人ができない人、8つの特徴をまとめました。頑張って価値観をかえて恋人をつくってくださいね。

 

現実が進んでいないことに気が付いていない

これはTwitterで相談を受けるときによく思うのですが、現実には進んでいないことに気が付いていない人が本当に多い。

簡単な例を出すと、連絡先を交換する段階で声をかけることができないことにイライラしたり、自分以外の異性と楽しそうに話したりLINEしたりしているに嫉妬して、勝手に不安を募らせてTwitter上でみんなに話を聞いてもらったり、不安を爆発させて、愚痴ってスッキリして、を繰り返している人。

スッキリしていると気分が下がってから上がるまるで自分が進んでいるかのような錯覚をするのですが、現実にはまったくそんなことはなく、また同じことを繰り返す。

簡単に進んでいるか判断するなら、紙に現状を書いて、「次にすること」を書けば自分がいかにそれを達成していないかわかる。

 

 

自分磨きが自己流

恋愛での自分磨きってのは大きく分けて二種類あって、人間力を上げることと、異性の心に恋愛感情を持たせるテクニックの二つ。

これは恋愛の指南書であっても、ネットで販売している恋愛マニュアルであっても、簡単にネットで探せる情報でもどれか一つ試してみればいいのに、我流で「これをすればモテる」などと思っている人が多い。

現実に恋人がいない人に一言伝えるなら、その我流の自分磨きの現実が、「恋人がいないあなた」を作り出している。我流ではなく、モテる人や恋人がいる人から盗んで学んだ方がいい。

 

 

悪いところに気が付いていない

人間誰しも悪いところはあるが、あなたの悪いところは異性を遠ざけるレベルかもしれない。

気が付いているのに直さないのはもちろんまずいが、自分のすべてを疑うつもりで改善にあたらないと変わることはおろか、気が付くことさえできない。

無意識にしていることや、使った言葉などが相手の心に引っ掛かりを作っていると思ってほしい。
特に、「先輩」という呼ばれ方をしている人や、「上司」という立ち位置についている人、「お客」という位置づけに立っている人に気が付いてほしいのだが、話を聞いてもらえるのも冗談を笑ってくれているのも、ただの愛想笑いと思った方がいい。そう思わないのが悪いところである。基本的には学生時代のあなたの異性関係の位置づけと変わっていない。簡単に自分お位置づけがかわることもない。肩書を振りかざしているとろくなことにならない。
いき過ぎればパワハラ、セクハラである。

 

 

自分のいいところは世間ではどの程度のレベルか把握していない

自分のいいところは「優しいところ」と思っていても、世間から見るとその優しさもそれほどでないときがある。的外れなときもある。

そもそも優しさに限っていうなら身に着けて当然であり、問題は質である。

自分が自信をもてる要素も、人より優れていると思っているところも、客観的に見て世間ではどれほどの位置にいるか見直すべきである。
優しさや、思いやりも数値にして比べることができないから難しいが、一個優しいことをしただけで満足しているようならそれはやめたほうがいい。そこからさらに疑って、「もっとベストな優しさはなかったのか」と考えていくべきだ。

 

 

頑張っていると思いこんでいる

自分なりには精一杯頑張っているつもりかもしれないが、恋人がいないのは事実である。

「わたしは頑張ってます」とい言ったところで、恋人はできない。それは自己満足である。

まず大事なのは自分の努力が足りないことをしっかり理解すること。

例としてあげるなら、テスト前にどれほど「頑張って」勉強したかを見直すことである。毎日5時間一週間勉強して「頑張った」と思っていても、自分より点数がいい人は毎日10時間勉強し、それを二週間してはじめて「頑張った」になると思っていたら、頑張りで大きく差がついてしまう。

まずは自分の頑張りの価値観を変えること。

 

 

夢を見過ぎている

漫画やドラマの影響で妄想に拍車がかかって現実ではありえないような恋を想像して、それを演じ、演出できる人を探してしまっている。

現実は厳しい人間関係。ちょっとでも自分の気持ちを害されたり理想と違うと我慢強く関係を築いていこうとしない人に夢を見過ぎている傾向が多い。

現実は綺麗なことばかりでなく、理想的な人がいないことを受け止め、その反面で自分では想像もできなほど素敵な人をさがそう。

 

 

「出会いがない」などの言い訳が多い

出会いがないという言葉を使っているが「出会いがあればいつでも恋人ができます」というような考え方だ。

恋愛を自由にできる人は、勝手に向こうから寄ってくる。自分の見せ方を知っているから努力せず(もしくは努力したから)相手から声をかけたくなってしまうものだ。

自分が待っていても恋人ができないのなら、自分から積極的に動いて、言い訳をしないようにすることだ。

恋愛は作業面もある。一日一個でも自分を高めようと進んでみることも大事だし、出会いに向かって出会い系のアプリをつかってみるとか、友人に紹介を頼むのも大事なことである。

・~関連記事~・

出会いがないを解決する方法|出会う方法と心のふた
恋愛のはじまりは出会いである。みんなが憧れる少女漫画も、あらゆるドラマも、現実も全てのはじまりは出会いである。出会いがない……と、いう悩みはどんな時代であって...

 

 

自分が次になにをすれば恋愛を進められるかわかっていない

知り合う前から、付き合うまで、人間関係にはステップがある。恋愛をうまく進める人は人との心の距離を簡単につめていき、あっという間に関係を作ってしまう。

次に自分がなにをするべきなのかわからず、その場に立ち止まっている人がたくさんいる。

関係を築くのは簡単ではないし、相手の心や現在の立ち位置、そもそもの関係性を冷静に把握し、言葉から現れる心の距離も、肉体的距離感もしっかり把握して、次に自分がなにをするべきなのか判断してほしい。

 

いかがでしたでしょうか。

自分の価値観と考え方が変わるような内容にしてみました。自分が変わることが恋愛で幸せになるためには重要な能力ですよ。

 

幸せに向って走り出しましょう。

FavoriteLoadingお気に入り

・~関連記事~・

出会いがないを解決する方法|出会う方法と心のふた
恋愛のはじまりは出会いである。みんなが憧れる少女漫画も、あらゆるドラマも、現実も全てのはじまりは出会いである。出会いがない……と、いう悩みはどんな時代であって...

スポンサーリンク

コメントを残す