恋愛での正しい自分磨きをちゃんとわかってる?|恋愛というフィールドの自分磨き

FavoriteLoadingお気に入り

好きなことだけやったら振り向いてくないよ

自分磨きという言葉が出回っている。この言葉を恋愛というフィールドではこう変えて使ってほしい

自分残し

おれは自分磨きをしたところで相手に届かないと思ってる。余は、片思いは叶わないのだ。
自分を磨いたら気がついてもらえるのか?はっきりいってそれはない。片思いを叶えるには、自分はどうしたら相手の心に残るの存在になれるか?を考えないと片思いは叶わないからだ。
さらに、自分のしたいことをしているのは自分磨きではなく、自己満足だ。

今回はどこを磨いたら相手の心に残り、片思いを叶えることができるか話をするよ。

人がどうしたら恋に落ちるか教えるよ

人が恋に落ちる瞬間(いうならば片思いをしているあなたがどうやって恋に落ちたか)になにがおこったかと言えば相手を認識して「欲情した」のだ。生物ってのは子孫を残すようにインプットされてい。子孫を残すためにこの「欲情」がなければ誰かを求めることはない。相手を求めないところに「愛情」なんて湧くことはない。
男として、女として魅力がない人は相手にされないってのは間違ってない。だからかわいい、イケメンってのは一定の「欲情」を無条件で感じるから魅力を感じるんだけど、そうでない人はとにかく気が付いてもらわないと始まらない。なんでかって、相手の意識の外にいるから自分から認識してもらわないといつまでも振り向いてもらえないのだ。総じていうと「相手にされてない」ってこと。
だからまずは、相手の意識のうちに入ることを前提にしてほしい。だから自分磨きではなく「自分残し」をしてほしいのだ。これが片思いをかなえる恋愛での自分磨きのスタートになる。

どうしたら気がついてもらえるか

コミュ障ならぬコミュニケーションが苦手な人が多いいが、それは練習して直してほしい。話しかけない人は相手の意識に入らない。自分磨きをする上ではコミュニケーション能力は必須だ。そしていつまでも片思いが叶わない人ってのは、コミュニケーション能力がない。言葉ってのは相手に残すことができるから、恋愛での自分磨きとしては必須なのだ。ここを苦手として、自分磨きから除外している人が多いけど、俺からしたら甘ったれている。片思いをか叶えることはそんな簡単ではないし、容姿に自信がないなら一緒にいて楽しい人を目指さないと一緒にいたいと思わないだろう。自分磨きでコミュニケーション能力は必須だ。自分を言葉で残して欲しい。

どこにでもいる人に価値は感じない

ルックスがいい人ってのはそれだけで価値を感じる。これは仕方がない。容姿がいい人はどこでも人気になる。
「だから化粧の練習を…」って思って自分磨きの一環で練習をするはいいんだけど、それだけで片思いは叶わない。だって叶ってないでしょ?だからやることは「この空間で自分にしかない魅力や技術を身に着けること」である。
仕事がダントツできる女性になれば、多くの人に話しかけてもらえるから認識されるし、特技が周りに認められたらそれだけで人気になれる。人に「幸福感」を与えることができる人は恋愛というフィールドにおいて絶対的な強者だ。だれでもやっている自分磨きに力を入れても絶対に相手には残らない。

小さなモノでも手数で残す

武器は多い方がいい。自分磨きに選ぶものはとにかく回数多く使えて、相手に何度もアタックすることができるものでないと相手に残らない。「忘れられた存在」では片思いは叶わないのだ。勉強と一緒だ。何度も反復してやるから脳に残るのだ。
例を出すけど、面白い人ってのは一定の人気はあるけどそれはどうしてかって、幸せを感じた瞬間は脳に残るからだ。だから自分の取り巻く環境の中でこれなら相手に手数多く残すことができるってものを探して相手に何度もアタックしてほしい。簡単な例を一個だすよ。相手の容姿をほめるのは有効な手段の一つだ。定期的にほめると嬉しいものだ。これだけで相手の脳に「俺のことをかっこいいと言ってくれる人」と残る。

参考例だすよ

これを聞くと諦める人が多いいけど、とにかく勉強や仕事ができる人にはならないとだめだ。理由は勉強ができる人も仕事ができる人も皆が認識する存在だからだ。頭がいいってのは一つの魅力だからだ。それに乗じて、知識が多い人になるべきだ。物を知ってると話ができる。
次にとにかく目立つことだ。目立つ奴は皆が認識しているから、裏で話題になりやすい。ここでの目標は裏で話題になる人になることだ。
そして、勉強も仕事も目立つ人にも共通することで、前提としてほしいのは「新し話題や結果を常に残している」存在になること。片思いの相手の認識が常に更新されている状態だ。
だから常に新しい話題を提供できることを前提として自分磨きをしてほしいし、自分を更新して身に着ける努力をしてほしい。
上の例をすぐにできないと感じるなら、なにかの企画の進行や幹事をかって出て欲しい。これは皆に「あの人が幹事」と認識してもらえるし、無条件で話しかけてもらえて、話しかけるポジションに着ける。

自信が身につくほど自分磨きしろ

自分磨きってのを繰り返していると必ず「自信」が身につく。これが一番大事なことなんだけど、自信がない人は魅力的に映らない。そして自信を身に着けるためには対人で一定の評価を身に着ける必要がある。だからコミュ障を直してほしいってのは繰り返しになる。で、「片思いを密かにしていて、好きな人に認知もされてない存在」って自分のことを思うなら、どんどん自分磨きをして自信を身に着けて、片思いの相手に声をかけれるようになってほしい。そして前に出れる存在になってほしい。その繰り返しが自信をどんどんあふれさせる。

異性ってのは絶対にアピールしろ

いくら認知されるようになっても、異性って思ってもらえないなら片思いも叶わない。だから好きな人と話ができるようになったらとにかく「女」って単語を入れて、相手に「自分は女性なんだよ」ってわかってもらえるようにすることだ。それには男性なら「男らしさ」を身に着ける必要があるし、女性だったら「女らしさ」を身に着ける必要がある。異性として認識されなかったら片思いが強制的に終わる「ただの友達」になりかねないのだ。

注意点

自分磨きはなにも自分にないものを重ねていくだけが自分磨きではない。自分の中でダメなところを埋めるのも自分磨きだ。
コミュニケーション能力が低いならそれも直す必要があるけど、ネガティブなことを言ったり、人に印象が悪いこともやめなければならない。男性の目線でいうなら品がない女は人気がない。汚らしさを感じるのと同様に、美しさを感じない。だから品は身に着けてほしい。

総じて自分磨きについて

自分磨きを否定的に書いたけど、俺は自分磨きをすることは悪いことなんて思ってない。移り変わりが激しいこ時代に、自分の価値を見出すために、そして人生を充実させるために自分に新しいものを重ねていく姿は俺は好きだ。だけど、片思いをかなえるための自分磨きは「どうしたら相手の心に残る存在になれるか」というところに落としていかないとならないし、それには恋愛の真実である「人はどうして相手に恋をするのか」ってのをひるべきだと思う。
そして人が人に恋をする心理と生物的反応を知ってからこそ、自分磨きならぬ自分残しをしていかないと恋をかなえることはできない。
視点を自分磨きから、自分残しに変えたら恋愛で片思いをかなえるための手段なんか本当に少ない。「自分には向いてない」って思うものもたくさんあると思うけど、片思いをかなえるなんて、そんな簡単なものではない。好きな人と両思いになるのが簡単でないから皆が苦しむのだ。だからこそ一つ抜け出してほしい。

 

愛は技術です   瀬戸内寂聴

 

Flower 『白雪姫』

Flower 『白雪姫』 3/4発売 2ndアルバム『花時計』

iTunes⇒ https://itunes.apple.com/jp/album/this-is-flower-this-is-best/id1144065951 Amazon⇒ https://www.amazon.co.jp/FLOWER/e/B005EXZTBI/ref=sr_tc_img_2_0?qid=1473739984&sr=8-2-acs Flower Official …

 

どうせなら「好きじゃない」と言って下さなんて、切なすぎるぜ。

コミュニケーションが苦手なへ

会話が苦手、うまく返せない人のためにコツをまとめたよ

会話が苦手、うまく返せない人のためにコツをまとめたよ。
なんて返したらいいかわからないあたなたは話をすることが楽しいですか?会話をすることで、その人により良きアピールをすることができますか?恋愛だけでなく、会話が...

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

コメントを残す