恋愛本の選び方、読み方、その効果を教えます|恋愛本の効果は絶大です

FavoriteLoadingお気に入り

恋愛もお勉強しないとね

俺は恋愛が大好きだ。1日1回は恋愛のことを考えてて、恋バナなんて最高に心弾む話題である。女性にも男性にもガンガン聞いちゃうし、価値観の違いを味わってしまう。
そんな俺は一もちろん恋愛本や恋愛映画、恋愛コラムを読んで楽しめる。
そして書店に行っては、いろいろな恋愛本コーナーを物色している。
そんな中、ふと思ったのだが、これほどに恋愛に悩んでいる人がいて、人生の重要なPOINTに位置づけされている恋愛。にも関わらず、全然恋愛本が並ぶコーナーに人がいないことに気が付いた。
そこで俺は考えた。
ちまたにはたくさんの恋愛本が溢れてる。
どれを読んだらいいかわからないのはもちろん、読んでも効果あるのかな?効果があるとしてもどれを選べばいいのかな?という人が多く、買うのが恥ずかしのではないだろうか。
だからこそ、ここで恋愛本のすばらしさを語りたい。

恋愛は勉強するべきもの

おれは恋愛は勉強するべきものだと思ってる。
言い方を変えるなら、人の気持ちをまなんで、なにをすれば人の心に心地よさや、安心感を与えることができるか知るべきだ。
学んでいくなかでは気を付けないとならないこともあるし、悪用してはいけない手法もある。
その正しい使い方を学び、一定のよさをしっかり学ぶべきだと思ってる。

恋愛本は教科書や参考書的位置づけだ。問題集に位置付けるのはやはり実践だと思っている。

容姿で得する人。
キャラで得する人。
ごますって得する人。
そして、なんにも得しない人。
恋愛だけじゃなくて、人間ってのも学ばないとならない。重要な一個の学問だと思ってる。

読む必要があるかないか

まずは答えをいうとずばりある!!と胸を張って言いたい。

と、いっても、それは恋愛というフィールドで、今以上に幸せになりたいと思っている人に限る。
いま幸せを感じてるなら別段読む必要はない。余計な手法を試して嫌われたら話にならないからだ。おれは恋愛ってどこかでかならず壁にぶち当たると思ってるから、その都度自分の悩みを解決するものを読んでいく必要があるんじゃないかと思う。

そこで、読むに当たって大切なことを伝えたいけど、実は一冊読んでもあまり成長できない。
営業でセミナーを開いてる人に聞いたんだけど「営業で成果を出したいならまずは100冊の営業本を読んでください」とのこと。

これと同じように、それくらい取り組んでいかないと成果がでないということもある。
ただ、1冊読むにしても、読む前の心構えがなってないと効果的でないし、吸収も悪いから、まずはその心構えから変えていこう。

読む前の心構え

100を得ようとして本を読んでる多くいる気がするけど、それはよくない。
お金を出しているのだから、100を得たいというのはわかるわからないけど、100なんか得れる本はない。まず、自分が持ってる悩みに対して、100%解決できる本なんかないからだ。
こればっかりは読んでみないとわからないし、もしかしたらまったくためにならないかもしれない。でも、はっきりいっちゃえば、読まないでグズグズしてるよりよっぽどいい。
そして読む上で気を付けないといけないのは常に前向きに解釈することだ。
「こんなことできるわけないじゃん」とか思って読んでてもなんにもためにならない。

そして読む上で最初に気を付けるのは最高の作品から読むことだ。
中途半端な評価の作品を読むとあとが続かないから、とにかく最高評価を得ている本を選ぶべきだ。

選び方

綺麗な言葉とか前向きな言葉がたくさん書かれている本もあるけど、おれはあの辺は自分にあってないと感じるから読むことはない。俗にいうポエム集なるもののこと。おれはもともとポジティブだし、自分には合わないと感じてるから。
何冊か読んだけど、それは相手を励ますときとか、締めの言葉として使うときだけだ。
基本的にはAmazonとかのレビューは当てにしない。読むなら恋愛本を推薦しているサイトから得るべきだ。
その理由は「一個人の悩みと、あなたの悩みは違うから」だ。
「恋愛本 おすすめ」で検索すれば十分だ。

レビューなどあてにならない

これは選び方の分野でも言えることだけど、「そもそも選択する本が間違ってるぜ?」ってレビューが多すぎる。
あらゆる場面に対応したテクニックが書かれてる書籍を読んで「こっちはそのテクニックを使う勇気がないんだから、そういう人にあった方法を書いてほしい」って感じのレビューを見たことあるけど、読む本が大間違いだ。
だったら「自信をつける本」なるものを読んだ方がよっぽどいいと思わないか?
または「これの本の著者はモテるし、仕事もできる人で、嫉妬しました」というのもみたことがある。
申し訳ないけど、笑っちゃうね。
本を読むだけで嫉妬って。
おれから言わせれば、努力すりゃどっちも叶うものだ。
だからレビューなんてあてにする必要ない。
まずは読んでみることだ。

その効果

効果はあるよ。
やり方を知るってだけで、迷うこともあせることもないからまずスタートが大違い。
見つめ直すところがたくさん出てくるだろうし、視点がかわるかね。
テクニックって面でも違うね。
男性向けに書かれてる恋愛本って、女性にアピールするための常套手段がたくさんあるから振り向いてもらうことはできる。
女性は男性がなにを求めてるのかよくわかるよ。
例えばさ「デートのときにはどこに気をつけてる?」って質問して、答えがでないとでるとでは大違いじゃん?
そういったのをちょっとでも知ってほしいんだよね。
読んだからって全部の手段を一気に使う必要なんて全然ないから、とにかくちょっとやってみようかな、くらいの

男性向け女性向け両方読むこと

おれはよく推奨してるけど、恋愛本を読むなら男性向けも女性向けも両方読むべきだ。
「男性」とはどういう生き物かを知らないで、女性と同じ空間を共にすることはできない。それは「女性」もしかり。
それぞれの生き物の特徴を知って、違いをうめるようにすることは重要なことだ。自分をコントロールしないと息苦しさがうまれるからだ。
また女性の苦労も女性向けの恋愛本を読んだ方がわかる。
「男性と女性の会話の仕方って全然違うの知ってる?」って聞いて答えがでないなら、それは基礎中の基礎を知らない人だよ。
どこに気を付けているのか。そこをどのように見て、誉めてあげればいいかは女性向けの恋愛本を読んだ方がヒントを得やすいのだ。

女性向けの恋愛本

女性にお勧めしたい恋愛書籍7選|Twitterやblogも掲載

女性にお勧めしたい恋愛本7選|Twitterやblogも掲載
これまで読んだ私が「これはお勧め!」とうい恋愛本をまとめさせていただきました。 今回は女性に目を通してもらいたい作品です。Twitterやblogなども一緒に載せさ...

男性向けの恋愛本

男性にお勧めしたい恋愛本7選|Twitterやblogも掲載

男性にお勧めしたい恋愛本7選|Twitterやblogも掲載
これまで読んだ私が「これはお勧め!」とうい恋愛本をまとめさせていただきました。 今回は男性に目を通してもらいたい作品です。Twitterやblogなども一緒に載せさ...

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

コメントを残す