SEXの腕を上げるお勧めのSEX書籍|SEXを勉強して今より一つ上の男へ

FavoriteLoadingお気に入り

知らない世界を教えてくれるSEXの指南書

ただ突っ込んで腰を振っているだけでは芸がない。
SEXもしっかり学んで今より、厚みのある男になってもらいたい。だからこそ、今回はSEXの先生たちを紹介しよう。
いまよりしっかりした知識を身に着けたら、女性の反応が変わること間違えなえない。
現代、SEX離れしている男女が多い。それはSEXがめんどくさいとか、楽しくないとか、気持ち悪いという悲しい思考を持っているからだ。
それはSEXのよさをしっかり考え。体感、体現したことがないからだと思っている。
今回は、男女の体を知り、しっかりとしたテクニックを知って、今より一つ上の世界を味わってもらいたい。

「たった3分」からの大逆転――男の「早い」は才能だった!

男性諸君、射精をコントロールしてみませんか?女性が絶頂に達する一歩手前で自分が果ててしまうという経験をした男性ならもっと射精をコントロールしたいと思うはず。このアダム徳永さんの書籍は射精をコントロールするすべを教えてくれる書籍になってます。
早漏で悩んでいる男性にはマジでお勧め。そしてしっかり読んで欲しいのは、「イク」ってそもそもなんなのか?ということに新しい視点を与えてくれます。お勧めです。

AV男優しみけんが教える うんこ座りでオトコの悩みの大半は解決する!

奥さんが抱かせてくれない…って悩みは衰えてしまったあなたの肉体が原因かもしれない。
しみけんさんの本は下半身を鍛えるだけで、男性としての能力が向上し、いまより勃起の能力と性欲が向上し、男性としてみなぎること間違えなしの内容。読んでて笑える内容もあるので、楽しく学べると思えます。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

SEXの指南書としては一番有名な作品になるかもしれない。
宋先生の指南書は、気持ちいいのいいSEXというより、男女の体を教えてくれる作品です。
「入門」って意味ではこれを読むのが一番いいと思う。やってはいけないものもしっかり書かれてるし、男女の認知の違いを教えてくれます。先生は他に作品を書かれてるので、一式読んでみるのもいいかもしれなせん。

もちろん女医が教える 彼女にも読ませたい HOW TO オーガズム

SEXの流れを上から下まで教えてくれて、二人で学んでいきたいと思わせてくれる書籍。
気持ちよくなるSEXとはなにか?という疑問にお答えしてくれる。今より相手に快感を味わってもらいたいならしっかりとした知識と流れを学んで、そして終わったあとの接し方もしっかり教えてくれます。

最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス

技術と知識を身に着けたいならこの書籍。
実践的な内容が満載で、今より知らない方法を教えてくれること間違えなし。男性はこれを読んだらAVみたいなSEXができなくなると思うよ。これからは女性に、相手にコミットする方法をしっかり学んでいきましょう。

SHIMIKEN’s BEST SEX 最高のセックス集中講義

またまたしみけんさんの書籍でこちらはLesson形式で、SEXを上からしたまで教えてくれます。
これを読んだら一式上を経験させてことも、経験することもできると思いますよ。今話題のしみけんさんのAV男優としての経験値をしっかり載せてくれているので、間違えなし作品です。

スローセックス―彼を虜にする愛の教科書

最後にSEXをする前段階で女性に心地よさと、興奮を掻き立てる書籍を紹介。
アダム徳永さんの「スローセックス―彼を虜にする愛の教科書」は無駄な体力を使わず、女性を快感に連れていけます。
新しい視点を持ったアダムさんの代表的な考えと技術を学ぶのはこの書籍がおすすめ。

SEXを学ぶことは悪いことではない

SEXってのは重要な愛の確認だ。適当に考えて、欲望のままに動いていたら相手の気持ちが離れていくにきまってる。
俺はしっかり学んでもらいたいと思ってるし、それは男性だけでなく、女性もしかりだ。自分の体は、自己責任で開発してもらいたいし、相手への理解と相手の理解を両面意識して頑張ってもらいたい。そして男性に最後お伝えしたいのは、コンドーム一つでもしっかりこだわってほしいと思う。ゴムの素材が合わないとか、使われているジェルが合わないとかあるから、コンビニなんかで安く売ってるコンドームとかは使わないでももらいたい。

お勧めのコンドーム

薄いからいいのではなく、生体適合性の高いポリウレタン素材を使っているので、体質的に合う人が多いと思う。
丈夫なので切れる心配もないからお勧め。

関連ページ

男性必須読セックスがうまくなる方法│セックスがうまくなるために必要な知識と心構え

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

コメントを残す