付き合ってからも態度を変えない熱のある男の見分け方

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入り

付き合ってからの幸せ探し

このページを見ている人の中にはこんな経験をしている人がいるのではないだろうか。

≪付き合ってから連絡がめっきり減り、会うことがほとんどなくなった。勇気を振り絞って会いたいと言っても、忙しいやら予定があるの一点張り。なぜ、付き合う前の方が幸せだったのか…≫

付き合った女の子からしたら、付き合ってから態度を変えますって看板をぶら下げておいてほしいものだ。
今回は率直に、見分け方を書く。絶対に幸せになれる男性を見つけようぜ。

3つの愛情表現パターン

まずは相手を選ぶ段階の話からだ。
いきなり今回の核を紹介するけど人間の愛情表現は大きく3パターンにわかれる。

  1. 人が構ってくれないと不安定になる:不安定型
  2. 人と安定的に心を繋げるタイプ:安定型
  3. 人と信頼関係を結ぶのが逆に不快になる:回避型

①から順番に説明するよ。
不安定型のタイプは相手と繋がっている事実や、結果が必要。繋がっている実感がわかないと心が震えだして、相手への愛情確認を求めます。恋人の存在が優先事項となり、相手のことをできるだけ把握したくなる。把握している中で相手の表情や感情を敏感に察知するので、変化には敏感に対応できる。しかし、ネガティブな面が多いと相手からの感情を読み取る過程で「自分の責任ではないか」と思い始めて悩んでしまう傾向もある。
上手く付き合っていくためには常に「相手との関係に安心がある」と表現し続けることが大切です。

②の安定型タイプは多くの人間に対して一定の人間関係を結び、人と接して信頼関係を結ぶのに長けています。そして信頼関係を結ぶことに重点を置いています。
恋愛では愛情表現をするこにも抵抗がなく、常に穏やかであろうとし、自分が悪いと感じると謝罪し、改善をしようとします。このタイプが一番恋愛でも人間関係でも安定していると言えるでしょう。

③の回避型は自分時間を大切にしようとするタイプです。
したいことをするというタイプで、自分のことを優先します。仮にしたいことや集中したいことを恋愛や恋人との思い出作りとするなら問題ないですが、実は人間関係をしっかり築いていくということを苦手としています。
もっと一緒の時間を過ごしたいと表現しても、できるだけ回避します。

ここで各タイプを見極める方法を紹介。

見極めるためには相手の以下の質問と観察をしてみてください。

  • どんなお付き合いをしたいか聞いてみる
  • 人間関係で大切にしていることはなにか
  • 自分の話に真剣に答えてくれるか
  • 相手が言わないこと、しないことを観察する

外側だけ作っている人間は言葉だけで多くの行動を表現し、安心感と信頼を得ようとする。そんな男に騙されないでほしい。特に女の子に注意したいのは耳で恋したらダメということ。あくまで行動を観察する必要があり、それがその人の本質で本性。言葉だけではカバーすることができない面だ。

集中力

いいか悪いか、集中力のある人と集中力のない人にもちょっとした付き合いの特性が見える。集中力のなに人は一個のものだけに集中しようとしても、すぐに別のことに気が散る。だから仕事のタスク量はできるだけ多くするし、興味あることも多いし、趣味は多い。本は同時に複数読むこともある。逆に集中力のある人は夢中になるものがうつると一気に他に気がまわらなくなる。ご飯を食べながら話ができないとか、ゲームにはまるとゲームばかりになり、仕事に切羽詰まると周りがどんどん見えなくなり、一個が終わらないと次にいけない。もちろん互いのタイプには長所と短所がある。

集中力がなく、複数のことを同時にできる人はLINEも好きならしっかり返すし、話ながらなにか別のことに気がまわるし、多くのタスクが来ても順序良くこなすことができる。
しかし、集中できないからなにかを極めることに向いていないし、長続きもしない。
これを恋愛にあてはめたら、いろいろ企画したり、LINEも電話もできるし、なにかすることがあっても相手の女性のことは忘れない。
しかし、他の人に気が移りやすいことも否定できない。
集中力が高い人は、一個の仕事を任されるとしっかりこなす。他に気が散ることもないから勉強ができるとか、なにかを完成させるスピードも速いとか、長続きもする。
しかし、食べながら話などはできないし、一気にタスクが増えても目の前のものが完成するまでは次にいけないから優先順位が高いタスクが来ても気がまわらない。
反対に集中力が高い人は夢中になっている間は完璧だ。愛情表現はもちろん、彼女のすべてに答えてくれるだろう。
しかし、冷めたら一環の終わりである。

これはバランスの問題だ。相手の男性の性格、食事中の様子、こちらからの質問での判断などいくらでも性質がわかる。

心に余裕があるか

付き合うことを考えると、多くの面で心に余裕がある人を見極めることも重要だ。なにかに追い込まれると他のことに頭が回らなくなるどころか、態度が急変し、男性としての頼りなさが浮き出てくる人も少なくない。
常にイライラしている人、変化に対応できない人、何事も楽しめない人は心に余裕がないことが多い。特にタスク量が多くなったときに余裕がなくなる人、他人の評価を気にしすぎる人には気をつけるべきだ。多くの人と接する社会でタスク量が歯止めな増えることもあるし、タスクをこなした結果、周りから思った評価を得ることができない人もいる。それでいちいち震わせているようではだめだ。
そんな人かどうかもしっかり確認してほしい。
確認方法は以下だ。

  • 後悔ばかりしていないか
  • 自分の中のリズムを持っているか
  • 人とのコミュニケーションをしっかりとっているか
  • ポジティブかどうか

これらのことを観察し、会話の中で確認してみるのが有効だ。

振られているかいないか

付き合う上での確認方法はこれまでどんな恋愛をしてきたかだ。

いま狙っている人がこれまで幾人かとお付き合いして、仮に振られた経験をしているというならその理由は必ず確認したほうがいい。
そこにその人の悪いところがある。仮に重いという理由で振られているなら連絡頻度もそれなりで、付き合ってからも関係が希薄になることはない。しかし、自然消滅が目立っているなら、関係を深める努力を怠っている可能性があるから、付き合ってからの態度はあなたが求めているほど華やかなものではないと思う。一つの恋を長く続けている人間なら安定した関係を築いている可能性があり、付き合ってからも態度や対応が変わる可能性は低い。

男性と女性という生き物

男女ともに理解してもらいたいのは男性は付き合うまでが本能的で、付き合ったからは理性的。女性は付き合うまでが理性的、付き合ったからは本能的という違いがあるということだ。
これを聞いただけで知らず知らずに温度差が生まれている可能性があるということを頭の片隅に置いてほしい。
ここで女性に注意してもらいたいのは、温度差が生まれるからと言って、男性側の温度にばかり合わせなくていいということだ。合わせてばかりでは正直しんどい。なんのために付き合っているかわからなくなるじゃん?
だから温度差を感じるときは必ず伝えることだ。自分のことは自分がよくわかっているというが、わかってない面も多々ある。そして付き合うということは自分がどう感じているかだけでなく、相手がどう感じているかという視点にフォーカスする必要がある。自分では相手を満足させているつもりでも、相手は一切満足していない可能性があるのだ。常に相手への意識を忘れないことだ。

関連ページ

知り合ってから友達になり好きになってから付き合うまでの流れ

知り合ってから友達になり好きになってから付き合うまでの流れ
各段階でのアプローチと考え付き合うまでにどれだけの過程があるかと考えたら、途方もなく感じるかもしれない。なにをしたらいいかもわからないだろうし、そもそも人間...

アプローチは早く|いつまでも片思いが叶わないのはアプローチの時間が原因

男心が分からない?|生き物としての男心

男心が分からない?|生き物としての男心
女の子からしたら男心は本当に理解できないと思う。共存をキーワードに生きている女の子からしら、プライドの高い男なんてりできなと思う。そんな男から『察せよ!』『...

参考文献

相手の心やタイプを理解し、自分がどんなタイプに当てはまるかわかる本だ。自分が重い人だと思うならさらに有効。気をつけることもできるし、直すこともできるからかなりお勧め。

FavoriteLoadingお気に入り

スポンサーリンク

コメントを残す